2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示
  • 片岡治大

    片岡治大から見たDef TechDef Tech

    「My Way」Def Tech(2005年)片岡治大 フレッシュアイペディアより)

  • SUPER Very best

    SUPER Very bestから見たDef TechDef Tech

    作詞:Micro(Def Tech)、作曲:Ameerah A. Roelants・Zac Poor・Yohanne Simon・David Sebon・Kyung Mi Kim、編曲:RedOneSUPER Very best フレッシュアイペディアより)

  • ベストヒットUSA

    ベストヒットUSAから見たDef TechDef Tech

    2015年に入ってからは、スタジオにゲストを招き、洋楽に関するトークをしながら曲を紹介するというスタイルでの放送が増え、これまでにZeebra、松任谷由実、Micro(Def Tech)、南佳孝、moumoon、東儀秀樹、内田裕也等がゲストとして登場している。また、「タイムマシーン・スペシャル」が1月から3月までの間に4回放送されるなど、音楽の原点への回帰志向が強まる一方で、『HOT MENU』『STAR OF THE WEEK』『大いなる伝説〜The LEGEND〜』などのコーナーが姿を消し、これまで「20〜11位」「10〜4位」「ベスト3」と3コーナーに分けて紹介されていた『COUNTDOWN USA』が20位から1位まで一気に紹介される方式に変わった。ベストヒットUSA フレッシュアイペディアより)

  • auのイメージキャラクター

    auのイメージキャラクターから見たDef TechDef Tech

    Def Tech(2006年春モデル「W41S」)auのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 松崎 しげる

    松崎しげるから見たDef TechDef Tech

    2005年8月、音楽配信サイト『iTunes Music Store』日本版開始時に、代表曲「愛のメモリー」が最高3位にランクインする現象が起きた(この時の第1位はDef Techの「My Way」、第2位はクレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」)。松崎しげる フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ エキサイトベースボール

    TBSラジオ エキサイトベースボールから見たDef TechDef Tech

    2005年度…My Way(Def TechTBSラジオ エキサイトベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 松坂大輔

    松坂大輔から見たDef TechDef Tech

    横浜高校時代は、「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌いであったが、2年生時の夏の神奈川大会準決勝の対横浜商業高校戦において自身の暴投によるサヨナラ負けを喫して以降奮起して猛練習、3年生時に150km/h超の球速を出し、切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の投手として「平成の怪物」として注目を浴びた。またバッテリーを組んでいた捕手は、入学時が上地雄輔、上地の引退後は小山良男だった(本当は帝京高校への進学が内定していたが、シニア日本代表で知り合った小山の誘いで横浜へ方向転換)。当時から西宮佑騎(Def TechのMicro)と親友。松坂大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 光永亮太

    光永亮太から見たDef TechDef Tech

    Micro of Def Tech「Laid Back」(2007年8月8日)光永亮太 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ州

    ハワイ州から見たDef TechDef Tech

    Shen - 歌手、Def Techメンバー、中国生まれ、オアフ島育ちハワイ州 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見たDef TechDef Tech

    1月22日 - Def Techがアルバム『Def Tech』でデビュー。同アルバム収録の『My Way』がヨコハマタイヤCMソングに起用され、口コミでブレイク。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示

「Def Tech」のニューストピックワード