前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
610件中 1 - 10件表示
  • ETC割引制度

    ETC割引制度から見たETCETC

    ETCの設備を有する有料道路を管理する各道路事業者(NEXCO3社、都市高速道路各社、地方道路公社等)の多くでは、ETCシステムを利用して料金所を無線通信によって通行する自動車がこれら有料道路を利用した際、各種の条件による通行料金の割引を導入していることがある。本記事では、高速道路会社6社の時間帯割引を中心に、これらのETC割引制度(イーティーシーわりびきせいど)について記述する。ETC割引制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見たETCETC

    ETC車は、ETC車載器にETCカードを挿入したままにしてETCレーンを通過する。ETC車以外は、入口発券・出口精算方式の入口料金所では通行券を受け取り、出口料金所でその通行券を係員へ提出する。単純支払い方式(均一料金精算)の料金所でも一旦停止が必要である。均一料金精算の料金所において一旦停止をさせるのは、係員が車種の判定を確実に行うためである。自動収受機の場合は、自動収受機のボタンを押すか通行券を挿入し対処する。有料区間の料金が必要な場合は、現金、クレジットカードまたはETCカードを使って精算を行う。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見たETCETC

    そんな中、1999年3月の高速バスの仙台 - 福島線開設以後、仙台を目的地とする近距離都市間高速バスの新設・増便・値下げ競争が続き、それにJRが回数券より安い特別企画乗車券で対抗した。さらに、ETCの通勤割引が出来たため、通勤・通学客のみならず、買い物客にまで影響を与える大規模な陸上交通の再編が起きた。この再編によって仙台経済圏は拡大し、飲み込まれた都市圏や地域圏では、既存の圏内中心部に向かう一般バス路線網が仙台に向かう高速バス路線網に置き換えられてきている。地域圏の廃止された一般バス路線には、ダウンサイジングしたコミュニティバスや乗合タクシーなどが導入された。仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 非接触型決済

    非接触型決済から見たETCETC

    主に非接触型ICカードを利用した決済を指すが、この項目では、その他の無線通信(光無線通信を含める)を用いた決済システム(ETCなど)の説明も含まれる。非接触型決済 フレッシュアイペディアより)

  • 料金所

    料金所から見たETCETC

    料金所には有人の施設と無人の施設があり、有人の場合には、現金・クレジットカード・プリペイドカード・回数券などにより、また、無人の場合にはETC・自動精算機などにより料金を徴収する。また、車線上に置かれて実際に料金を徴収する設備を料金所ゲートと称する。料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 京都縦貫自動車道

    京都縦貫自動車道から見たETCETC

    2008年9月13日の京丹波わちIC開通に合わせて、京丹波わちICも含めた全ての料金所においてETCレーンを運用開始、同時にETC通勤時間帯割引を開始した。2009年7月26日から2011年6月19日までは、社会実験としてETC休日割引を実施していた。京都縦貫自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路サービスエリア

    淡路サービスエリアから見たETCETC

    ブースは計4箇所あり、下り線から上り線および逆方向に対して2ブースずつ使用している。それぞれ一方がETCと一般利用の共用レーン、もう一方が一般利用レーンとなっている。淡路サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • 本線料金所

    本線料金所から見たETCETC

    なお、本線上に設置されるため、渋滞の原因となることがある。そのためノンストップで通行できるシステムが開発、実用化されている(日本においては、ETC)。料金所と車両の両方がこのシステムに対応している場合、車両は原則として停車しないで通行できる。本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・デリカD:5

    三菱・デリカD:5から見たETCETC

    Mを除く全車にビルトインETCを、4WD車はバッテリー容量アップなど寒冷地仕様が標準装備化された。なお、グレード体系も変化し、2WD車の「C2 S」に替わって、4WD車の「M」と同等の装備内容とした「C2 M」を追加。また、「M-Power package」並びに「ROADEST」の一部(2WD車の「S」と4WD車の「M」)がそれぞれ廃止された。三菱・デリカD:5 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速道路

    首都高速道路から見たETCETC

    2012年(平成24年)1月1日 : ETC利用者向けに、ETC距離別料金制へ移行。東京圏・神奈川圏・埼玉圏の料金圏を撤廃。現金利用者は、利用距離に関係無く一律料金を料金所で支払う。首都高速道路 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
610件中 1 - 10件表示

「ETC」のニューストピックワード