205件中 11 - 20件表示
  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たタモリ

    『ミュージックステーション』初の出演アーティストが1組のみという放送。タモリもトランペット奏者として演奏に参加した。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た観月ありさ

    あなたが笑えば - 観月ありさ(作詞:吉田美和、作曲:中村正人)(2011年5月25日)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た陣内孝則

    陣内孝則 - 1993年『The swinging Star』横浜アリーナ公演DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た小泉今日子

    1988年1月に結成。元々は1985年から1988年にとんねるずのコンサートツアーでサポート・メンバーをしていた中村が、1988年のコンサートツアー前に吉田をバック・コーラスに招聘したことがきっかけであった(デビュー前に小泉今日子のサポート・メンバーを2人が行っていたと言われることがあったが、吉田のみが出演しており、中村ではなく実は中村の弟が参加していた)。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たユッスー・ンドゥール

    よろこびのうた(SONG OF JOY) - ユッスー・ンドゥール(1997年11月15日)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た一青窈

    2009年3月に開催したドリカムのトリビュート・ライヴ『みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE』には島袋寛子・BoA・平原綾香・一青窈・Crystal Kay・hiroko(mihimaru GT)・絢香が参加し、それぞれドリカムへの想いを話した。2014年にはデビュー25周年を記念したトリビュート・アルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』が発売され、HY・中島美嘉・大塚愛・いきものがかり・JUJUなどがドリカムの曲をカバーした。翌2015年には第2弾『私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』を立て続けにリリースをし、Little Glee Monster、三浦大知、徳永英明、MONGOL800らが参加している。2017年には上記のアーティストらを新たに知名度を獲得する為に制作されたリスペクト・カバーアルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』が発売された。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た倖田來未

    芸能界でもMISIA、中島美嘉などドリカムのファンは多い。この他にも、倖田來未「ドリカムの影響で歌手を志した」、絢香「小学生の時に初めて耳にして以来、ずっと大好きで尊敬するバンド。高校生の時にバンドを組んで『決戦は金曜日』を歌いまくっており、デビュー日の前日、ドリカムのライブに行って号泣したのが忘れられない」、E-girls「物心ついた頃からずっとドリカムを聴いていた」、水樹奈々は「子供の頃から演歌とアニメソングしか聴いてこなかった自分にとって、ドリカム楽曲との出会いは衝撃だった」と語っているように、ドリカムの影響を受けている女性ボーカリストは少なくない。その影響力はアーティストだけでなく、スポーツ界においてもドリカムファンは多く、女子レスリング個人で世界大会16連覇の記録を持ち霊長類最強女子の異名を持つ吉田沙保里をはじめ、女子サッカー元日本代表で歴代トップ出場数とゴール数記録を持つ澤 穂希、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本多雄一は自身の登場曲に「何度でも」を使用、同じく福岡ソフトバンクホークスの内川聖一もまたドリカムの「AGAIN」を登場曲に使用するなどその影響力は各界に及んでいる。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たDo As Infinity

    デビュー当時の女性1人・男性2人の編成を「ドリカム編成」と形容されることがあり、以後Every Little Thing・My Little Lover・globe・the brilliant green・Hysteric Blue・ポケットビスケッツ・ブラックビスケッツ・m-flo・m.o.v.e・Do As Infinity・day after tomorrow・いきものがかり・girl next door・凛として時雨などこの編成でのグループが多く結成された。このうち現在も3人で活動しているのは凛として時雨、m-floのみである(2017年にLISAが復帰)。Every Little Thing、the brilliant green、Do As infinityは2人組で活動。globeはKEIKOが病気療養中の為小室とマークの二人で活動。ブラックビスケッツ、ポケットビスケッツ、いきものがかりは活動休止。day after tomorrow、girl next door、Hysteric Blue、m.o.v.eは解散。My Little Loverはボーカル・akkoのソロ・プロジェクトとなっている。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たE-girls

    芸能界でもMISIA、中島美嘉などドリカムのファンは多い。この他にも、倖田來未「ドリカムの影響で歌手を志した」、絢香「小学生の時に初めて耳にして以来、ずっと大好きで尊敬するバンド。高校生の時にバンドを組んで『決戦は金曜日』を歌いまくっており、デビュー日の前日、ドリカムのライブに行って号泣したのが忘れられない」、E-girls「物心ついた頃からずっとドリカムを聴いていた」、水樹奈々は「子供の頃から演歌とアニメソングしか聴いてこなかった自分にとって、ドリカム楽曲との出会いは衝撃だった」と語っているように、ドリカムの影響を受けている女性ボーカリストは少なくない。その影響力はアーティストだけでなく、スポーツ界においてもドリカムファンは多く、女子レスリング個人で世界大会16連覇の記録を持ち霊長類最強女子の異名を持つ吉田沙保里をはじめ、女子サッカー元日本代表で歴代トップ出場数とゴール数記録を持つ澤 穂希、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本多雄一は自身の登場曲に「何度でも」を使用、同じく福岡ソフトバンクホークスの内川聖一もまたドリカムの「AGAIN」を登場曲に使用するなどその影響力は各界に及んでいる。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たFull Of Harmony

    愛がROCKするテー・PROUD OF YOU - Full Of Harmony(2006年2月22日)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

205件中 11 - 20件表示

「DREAMS COME TRUE」のニューストピックワード