61件中 41 - 50件表示
  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たコピーワンス

    バックアップ(複製)はコピーワンス信号の入っているデジタル放送の録画番組では不可であり(アナログ放送の場合はRCA端子接続によるコンポジット伝送で可能な機種もある)、ムーブバック機能でレコーダーへの書き戻し(ファイナライズしていないBDのみ、DVDは不可)、iLinkケーブル・LANケーブル(DTCP-IP対応のみ)で接続した他のレコーダー(TS接続に対応したRecPotとDIGA間など)へのムーブなど限られた組み合わせによる方法しかない。HDDが故障するとかなりの高確率で内蔵データは全て消失する。基本的にはHDD内のデーター(ファイル)を直にコピーすることはできず、それが行えたとしてもコピープロテクトによりデータが壊れる可能性が高い。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たダウンコンバート

    一方DVDは、2006年頃にAVCHDによる録画データの圧縮機能(いわゆるフルハイビジョン記録)が実用化されるようになるまで、DVDレコーダーでは基本的にDVD-VRとして標準画質へダウンコンバートをしたものしかDVD-Rなどへ保存(ダビング・ムーブ)できなかったため、デジタルチューナーと連携しハイビジョン記録に対応したHDDレコーダーは一定の需要があった。しかし、このケースでもDVD-VRやBDMVのAVCHDでの記録で対処出来るようになった事からHDDレコーダーデッキ単体として売り出されているのはiVDR関連のみとなった。ただし、特定の薄型テレビやデジタルチューナー・BDレコーダー・DVDレコーダーあるいはPlayStation 3のtorneなど、本体のUSB端子に汎用型の外付けHDDを接続することで記録できる機能を搭載した機種が2009年頃から発売されるようになり、別の活路を見いだしている。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たコルグ・Dシリーズ

    コルグ・Dシリーズ(Digital Recording Studio)ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たCubase

    Cubase(Microsoft Windows、Mac OS X)ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見た字幕放送

    文字多重放送を録画する場合、字幕をそのまま録画できるハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たコンポジット映像信号

    バックアップ(複製)はコピーワンス信号の入っているデジタル放送の録画番組では不可であり(アナログ放送の場合はRCA端子接続によるコンポジット伝送で可能な機種もある)、ムーブバック機能でレコーダーへの書き戻し(ファイナライズしていないBDのみ、DVDは不可)、iLinkケーブル・LANケーブル(DTCP-IP対応のみ)で接続した他のレコーダー(TS接続に対応したRecPotとDIGA間など)へのムーブなど限られた組み合わせによる方法しかない。HDDが故障するとかなりの高確率で内蔵データは全て消失する。基本的にはHDD内のデーター(ファイル)を直にコピーすることはできず、それが行えたとしてもコピープロテクトによりデータが壊れる可能性が高い。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たDirect Stream Digital

    MR-1 - 1bit 2.8824MHz (DSD) 44.1/48kHz@16/24bit 88.2/96/176.4/192kHz 24bit、2trハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たコンパクトディスク

    その後CD市場の成長でデジタル・レコーディングは製造メーカーによる開発の主要分野となり、いくつかの製品が1980年代後期から1990年代初期にリリースされた。オープン・リールにおいて、またより扱いやすいビデオカセットにおいても、多くは継続してメタル・テープを使用した。しかし1990年代中頃までにはハードディスク価格の安定と供給の拡大及び単価の低下、容量の増加と小型化が進み、ハードディスク・レコーディング・システムのコストはさらに下がり、個人または小規模プロジェクト・スタジオなどの為に導入可能なシステムになってきた。他のデジタル・レコーダーの種類としてはADAT、DTRS等が使用されていたが、スタジオ・レコーディングにおいてハードディスク・レコーディング・システムはシステムの完成度と共に急加速的に増え、一気にスタンダード化した。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たファイナライズ

    バックアップ(複製)はコピーワンス信号の入っているデジタル放送の録画番組では不可であり(アナログ放送の場合はRCA端子接続によるコンポジット伝送で可能な機種もある)、ムーブバック機能でレコーダーへの書き戻し(ファイナライズしていないBDのみ、DVDは不可)、iLinkケーブル・LANケーブル(DTCP-IP対応のみ)で接続した他のレコーダー(TS接続に対応したRecPotとDIGA間など)へのムーブなど限られた組み合わせによる方法しかない。HDDが故障するとかなりの高確率で内蔵データは全て消失する。基本的にはHDD内のデーター(ファイル)を直にコピーすることはできず、それが行えたとしてもコピープロテクトによりデータが壊れる可能性が高い。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たAdobe Audition

    Adobe Audition(Microsoft Windows)ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示