137件中 51 - 60件表示
  • ETC

    ETCから見た日本

    無線通信を利用して車両と料金所のシステムが必要な情報を交換し、料金の収受を行う。日本では一般にイーティーシーと呼ばれ、また「ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たISMバンド

    通信に利用している周波数は5.8GHz帯で、ISMバンド、アマチュア無線と共用している。通信速度は1,024kbps。ASKを使った通信方式DSRC(Dedicated Short Range Communication:専用狭域通信)が使われている。料金所のETCレーンでは80km/h、高速道路本線上または都市高速の出口などに設置されている「フリーフローETC」は180km/hの速度で通過しても通信が可能である。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た向島インターチェンジ

    西瀬戸自動車道:向島IC(西瀬戸尾道IC - 向島ICの利用車のみ:本四高速)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た北九州高速道路

    ETCレーンが閉鎖されている場合、赤信号が点灯し、黒幕〈〉の表示や白背景赤字で「」もしくは黄色背景黒文字で「」と表示される。または、一部の都市高速では「」印表示の色違い点滅や、黄色背景赤文字で「」(福岡都市高速及び北九州都市高速の場合)・赤背景白文字で「」(名古屋高速の場合)と表示される。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た大型自動車

    また、2010年に入って、前方を走る車(主に大型自動車)にピッタリと付く形で追走する、俗に『カルガモ走法』と呼ばれる手口で、ETCの支払いを免れていた人物が逮捕されている。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た大型車

    ETC利用の料金優遇が、ETC車載器による無線通行のみに限定され、ETCカードを手渡ししての支払いは対象外になった結果、時間帯によっては割引が適用された大型車よりも、車載器が存在しない二輪車の通行料金の方が高額となっていた。特例措置として2007年11月30日まで、二輪車の利用者は一部のETC割引を車載器なしで受けることができた。なお、車載器を持たない利用者向けのETCマイレージ割引の新規登録は2006年11月30日までで終了している。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た急ブレーキ

    また、安全速度の20km/hを越えた危険な速度で通過しようとしてバーが開かないために急ブレーキをした場合、違反行為となる。これによって後続車が追突した場合、交通事故の刑事、民事、行政責任を問われる。また、追突した側も責任を問われる。安全な速度でETCレーンに進入することのほかに、進入前に何らかの方法で車載器がカードを認識しているか確認する必要がある。また、一部区間では、ICの直前にカード未挿入を知らせるためのアンテナが設置されている場合もある。また、NEXCO3社では安全対策として、ETCレーンのバーの開閉速度を0.5〜1秒遅くし、過剰な速度での通行ができなくする対策を2009年3月下旬から順次開始した。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たMr.ETC

    Mr\.ETC - 首都高速ETCキャラクターETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た道路システム高度化推進機構

    なお、日本では「ETC」およびETCロゴは財団法人道路システム高度化推進機構(ORSE)の登録商標である。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た福岡西料金所

    福岡前原有料道路:福岡西TB上り福岡方面(福岡高速道路連絡)を除く全線(福岡県道路公社)ETC フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「ETC」のニューストピックワード