58件中 21 - 30件表示
  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たノンリニア編集

    ハードディスクへのオーディオ・レコーディングの大きな長所は、ノンリニア編集を可能とすることであり、音声データはランダムアクセス出来て、非破壊編集が可能な点である。つまり、元の素材はどんな方法にせよあくまでも編集素材であって元の素材自体は意図的に操作しない限りは変化しない。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たパーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータを基軸とするPro Tools ソフトウェアと潤沢な周辺機材によってハードディスク・レコーダーとして使用することが標準化されてきたので、より柔軟なインターフェースをスタジオ・エンジニアにもたらした。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たデジタルビデオ

    ハードディスク・レコーダー(Harddisk recorder )は、デジタルオーディオまたはデジタルビデオを記録する為に大容量ハードディスクを利用する記録システムのひとつ。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たPTP

    2004年11月、6チャンネルを同時に1週間分録画できる「VAIO typeX」を皮切りに、全録型レコーダーという「とりあえず全部録画しておいて後で検索する」新しいタイプの録画機が出始めた。特にPTPが販売しているSPIDER PROは、主にマスコミにおける露出状況をチェックする企業や政治団体が導入、活用されている。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たオープンリール

    ハードディスク・レコーディング・システムは、従来のオープンリール式テープまたはカセット マルチトラックシステムの代わりに相当し、テープ・レコーダーでは得られない編集機能を提供する。単体機と、コンピューター上で動作するソフトからの運用方法があるが、どちらでも通常はデジタル・ミキシングと音声信号の処理機能を提供する。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たRCA端子

    バックアップ(複製)はコピーワンス信号の入っているデジタル放送の録画番組では不可であり(アナログ放送の場合はRCA端子接続によるコンポジット伝送で可能な機種もある)、iLinkケーブルで接続した他のレコーダー(TS接続に対応したRecPotとディーガ間など)へのムーブなど限られた組み合わせによる方法しかない。HDDが故障するとかなりの高確率で内蔵データは全て消失する。基本的にはHDD内のデーター(ファイル)を直にコピーすることはできず、それが行えたとしてもコピープロテクトによりデータが壊れる可能性が高い。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たレコーディング・エンジニア

    ハードディスク・レコーダーは、しばしばデジタル・ミキシング・コンソールと一体化され、デジタル・オーディオ・ワークステーションのひとつの機能として備わる。このタイプは複雑な処理を自動化することも出来るため、レコーディング・エンジニアはミキシング作業中に行っていたテープ編集作業などからミキシング・バランスを取る作業に向け時間を割く事が可能になった。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たディーガ

    2001年4月に東芝がRD-Styleシリーズ(現:REGZA←VARDIA)でHDDレコーダーとDVDレコーダーを組み合わせたハイブリッド型の「HDD&DVDレコーダー」を発売。2002年中は双方のドライブが高価であったためハイブリッド型は傍流であったが、2003年のパナソニック ディーガでハイブリッド型中心の機種展開を図り、DVDレコーダーにHDDレコーダーが一体化したもの(先述のハイブリッドレコーダー型)が主流となる。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たCPU

    考慮すべき点としては。どのようなハードディスク・レコーディング・システムも、物理ディスクサイズ、転送レート、プロセッサ・スピードなどが大きな制約となる。過去一部のシステムはディスクサイズと転送レートの問題を解決するため非可逆デジタル音声圧縮を使用していたが、ハードディスク容量の急速な増加と低コスト化が進んだ結果そのような製品はなくなった。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たDTRS

    その後CD市場の成長でデジタル・レコーディングは製造メーカーによる開発の主要分野となり、いくつかの製品が1980年代後期から1990年代初期にリリースされた。オープン・リールにおいて、またより扱いやすいビデオカセットにおいても、多くは継続してメタル・テープを使用した。しかし1990年代中頃までにはハードディスク価格の安定と供給の拡大及び単価の低下、容量の増加と小型化が進み、ハードディスク・レコーディング・システムのコストはさらに下がり、個人または小規模プロジェクト・スタジオなどの為に導入可能なシステムになってきた。他のデジタル・レコーダーの種類としてはADAT、DTRS等が使用されていたが、スタジオ・レコーディングにおいてハードディスク・レコーディング・システムはシステムの完成度と共に急加速的に増え、一気にスタンダード化した。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「DVDレコーダー」のニューストピックワード