1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • アラン・ケイ

    アラン・ケイから見た暫定Dynabookダイナブック

    1970年、ケイはゼロックス社のパロアルト研究所の設立に参加した。パロアルト研究所には1970年代を通じて在籍し、「ダイナブック」を当時利用可能な技術で具現化した、暫定的ハードウエアである「Alto」と、エンドユーザーが自在にプログラミング可能で、それを全方面からサポートする機能を有する暫定的環境「Smalltalk」の開発において指導的立場をとった。このSmalltalk環境の動作するAlto(暫定Dynabook)を見学する機会を得たスティーブ・ジョブズが、そのアイデアを大いに取り入れてLisa、続くMacintoshを開発した、というのは有名な話である。アラン・ケイ フレッシュアイペディアより)

  • Squeak

    Squeakから見たダイナブックダイナブック

    1970年代のパロアルト研究所での俗に言う“ダイナブックプロジェクト”において、暫定Dynabook(Altoの同チームにおける呼び名)のオペレーティングシステム (OS) およびコンピュータ環境にあたるSmalltalkの開発にたずさわったメンバー、特にアイデアパーソンのアラン・ケイ、その実装者のダン・インガルスらが中心となり、当初アップルにおいて同プロジェクトは始動した。のちにWalt Disney Imagineeringを経て、アラン・ケイが設立したNPOであるViewpoints Research Instituteに活動の拠点を移し現在も開発が続けられている。Squeak フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たダイナブックダイナブック

    またDOS/Vのもう1つの特徴は、DOSの日本語対応の基本部分をDOS本体(カーネル)の修正ではなくDOS標準の拡張方法であるデバイスドライバにより実現した事にある。つまりDOSの構成ファイル(config.sys)を編集して英語DOSに「DOS/V用のデバイスドライバ(と日本語フォントファイル)」を組み込めば「日本語DOS」となり、外せば戻り、英語DOSのバージョンにかかわらず高い互換性が確保できた。実際に、日本語モードを動的にオフ・オンするchevコマンド、リブートは必要だが完全な英語DOSとなるswitchコマンドも追加された。(DOS/V以前のダイナブック、JX、AXでは英語モードで起動するには専用の英語版DOSが必要だったが、DOS/Vでは英語DOSも内蔵されていた。)またユーザーは必要に応じてデバイスドライバの拡張や交換ができ、後のV-Textに発展した。デメリットはユーザーの使用できるコンベンショナルメモリがデバイスドライバにより圧迫される点であるが、バージョン5のメモリ管理機能向上により緩和された。DOS/V フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック (東芝)

    ダイナブック (東芝)から見たダイナブックダイナブック

    ブランド名の由来は、アラン・ケイの提唱した「ダイナブック」を意識し目指したネーミングである。「ダイナブック」はアスキーが取得していた商標であり、当時は「DOSベースのただのノートパソコンにダイナブックという名前をつけるとは何事か」との批判もあったが、やがて東芝のブランドとして定着した。ダイナブック (東芝) フレッシュアイペディアより)

  • ゼロックス

    ゼロックスから見たDynabookダイナブック

    1970年、パロアルト研究センター () を開設。1973年、アラン・ケイらが持ち寄った研究費を使いチャック・サッカーが Alto を開発。この試作機は、当時のミニコンピュータと同等かそれ以上の速度で動作しながらもそれより安価で、ブラウン管を使ったビットマップディスプレイ、マウス、キーボードを備えていた。ケイらはこのマシンを使って暫定的Dynabook環境(Smalltalkシステム)を構築。後に主流となる WIMP(ウィンドウ、アイコン、メニュー、ポインティングデバイス)スタイルのグラフィカルユーザインターフェース (GUI) を1977年頃までに段階的に整備した。ゼロックス社がその市場価値を見抜けなかったためケイらの想定していたパーソナルコンピューターとしてのAltoは結局製品化されることはなかったが、Altoのハードウエア技術は後述のXerox Starシステムに転用され、別部門で開発されたGUI OSを搭載したワークステーション、あるいはSmalltalkをプロフェッショナル開発者向けの統合化開発環境として位置づけなおしたエンジニアリングワークステーションとして販売されることになる。Altoは試作機ながら最終的には1500台ほど生産、世界中のゼロックスのオフィスやアメリカ政府や米軍に設置され多くの人がその能力を目にする機会を得た。それらはゼロックスの開発したLANであるイーサネットで相互接続されていた。そしてデータはパケット化されて転送された。間もなくゼロックスの技術者らがサイト間を接続するシステム 'Inter Network Routing' を開発した。当初の世界的ネットワークはゼロックス社内のものと、同じ技術を使ったアメリカ政府のものだった。他にアドビシステムズ創設者のジョン・ワーノックが開発したインタープレスや、AltoをLISPマシンにするInterlisp-Dシステムなどがある。ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見た暫定Dynabookダイナブック

    1979年、ゼロックスからの出資を受け入れる交換条件として、ジョブズの要請により当時ゼロックス管轄の研究所であったパロアルト研究所見学が行われた。その際、ビットマップディスプレイとマウスを前提とする「Alto」で、GUIを実現した「暫定Dynabook環境」(開発者のアラン・ケイらは、SmalltalkをOSとして動作するAltoをこう呼称した)のデモに大きな衝撃を受けたジョブズは、開発中のLisaに、これと同じ機能を持たせることを考え、自らプロジェクトを率いて行くこととなった。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップ環境

    デスクトップ環境から見た暫定Dynabookダイナブック

    世界初のデスクトップ環境は、ゼロックスのパロアルト研究所で1970年代に開発された暫定Dynabook環境(例えばAlto)である。これがオフィス用パーソナルコンピュータ Xerox Star (1980) として製品化されたが、マーケティングが積極的でなかった点と高価だった点から商業的には失敗に終わった。アップルは Lisa (1983) でデスクトップ環境をより安価なパーソナルコンピュータ上で実装したが、これも商業的には失敗した。デスクトップ環境 フレッシュアイペディアより)

  • チャック・サッカー

    チャック・サッカーから見たダイナブックダイナブック

    アメリカに戻ると、PARCでの「暫定ダイナブック」の経験を生かし、タブレットPCの開発に関与した。チャック・サッカー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「Dynabook」のニューストピックワード