1 2 3 次へ
21件中 21 - 21件表示
  • ダイナブック

    ダイナブックから見たグラフィカルユーザインターフェース

    ケイの構想したダイナブックとは、GUIを搭載したA4サイズ程度の片手で持てるような小型のコンピュータで、子供に与えても問題ない低価格なものである。同時に、文字のほか映像、音声も扱うことができ、それを用いる人間の思考能力を高める存在であるとした。また、構想の時点ですでにネットワークやマルチフォントに対応することが想定されており、実際、その後作られた暫定的な実装(後述)にも、今でこそ一般的だが当時としては斬新なマルチウインドウやメニューなどと共に取り入れられた。1977年の「Personal Dynamic Media」という論文に実現されたそれらの機能の詳細が記されている。ダイナブック フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
21件中 21 - 21件表示

「Dynabook」のニューストピックワード