28件中 11 - 20件表示
  • Xerox Star

    Xerox Starから見た暫定Dynabookダイナブック

    特に、GUIの歴史という文脈でAltoが取りざたされる際に暗黙のうちに念頭に置かれるのは、アラン・ケイが構想したいわゆる「Dynabook」の暫定実装としてAltoを動作させた状態(つまり、SmalltalkをOSとして用いることで「暫定Dynabook」として機能しているAlto)を指していることが多い。オーバーラップするマルチウインドウ、マウスを使ったメニューの活用、選択→命令という指示手順、コピー&ペースト、アイコンを用いた切り替えボタン、マルチスタイルフォントなど、現在のパーソナルコンピュータでお馴染みの機能や操作スタイルのほとんどは、Starの開発が始まる1977年頃までにはすでに、このシステムで完成されていた。ケイらはもちろん、この暫定Dynabookを “パーソナル・コンピュータ” として安価に販売することを希望していたが、Starの完成を待って、付加価値を高めた “ワークステーション” をビジネス市場へ投入したいXeroxの上層部により彼らの要求は退けられたため、結局Altoが製品化されることはなかった(しかし、そのハードウエア技術の多くは、後にStarに転用され日の目をみることになる)。Xerox Star フレッシュアイペディアより)

  • メニュー (コンピュータ)

    メニュー (コンピュータ)から見た暫定Dynabookダイナブック

    なお、GUI環境におけるメニュー(ウィジェット)を初めて実装したコンピュータはゼロックスのAlto(正確には暫定Dynabook)だが、これはポップアップ式のものであった。現在のGUI環境で使われるプルダウンメニューを初めて実装したのはアップルコンピュータのLisaである。メニュー (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • オペレーティングシステムの歴史

    オペレーティングシステムの歴史から見たダイナブックダイナブック

    表示装置とプロセッサのコストが低減されてくると、多くのOSでグラフィカルなユーザインタフェース(GUI)を実用的なコストで提供できるようになっていった。Unix向けには汎用的な X Window System が登場し、他にも Microsoft Windows、ラジオシャックの Color Computer 向けの OS-9 Level II/MultiVue、コモドールの AmigaOS、アップルの Mac OS、IBMのOS/2といったグラフィカルなインタフェースを備えたOSが登場した。GUI搭載オペレーティング環境のインスピレーションとなったのは、ゼロックスのパロアルト研究所で1970年代に開発された暫定Dynabookと言われ、それを多くのベンダーが真似ていった。オペレーティングシステムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口達郎

    谷口達郎から見たダイナブックダイナブック

    2005年に谷口達郎写真事務所設立。東京都目黒区を拠点として活動中。雑誌・書籍・広告で今までに広末涼子、山田優をはじめ、関根勤、萩本欽一などといった女優や俳優、モデル、芸人など著名人を撮る仕事を中心に活動し、ファッション、ヘアビューティーも撮影している。主な仕事に東芝×インテルが手がけるdynabookのカタログ撮影、テレビ朝日主催の全国そごう巡回記念展・桂由美×假屋崎省吾『美の饗宴』のキービジュアル写真、香港の企業YAMADAMIYURAの大型バス広告写真や地下鉄広告写真、ポストカードなどのグッズ撮影がある。谷口達郎 フレッシュアイペディアより)

  • Mac OS

    Mac OSから見た暫定Dynabookダイナブック

    ビットマップディスプレイとマウスの利用を前提としていること、オーバーラップするマルチウインドウやメニュー操作、マルチスタイルフォントに代表される WYSIWYG 表示など、ゼロックスで1970年代に研究開発されていた暫定Dynabook環境(Smalltalk を OS として動作する Alto)から多くの影響を受けたが、Alto では3つあったマウスボタンを Macintosh では1つに限って、操作体系を分かりやすく構築し直した。ファイルシステムやドラッグ・アンド・ドロップのファイル操作、国際化に必要な情報を保存するためのリソースとコードの分離、ファイルとアプリケーションソフトウェア(アプリケーション)との関連付け、データ形式に依存しないクリップボード、プルダウンメニューやゴミ箱を発明するなど、今日でも使われている多くの独自のアレンジを加えることで使い勝手を向上させた。暫定 Dynabook 環境では部分的に隠れたウインドウの再描画もできなかったが、QuickDraw の実装により、これを実現させた。こうした改良により、GUI というものをコンピュータの世界に広く浸透させた。Mac OS フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見た暫定Dynabookダイナブック

    1980年以降、創業者スティーブ・ジョブズらがPARC を訪問した際に、PARCで動作していたアラン・ケイらが構築した暫定Dynabook環境にインスピレーションを得て、ジョブズが陣頭指揮を執るLisaのプロジェクトに大きな影響を与えることになる。Lisaプロジェクトから外されたジョブズがMacintoshプロジェクトをのっとったことにより、Smalltalkの流れを汲み、Lisaへと続くソフトウェアデザイン思想に、舵の方向が大きく切られることになった。その思想をもとに1984年1月24日に初代Macintoshが発売された。発売当時の価格は2495ドルであった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Smalltalk

    Smalltalkから見たダイナブックダイナブック

    XEROXのパロアルト研究所 (PARC) で1970年代に約10年かけ3世代(Smalltalk-72、76、80)を経て整備された。当初は、暫定DynabookであるAltoのオペレーティングシステム的位置付けだったが、AltoのXEROX社製品としての販売の可能性が同社上層部決定により完全に排除されたこと、アイデアパーソンであるアラン・ケイの研究開発グループ離脱などを受けてDynabook色は失せ、Altoのハードウエア技術を基にした商用マシン上で動作するプロの開発者向け統合化プログラミング環境「Smalltalk-80」として1983年に発売されることになる。現在はCincomよりVisualWorksというパッケージ名でメジャーOS向けに販売されている。Smalltalk フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見た暫定Dynabookダイナブック

    米ゼロックスのパロアルト研究所において、チャック・サッカーが Altoを製作。アラン・ケイらはこれを用い、オブジェクト指向に基づく汎用のGUIデスクトップ環境である暫定Dynabook環境を構築。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • Alto

    Altoから見たダイナブックダイナブック

    当初はアラン・ケイの通称・Dynabookプロジェクトにおいて「暫定Dynabook」と呼称され、そのオペレーティングシステム的存在ともいえるSmalltalkの研究開発に使われた。出資受容の条件に要求してこれを見た、アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズに影響を与え、LisaやMacintoshを開発させるきっかけとなった。Alto フレッシュアイペディアより)

  • グラフィカルユーザインタフェース

    グラフィカルユーザインタフェースから見た暫定Dynabookダイナブック

    それらを参考にしたアラン・ケイにより、誰でも簡単に使えることを目指して暫定Dynabook環境が作られた。当初は標準システム的な位置づけで開発されたSmalltalk-72は、Data General社のNovaから、約5〜10倍の能力とビットマップディスプレイ、マウスを装備したAltoへと移植され、マシンパワーを得るとすぐにオーバーラップ可能なウインドウシステムの構築が試みられた。このマルチウインドウシステムを効率よく機能させるために後に考え出された BitBltは、現在も、ちらつきのない画面描写のために使われるアルゴリズムとして知られる。グラフィカルユーザインタフェース フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「Dynabook」のニューストピックワード