205件中 51 - 60件表示
  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た明治乳業

    明治乳業「北海道十勝チーズ」(2008年)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たロッテ

    ロッテ「ガーナチョコレート」(2004年 - 2005年)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た日本赤十字社

    2011年6月29日、東日本大震災復興支援ベスト・アルバム『THE SOUL FOR THE PEOPLE 〜東日本大震災支援ベストアルバム〜』リリース。アーティスト収益は、すべて日本赤十字社に全額寄付された。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たミリオンセラー

    1990年代にその人気はアルバムセールスにおいて圧倒的な存在感を見せた。1989年の2ndアルバム『LOVE GOES ON…』、3rdアルバム『WONDER 3』は売上枚数100万枚以上、4thアルバム『MILLION KISSES』から8thアルバム『LOVE UNLIMITED∞』までは売上枚数200万枚以上を記録し、中でも1992年の5thアルバム『The Swinging Star』はオリコン史上初の累計売上枚数300万枚を突破した作品になった。その後1999年の10thアルバム『the Monster』でもミリオンセラーを達成している。2015年にリリースしたオールタイム・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』では、累計出荷100万枚を記録。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た島袋寛子

    2009年3月に開催したドリカムのトリビュート・ライヴ『みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE』には島袋寛子・BoA・平原綾香・一青窈・Crystal Kay・hiroko(mihimaru GT)・絢香が参加し、それぞれドリカムへの想いを話した。2014年にはデビュー25周年を記念したトリビュート・アルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』が発売され、HY・中島美嘉・大塚愛・いきものがかり・JUJUなどがドリカムの曲をカバーした。翌2015年には第2弾『私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』を立て続けにリリースをし、Little Glee Monster、三浦大知、徳永英明、MONGOL800らが参加している。2017年には上記のアーティストらを新たに知名度を獲得する為に制作されたリスペクト・カバーアルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』が発売された。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たKinKi Kids

    ね、がんばるよ - KinKi Kids(作詞:吉田美和、作曲:吉田美和/中村正人)(2004年1月15日)DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たユニバーサルミュージック (日本)

    DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、吉田美和と中村正人の2人からなる日本のバンドである。所属事務所はDCTentertainment、レコード会社はユニバーサルミュージック/DCTrecords。公式ファンクラブは「POWER PLANT」。一般的な略称はドリカム。さらに縮めてドリやDCTとも呼ばれる。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たアース・ウィンド・アンド・ファイアー

    ヴォーカルとベースの2人編成。全ての作詞を吉田が、編曲を中村が行い(2010年頃から吉田も参加するようになる)、作曲は吉田、中村どちらも手がける(元メンバーの西川も3曲手がけている)。アレンジは、グループ結成の切っ掛けになったスイング・アウト・シスターの楽曲を基調とし、中村が影響を受けたというアース・ウィンド・アンド・ファイアーなど1970年代のブラックミュージック風のものがあり、既存曲のオマージュのようなアレンジも存在する(「決戦は金曜日」など)。さらに、クラブミュージックやテクノポップなど幅広いジャンルの楽曲を制作している。デジタル音楽制作環境の黎明期から、シンセサイザーやプログラミングを主体とした編曲を行っているが、生の楽器演奏も使用する。シンセサイザーの多用により、作品が無機質な雰囲気にならないように配慮されている。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たLOVE (歌手)

    ヴォーカル:馬渡松子、浦嶋りんこ、NAOMI YOSHIMURA、LOVE、中澤信栄(GATZ)、高橋あず美、YURIDREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見たm.o.v.e

    デビュー当時の女性1人・男性2人の編成を「ドリカム編成」と形容されることがあり、以後Every Little Thing・My Little Lover・globe・the brilliant green・Hysteric Blue・ポケットビスケッツ・ブラックビスケッツ・m-flo・m\.o\.v\.e・Do As Infinity・day after tomorrow・いきものがかり・girl next door・凛として時雨などこの編成でのグループが多く結成された。このうち現在も3人で活動しているのは凛として時雨、m-floのみである(2017年にLISAが復帰)。Every Little Thing、the brilliant green、Do As infinityは2人組で活動。globeはKEIKOが病気療養中の為小室とマークの二人で活動。ブラックビスケッツ、ポケットビスケッツ、いきものがかりは活動休止。day after tomorrow、girl next door、Hysteric Blue、m.o.v.eは解散。My Little Loverはボーカル・akkoのソロ・プロジェクトとなっている。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

205件中 51 - 60件表示

「DREAMS COME TRUE」のニューストピックワード