610件中 71 - 80件表示
  • 生田川出入口

    生田川出入口から見たETCETC

    当出入口 - 国道2号出入口 - 新神戸トンネル有料道路 - 7号北神戸線箕谷出入口経由で、3号神戸線の大阪方面と7号北神戸線の間に乗継制度が設定されていたが、ETC利用でない場合、料金を支払う料金所で乗継券を受け取る必要があった(出口での発行ではない)。なお、2010年(平成22年)12月18日に31号神戸山手線が湊川JCTまで開通し、3号神戸線と直結する事に伴い、乗継制度は終了となった。ただし、開通が3ヶ月程前倒しとなった事も有り、ETC車については2011年(平成23年)3月31日まで、1回分の通行料金で阪神高速の両区間に乗れる割引措置が講じられていた。その後も阪神高速と新神戸トンネルを連続利用する際の割引が継続されていたが、2012年10月より新神戸トンネルが神戸市道路公社から阪神高速道路に移管されたことに伴い、ETC通行の場合は通し料金での乗り継ぎが可能になった。生田川出入口 フレッシュアイペディアより)

  • 波除出入口

    波除出入口から見たETCETC

    当出口→1号環状線の堂島入口の間に乗り継ぎ制度がある。ETCを利用せずに乗り継ぐ場合は、乗継券を当出口の発券所で受け取ることになる。波除出入口 フレッシュアイペディアより)

  • ひよどり山有料道路

    ひよどり山有料道路から見たETCETC

    ひよどり山料金所において料金徴収を行っていた。下記の他、料金所の両脇に原付用のゲート(上下線1つずつ)があった。ETCには対応していなかった。ひよどり山有料道路 フレッシュアイペディアより)

  • 江間料金所

    江間料金所から見たETCETC

    江間料金所(えまりょうきんじょ)は、静岡県伊豆の国市北江間にある伊豆中央道の本線料金所である。機械式による24時間無人収受を行っていたが、2014年4月より有人化された。ETCは利用できない。江間料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 大和川本線料金所

    大和川本線料金所から見たETCETC

    ETC専用:3(時間帯によっては2)大和川本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 高石本線料金所

    高石本線料金所から見たETCETC

    ETC専用:4(時間帯や混雑等によってはETC/一般)高石本線料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 小松村田製作所

    小松村田製作所から見たETCETC

    1981年設立。ワンセグ・モジュールやETCモジュール、VCOといったモジュール製品の開発・生産を行なっている。小松村田製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 社会実験

    社会実験から見たETCETC

    日本で本格的に行われ始めたのは1990年代になってからで、1999年に国土交通省(当時の建設省)主導で、道路に関する施策についての日本全国規模の社会実験が初めて公募された。高速道路におけるETCの導入、またスマートIC実験について日本全国的かつ大規模な社会実験が行われている。社会実験 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の道路年表

    日本の道路年表から見たETCETC

    2001年 3月30日 - ETC(自動料金収受システム)サービスを開始。日本の道路年表 フレッシュアイペディアより)

  • 西海パールライン有料道路

    西海パールライン有料道路から見たETCETC

    西海パールライン有料道路(さいかいパールラインゆうりょうどうろ)は長崎県佐世保市から同県西海市に至る全線約5.0kmの地域高規格道路である。国道202号である西彼杵道路の一部であり、全線が自動車専用道路として供用されている有料道路である。新西海橋を除けば全線が暫定2車線による対面通行供用。普通車の通行料金は江上 - 小迎(全線)が200円、江上 - 針尾または針尾 - 小迎が100円である(2015年現在)。ETCは利用できない。西海パールライン有料道路 フレッシュアイペディアより)

610件中 71 - 80件表示

「ETC」のニューストピックワード