504件中 31 - 40件表示
  • 椎田本線料金所

    椎田本線料金所から見たETCETC

    ETCシステムを利用したノンストップ通行はできないが、ETCカードでの精算は可能であり、自動精算機に挿入して対処する。椎田本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • アンテナ技研

    アンテナ技研から見たETCETC

    1998年 - 2GHzWLL用アンテナ開発、ETC料金所用アンテナ開発アンテナ技研 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原厚木道路

    小田原厚木道路から見たETCETC

    1997年(平成9年)3月:小田原TBで全国初のETC実用化試験を開始。小田原厚木道路 フレッシュアイペディアより)

  • 第二阪奈有料道路

    第二阪奈有料道路から見たETCETC

    当初はETCの利用は出来なかったものの、2007年末から進められてきたETCの設置工事が完成したことで、2009年4月16日より、全線でのETCの利用を開始した。しかし、ETCを利用して通行しても割引は一切ない。ETC導入後も回数券の利用は可能である。第二阪奈有料道路 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場山出入口

    馬場山出入口から見たETCETC

    ETCは当初九州道・金剛からの車のみ利用できたが、2008年(平成20年)11月1日より馬場山入口からの利用でもETCが利用できるようになった。馬場山出入口 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜新道

    横浜新道から見たETCETC

    2001年7月23日:新保土ヶ谷料金所・戸塚料金所にてETC運用開始。横浜新道 フレッシュアイペディアより)

  • 大洲インターチェンジ

    大洲インターチェンジから見たETCETC

    又、国道56号から松山方面への流入は、片側1車線の本線車道に合流してから300m先の本線料金所に向かうが、ETC搭載車が減速しないこともあるので注意が必要である。大洲インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • スマートインターチェンジ

    スマートインターチェンジから見たETCETC

    スマートインターチェンジは、高速道路の本線上またはサービスエリア (SA)、パーキングエリア (PA)、バスストップ (BS) に設置されているETC専用のインターチェンジ (IC)である(以下、適宜英語省略形のSA、PA、BS、ICで記載)。「スマートIC」や「SIC」と表記されることもある。スマートインターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速道路

    首都高速道路から見たETCETC

    運送業者などを対象に実施されている割引。ETCコーポレートカードによる無線通行が前提となっており、暦月1ヶ月間の利用額に応じて割り引かれる。NEXCOと同様に車両単位割引と契約単位割引の組み合わせになっているが、契約単位割引は利便増進事業で追加されたものである。首都高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • インターチェンジ

    インターチェンジから見たETCETC

    有料道路のインターチェンジには料金所や検札所が設けられることが多い。料金所の種類としては、有人によるもの(係員が発券、料金の徴収などを行うもの)、ETC設備によるもの、なんらかの機器により自動で発券・料金徴収を行うものがある。また、高速バスのためのバス停やサービスエリア (SA) やパーキングエリア (PA) と併設されることもある。インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

504件中 31 - 40件表示

「ETC」のニューストピックワード