前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • ダイナブック

    ダイナブックから見たスティーブ・ジョブズ

    こうしてケイらがXEROXのパロアルト研究所在籍時に「暫定ダイナブック」と称して開発したのが、Smalltalk を GUIベースの オペレーティングシステム に用いて動作させていた Alto や、より小型・可搬でバッテリ駆動も可能だった NoteTaker で、特に前者については 1979年末にこれを見たスティーブ・ジョブズが Lisa 、そして Macintosh を開発するきっかけとなったとされる。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たアラン・ケイ

    ダイナブック (Dynabook) は、アラン・ケイが提唱した理想のパーソナルコンピュータ(パソコン)である。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たエルゴソフト

    Dyna Mac - メモリーが128KBから512KBに拡張され新機能を乗せる余裕の出来たMacintoshに、漢字ROMボードやエルゴソフト社のEGBRIDGEを搭載してJIS第一水準の漢字入力機能を持たせたMacintosh。キヤノンが昭和60年8月20日に898000円で販売した。名前はダイナブックに因む。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たSmalltalk

    こうしてケイらがXEROXのパロアルト研究所在籍時に「暫定ダイナブック」と称して開発したのが、Smalltalk を GUIベースの オペレーティングシステム に用いて動作させていた Alto や、より小型・可搬でバッテリ駆動も可能だった NoteTaker で、特に前者については 1979年末にこれを見たスティーブ・ジョブズが Lisa 、そして Macintosh を開発するきっかけとなったとされる。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たAlto

    こうしてケイらがXEROXのパロアルト研究所在籍時に「暫定ダイナブック」と称して開発したのが、Smalltalk を GUIベースの オペレーティングシステム に用いて動作させていた Alto や、より小型・可搬でバッテリ駆動も可能だった NoteTaker で、特に前者については 1979年末にこれを見たスティーブ・ジョブズが Lisa 、そして Macintosh を開発するきっかけとなったとされる。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たLisa (コンピュータ)

    こうしてケイらがXEROXのパロアルト研究所在籍時に「暫定ダイナブック」と称して開発したのが、Smalltalk を GUIベースの オペレーティングシステム に用いて動作させていた Alto や、より小型・可搬でバッテリ駆動も可能だった NoteTaker で、特に前者については 1979年末にこれを見たスティーブ・ジョブズが Lisa 、そして Macintosh を開発するきっかけとなったとされる。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たパロアルト研究所

    こうしてケイらがXEROXのパロアルト研究所在籍時に「暫定ダイナブック」と称して開発したのが、Smalltalk を GUIベースの オペレーティングシステム に用いて動作させていた Alto や、より小型・可搬でバッテリ駆動も可能だった NoteTaker で、特に前者については 1979年末にこれを見たスティーブ・ジョブズが Lisa 、そして Macintosh を開発するきっかけとなったとされる。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たオブジェクト指向

    ダイナブックについては、「たんなる理想像に過ぎず、実装が試されたことはない」という考え方が一般的だが、暫定ダイナブックの存在や実現されたこと(主にGUIの特徴(後述)とオブジェクト指向)が後世に及ぼした多大な影響に鑑みると、こうした認識はまったくの誤りだと分かる。また同時に、パーソナル・コンピュータにおけるGUIの歴史という観点から「Alto」が取りざたされる際には、発言者や記述者が意識できているか否かにかかわらず、この「暫定ダイナブック環境」(さらに言えば、ハードウエアのAltoではなく、OSであるSmalltalkの方)を暗に指していることが多い。なお、Alto向けのGUI OSは暫定ダイナブックシステム以外にもいくつか存在し、互いにその見た目や操作性は異なっていた。たとえば、製品化されたAlto系マシンに搭載されたXerox Starのシステムは、この暫定ダイナブックシステム(Smalltalk)とは系譜から言えばまったくの別物である。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たMac OS

    1980年代以降、主にMac OSやWindows搭載機の普及によって広く知られるようになるGUIの特徴の多く、たとえば、オーバーラップするウインドウやその振る舞い(任意の場所への移動、大きさ変更、スクロールバーを用いた隠れた内容の呼び出し、タイトル化による縮退表示)、マウスの第二ボタンクリックでポップアップするメニューによるインタラクティブな操作、カット&ペーストなどに象徴される「範囲選択→操作」というモードレスな編集スタイル、マルチフォントの扱いや絵の挿入が可能なテキストエディタ、ドット単位の編集まで可能なペイントツール等は、1977年終わりごろにはこの暫定ダイナブック環境上に実現されていた。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック

    ダイナブックから見たMicrosoft Windows

    1980年代以降、主にMac OSやWindows搭載機の普及によって広く知られるようになるGUIの特徴の多く、たとえば、オーバーラップするウインドウやその振る舞い(任意の場所への移動、大きさ変更、スクロールバーを用いた隠れた内容の呼び出し、タイトル化による縮退表示)、マウスの第二ボタンクリックでポップアップするメニューによるインタラクティブな操作、カット&ペーストなどに象徴される「範囲選択→操作」というモードレスな編集スタイル、マルチフォントの扱いや絵の挿入が可能なテキストエディタ、ドット単位の編集まで可能なペイントツール等は、1977年終わりごろにはこの暫定ダイナブック環境上に実現されていた。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「Dynabook」のニューストピックワード