610件中 81 - 90件表示
  • 日産・ステージア M35

    日産・ステージア M35から見たETCETC

    2003年5月に発売。同年12月の日産自動車創立70周年を記念した特別仕様車。ベース車は「250RX」、「250RX FOUR」、「250t RX」。カラードサイドガードモール、BOSEサウンドシステム、ETCユニットが標準装備され、加えて「250RX」および「250RX FOUR」には17inホイールが特別装備された。日産・ステージア M35 フレッシュアイペディアより)

  • 三瀬トンネル有料道路

    三瀬トンネル有料道路から見たETCETC

    歩行者の通行は無料である。佐賀県道路公社では、ETCの導入は「莫大な経費がかかる」として行う予定はないとしている。三瀬トンネル有料道路 フレッシュアイペディアより)

  • 園部インターチェンジ (京都府)

    園部インターチェンジ (京都府)から見たETCETC

    沓掛方面と丹波方面とでレーンが分かれている。沓掛方面のレーンにはブースが設置されておらず、素通りする。丹波方面のレーンでは、入口・出口とも丹波IC - 当IC間の料金を支払う。ETCレーンが設置されていないため、無線通行は出来ないが、ETCカードでの精算は可能。園部インターチェンジ (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見たETCETC

    ※移動 : 新幹線と高速バス。都市圏内は自家用車(1人1台)。ガソリン高騰と高速道路通行料の低廉化(ETC各種割引)東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 京橋出入口 (兵庫県)

    京橋出入口 (兵庫県)から見たETCETC

    当出入口と5号湾岸線との間に乗り継ぎ制度が設定されている。なお、ETC利用の場合以外は、3号神戸線・31号神戸山手線・7号北神戸線に入る料金所で乗継券を受け取る必要があり、当出口では乗継券を発行しない。また、ハーバーハイウェイを経由する場合は別料金であり、同道路はETCに対応していない。京橋出入口 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 箱根料金所

    箱根料金所から見たETCETC

    山崎インターチェンジから早川を渡った場所にあり、箱根パーキングエリアに隣接していた。ETCでの利用が可能であった。三島方面から当料金所を過ぎると、箱根湯本方面、小田原市街方面、小田原箱根道路(西湘バイパス、小田原厚木道路)の三叉路の形となっている。小田原箱根道路の箱根口ICまでは規格上一般道路なため125cc以下の車両は走行可能だが、自動車専用道路である箱根新道からでなければ走行できないため、2014年現在建設中の山崎ICが完成するまでは実質的には125cc以下の車両は走行できない。箱根料金所 フレッシュアイペディアより)

  • 都電機

    都電機から見たETCETC

    カー用品店・自動車電装業の店。カーナビやETC車載器、バッテリーの通販だけでなく、自動車電装部品の修理やカーエアコンの修理も行う。都電機 フレッシュアイペディアより)

  • しあわせの村出入口

    しあわせの村出入口から見たETCETC

    出入口自体がしあわせの村に直結しているため、高速から出場する場合はしあわせの村の駐車券を取ることになる。したがって、高速流入の場合はしあわせの村の駐車料金と高速料金を同時に精算する必要がある。阪神高速の通行料金は現金またはETCカードの利用が可能だが、駐車場料金は現金または駐車場回数券での支払いとなるため、ETCレーンによるノンストップ精算はできない。なお駐車場は1時間以内に流出すれば無料となる。しあわせの村出入口 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対応の動き

    地球温暖化への対応の動きから見たETCETC

    日本の地球温暖化対策は個人や事業所の協力に頼るところが多く、政府が本気で対策で乗り出しているとは言い難い。また官庁や財界の利権や景気対策の為、地球温暖化を助長する政策すらとっており(例:高速道路のETC大幅割引等)、日本国内では経済刺激策の影でCO2削減の政策は完全に形骸化している。それを打開する為政府は闇雲に諸外国と排出量取引を進めている有様である。地球温暖化への対応の動き フレッシュアイペディアより)

  • シリウス号 (高速バス)

    シリウス号 (高速バス)から見たETCETC

    当初より「シリウス号」の愛称で運行されてきたが、2008年7月1日の出発便より系統分割・副名称化され「ドリーム八戸・十和田 (シリウス)号」と改称された。しかし2009年8月1日の出発便よりJRバス関東が撤退し、名称が再び「シリウス号」に戻された(JRバス関東の担当分は国際興業が運行)。その後、ETC休日上限1,000円割引制度で打撃を受け、2010年6月30日出発便をもって南部バスも撤退した。南部バスの撤退により、翌7月1日より運行回数も1日1往復に減便され、現在は国際興業と十和田観光電鉄の2社により運行されている。シリウス号 (高速バス) フレッシュアイペディアより)

610件中 81 - 90件表示

「ETC」のニューストピックワード