前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • アラン・ケイ

    アラン・ケイから見たダイナブックダイナブック

    まだ大型のメインフレームしか存在しなかった時代に、個人の活動を支援する「パーソナルコンピュータ」という概念を提唱した。つまり1960年代当時、高価で大きく、複数人で“共有”するのが当たり前だったコンピュータに“個人向け”という利用状況を想定し、それに相応しいコンピュータ環境がどうあるべきかを考えた人。自らがそう名付けた「ダイナブック構想」の提唱者。「コンピュータ・リテラシー」という言葉も彼が造った。アラン・ケイ フレッシュアイペディアより)

  • 暫定Dynabook

    暫定Dynabookから見たダイナブックダイナブック

    暫定Dynabook(ざんていダイナブック、)は、アラン・ケイが、自らが1960年代に構想した理想の個人向けコンピュータ「ダイナブック」の一部の機能を実装したコンピュータ環境を、1970年代に入って、当時の技術で実現可能な範囲で試作したもの。具体的には暫定ハードウェアとしての「Alto」と、暫定システム・ソフトウェアとしての「Smalltalk」の組み合わせがそれに当たる。製作はチャック・サッカー(Alto)、ダン・インガルス(Smalltalk)らにより行なわれた。暫定Dynabook フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たダイナブックダイナブック

    「パーソナルコンピュータ」という用語は、1972年(昭和47年)にアラン・ケイがACM National Conferenceで発表した"A Personal Computer for Children of All Ages"の中で使用された。ここでは「個人のための理想のコンピュータ」という意味であり、それを「ダイナブック」と命名した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナトップ

    ダイナトップから見たダイナブックダイナブック

    ノートパソコンの先駆者である東芝がDynaBook(現・dynabook)などのノートパソコンで培った技術で作ることによりダイナトップ フレッシュアイペディアより)

  • Dynabook

    Dynabookから見たダイナブックダイナブック

    Dynabook フレッシュアイペディアより)

  • DynaBook

    DynaBookから見たダイナブックダイナブック

    DynaBook フレッシュアイペディアより)

  • ダイナシブック

    ダイナシブックから見たダイナブックダイナブック

    ダイナシブック フレッシュアイペディアより)

  • シーモア・パパート

    シーモア・パパートから見たダイナブックダイナブック

    PCの父アラン・ケイとそのダイナブック構想に影響を与えた。様々なプロジェクトでケイと活動を共に続けている。シーモア・パパート フレッシュアイペディアより)

  • コンテキストメニュー

    コンテキストメニューから見たDynabookダイナブック

    コンテキストメニューは、'70年代半ばに Alto を暫定ダイナブックとして機能させるためのある種の OS として開発された Smalltalk 環境(OSとしてではなかったが、1983年に開発環境「Smalltalk-80」としてリリース)における「ポップアップメニュー」とその“オブジェクト指向的”な振る舞いを起源とする。この「暫定ダイナブック環境」では、Alto の3つのボタンマウスのうち2番目のボタンをクリックすると、その操作を“メッセージ”として受け取ったオブジェクトが、自分の役割にふさわしいメニューをポップアップする責務を担っていたため、ユーザーにはコンテキストに応じてメニュー内容が変化するように見えた。なお、同じ Alto を使って開発されてはいても Smalltalk とは系譜が異なり、ゆえにまったく別の操作スタイルを有した Star(1981年リリース)には同種機能はなかった(Star では、マウスは主に対象の選択のみに用いられ、編集操作にはメニューではなく、キーボード上の特殊な機能キーを使用した)。一方で、記述言語である Objective-C や API のみならず GUI においても Smalltalk の強い影響下にあった NEXTSTEP(1989年リリース)には、メインメニューを呼び出す機能などに同様の振る舞いの応用を見て取れた。同様のことは Smalltalk を用いて新 GUI のプロトタイピングなどが行われた Windows 95(1995年リリース)についても言える。コンテキストメニュー フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 220

    ThinkPad 220から見たダイナブックダイナブック

    パソコンはダイナブックという構想があったように、元来から持ち歩くことを前提として考えられていた面がある。しかし、そのために作られたはずのラップトップ及びノートパソコンは,その当時はとても持ち歩けるようなものではなく、その重量から時にはニークラッシャーなどと呼ばれたものである。電子手帳などの類似的な商品はあったものの、それらはそれぞれに独自の規格によるものであった。そうした中で、いつでもどこでもコンピュータを触りたい、触れるようにしたいという欲求がこの製品を作り上げたと見ることができる。ThinkPad 220 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「Dynabook」のニューストピックワード