Dynabook ニュース&Wiki etc.

ダイナブック(Dynabook)とは、アラン・ケイが提唱した理想のパーソナルコンピュータ(パソコン)である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ダイナブック」のつながり調べ

  • グラフィカルユーザインタフェース

    グラフィカルユーザインタフェースから見た暫定Dynabook

    サムネイル|右|AltoやNoteTakerで動作した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76、同-78の頃)のGUI1970年代には、アラン・ケイにより、誰でも簡単に使えることを目指して暫定Dynabook環境が作られた。当初はData General社のNovaでスクリプト言語的な位置づけで開発されたSmalltalk-72だったが、約5〜10倍の能力とビットマップディスプレイ、マウスを装備したAltoへと移植され、マシンパワーを得るとすぐにオーバーラップ可能なウインドウシステムの構築が試みられた(Smalltalk-74)。このマルチウインドウシステムを効率よく機能させるために後に考え出されたダブルバッファリングおよびBitBltは、現在も、ちらつきのない画面描画のために使われるアルゴリズムおよびデータ操作/ハードウェア機能として知られる。(グラフィカルユーザインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • コンテキストメニュー

    コンテキストメニューから見たDynabook

    コンテキストメニューは、1970年代半ばに を暫定ダイナブックとして機能させるためのある種のオペレーティングシステムとして開発された 環境における「ポップアップメニュー」とその「オブジェクト指向的」な振る舞いを起源とする。この「暫定ダイナブック環境」では、 の3つのボタンマウスのうち2番目のボタンをクリックすると、その操作を「メッセージ」として受け取ったオブジェクトが、自分の役割にふさわしいメニューをポップアップする責務を担っていたため、ユーザーにはコンテキストに応じてメニュー内容が変化するように見えた。なお、同じ を使って開発されてはいても とは系譜が異なり、ゆえにまったく別の操作スタイルを有した (1981年リリース)には同種機能はなかった( では、マウスは主に対象の選択のみに用いられ、編集操作にはメニューではなく、キーボード上の特殊な機能キーを使用した)。一方で、記述言語である やアプリケーションプログラミングインタフェースのみならずユーザー・インターフェイスにおいても の強い影響下にあった (1989年公開)には、メインメニューを呼び出す機能などに同様の振る舞いの応用を見て取れた。同様のことは を用いて新しいインターフェイスのプロトタイピングなどが行われた 95(1995年公開)についても言える。(コンテキストメニュー フレッシュアイペディアより)

「ダイナブック」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「Dynabook」のニューストピックワード