610件中 31 - 40件表示
  • 池田インターチェンジ (北海道)

    池田インターチェンジ (北海道)から見たETCETC

    池田本線料金所を併設しており、上り線(札幌・帯広方向)の場合は通行券授受またはETC流入情報入力を行う。下り線(釧路・北見方向)の場合は本別ICまたは足寄ICまでの通行料を支払う。池田インターチェンジ (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 向島インターチェンジ

    向島インターチェンジから見たETCETC

    3つの本線料金所と因島方面から向島ICで下車する場合はETCのノンストップ通行に対応しているが、向島IC - 尾道方面のみの利用の場合、ETCのノンストップ通行には対応していないため、料金所でいったん停止をしETCカードを無人の料金支払機に挿入する必要がある(この場合でもETCの各種割引は適用される)。向島インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 小田原厚木道路

    小田原厚木道路から見たETCETC

    1997年(平成9年)3月:小田原TBで全国初のETC実用化試験を開始。小田原厚木道路 フレッシュアイペディアより)

  • 稲城大橋

    稲城大橋から見たETCETC

    有料での開通当初、料金所にはETCゲートがなく、有人で料金を徴収していた。支払い方法は現金と回数券のみだった。ただし、中央自動車道(東京方面)へ抜ける場合は、「中央自動車道の料金分のみに限り」、ETCカードを手渡しすることでETC払いが可能であった。稲城大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 那須高原サービスエリア

    那須高原サービスエリアから見たETCETC

    ETC履歴プリンタ(24時間)那須高原サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • 福島松川パーキングエリア

    福島松川パーキングエリアから見たETCETC

    ETC履歴プリンタ(8:00 - 20:00)福島松川パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • 第二阪奈有料道路

    第二阪奈有料道路から見たETCETC

    当初はETCの利用は出来なかったものの、2007年末から進められてきたETCの設置工事が完成したことで、2009年4月16日より、全線でのETCの利用を開始した。しかし、ETCを利用して通行しても割引は一切ない。ETC導入後も回数券の利用は可能である。第二阪奈有料道路 フレッシュアイペディアより)

  • 山田本線料金所

    山田本線料金所から見たETCETC

    一般のみ(ETCは利用不可)山田本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉西本線料金所

    千葉西本線料金所から見たETCETC

    手渡しによる通行券の受け取り(ETCは通過)。C区間(幕張IC - 宮野木JCT間)の通行料金は、当料金所における通行券をもって、出口のインターチェンジで合算して精算。千葉西本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 自動精算機

    自動精算機から見たETCETC

    岩槻IC・昭和IC・広川南IC等では通行券が挿入できるタイプの精算機が置かれ、一部のICや料金所ではETCやクレジットカード・回数券決済対応の装置が設置されている。また、新東名高速道路においては全ての一般レーンが自動精算機による対応で行われている。自動精算機 フレッシュアイペディアより)

610件中 31 - 40件表示

「ETC」のニューストピックワード