Dynabook ニュース&Wiki etc.

ダイナブック (Dynabook) は、アラン・ケイが提唱した理想のパーソナルコンピュータ(パソコン)である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ダイナブック」のつながり調べ

  • ThinkPad 220

    ThinkPad 220から見たダイナブック

    パソコンはダイナブックという構想があったように、元来から持ち歩くことを前提として考えられていた面がある。しかし、そのために作られたはずのラップトップ及びノートパソコンは,その当時はとても持ち歩けるようなものではなく、その重量から時にはニークラッシャーなどと呼ばれたものである。電子手帳などの類似的な商品はあったものの、それらはそれぞれに独自の規格によるものであった。そうした中で、いつでもどこでもコンピュータを触りたい、触れるようにしたいという欲求がこの製品を作り上げたと見ることができる。(ThinkPad 220 フレッシュアイペディアより)

  • オペレーティングシステムの歴史

    オペレーティングシステムの歴史から見たダイナブック

    表示装置とプロセッサのコストが低減されてくると、多くのOSでグラフィカルなユーザインタフェース(GUI)を実用的なコストで提供できるようになっていった。Unix向けには汎用的な X Window System が登場し、他にも Microsoft Windows、ラジオシャックの Color Computer 向けの OS-9 Level II/MultiVue、コモドールの AmigaOS、アップルの Mac OS、IBMのOS/2といったグラフィカルなインタフェースを備えたOSが登場した。GUI搭載オペレーティング環境のインスピレーションとなったのは、ゼロックスのパロアルト研究所で1970年代に開発された暫定Dynabookと言われ、それを多くのベンダーが真似ていった。(オペレーティングシステムの歴史 フレッシュアイペディアより)