118件中 61 - 70件表示
  • 小森純

    小森純から見た早川沙世

    2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、樋口智子、青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場。同誌の専属モデルとなった。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た田母神智子田母神 智子

    『EMODA DENIM BOOK』(2012年4月6日発行) 共/益若つばさ、鈴木えみ、木下ココ、宇野実彩子、あびる優、田母神智子、井出レイコ、道端アンジェリカ小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た板橋瑠美

    2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、樋口智子、青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場。同誌の専属モデルとなった。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見たきんきら☆きん

    2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、樋口智子、青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場。同誌の専属モデルとなった。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た愛実

    「LUNCH TIME WARS」(槇原敬之、ヒルナンデス!関係、2011年) 共/平愛梨、いとうあさこ、吉川友、愛実、河北麻友子、久本雅美、ミッツ・マングローブ、優木まおみ、北陽、虻川小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た今泉宏美

    2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、樋口智子、青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場。同誌の専属モデルとなった。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見たいじめ

    神奈川県に出生。幼い頃から自分の顔にコンプレックスを持ち、学校では「ゴリラ顔」といっていじめを受けたこともあった。中学時代は非行に走り、暴れて自宅の壁に穴を開けたり、家出を繰り返すなど、家族からも邪険に扱われ続けていたという。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見たペニーオークション

    ポップティーン誌に活動していた時期から、ファッションブランド『TRALALA』や、カラーコンタクト『ラバーズカラー』、アクセサリーブランド『Double』などのイメージモデルを担ってきた。ほか、セガのアミューズメントテーマパーク『東京ジョイポリス』や、日本最大級の出会い系サイト『イククル』、デリケートゾーンソープ『PHケア フェミニンウォッシュ』のイメージモデル活動に加え、自身の結婚の時期(2011年)に合わせての『Mobage(モバゲー)』からのCMキャラクター起用、2012年にはモンテローザの展開する居酒屋『笑笑』からのイベント限定イメージモデル起用や、常盤薬品工業のプラセンタ製品からのイメージキャラクター起用があった。同年暮れには、詐欺事案として摘発を受けた『ペニーオークション』業者に関し、それから2年ほど前にその業者の広報を請け負ったうえで自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していたことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪を表明。この件により、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖。あわせてツイッターの配信も休止するに至った。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見たセガ

    ポップティーン誌に活動していた時期から、ファッションブランド『TRALALA』や、カラーコンタクト『ラバーズカラー』、アクセサリーブランド『Double』などのイメージモデルを担ってきた。ほか、セガのアミューズメントテーマパーク『東京ジョイポリス』や、日本最大級の出会い系サイト『イククル』、デリケートゾーンソープ『PHケア フェミニンウォッシュ』のイメージモデル活動に加え、自身の結婚の時期(2011年)に合わせての『Mobage(モバゲー)』からのCMキャラクター起用、2012年にはモンテローザの展開する居酒屋『笑笑』からのイベント限定イメージモデル起用や、常盤薬品工業のプラセンタ製品からのイメージキャラクター起用があった。同年暮れには、詐欺事案として摘発を受けた『ペニーオークション』業者に関し、それから2年ほど前にその業者の広報を請け負ったうえで自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していたことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪を表明。この件により、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖。あわせてツイッターの配信も休止するに至った。小森純 フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た常盤薬品工業

    ポップティーン誌に活動していた時期から、ファッションブランド『TRALALA』や、カラーコンタクト『ラバーズカラー』、アクセサリーブランド『Double』などのイメージモデルを担ってきた。ほか、セガのアミューズメントテーマパーク『東京ジョイポリス』や、日本最大級の出会い系サイト『イククル』、デリケートゾーンソープ『PHケア フェミニンウォッシュ』のイメージモデル活動に加え、自身の結婚の時期(2011年)に合わせての『Mobage(モバゲー)』からのCMキャラクター起用、2012年にはモンテローザの展開する居酒屋『笑笑』からのイベント限定イメージモデル起用や、常盤薬品工業のプラセンタ製品からのイメージキャラクター起用があった。同年暮れには、詐欺事案として摘発を受けた『ペニーオークション』業者に関し、それから2年ほど前にその業者の広報を請け負ったうえで自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していたことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪を表明。この件により、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖。あわせてツイッターの配信も休止するに至った。小森純 フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示