161件中 51 - 60件表示
  • ETC

    ETCから見た阪神高速

    ただし、ETCカードの挿し忘れや通信エラーなどで、開閉バーが開かなくても衝突せずに確実に停止可能な速度で料金所のレーンを通過しなければ危険である。各事業者は、ETCシステム利用規程などで定め、20 km/h以下の低速で料金所を通過するよう、周知活動を行った。しかし、速度超過でのレーン進入に起因するETCのブースや開閉バーを破壊する事例が相次いだため、NEXCO中日本を皮切りにNEXCO西日本・東日本をはじめ首都高速や阪神高速など多くの高速道路会社で、開閉バーの開くタイミングを遅らせることで過剰な速度での通行を防ぐ対策を順次実施している。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たダイハツ工業

    ダイハツ工業(デンソーおよびパナソニックより供給を受けている)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た首都高速

    ただし、ETCカードの挿し忘れや通信エラーなどで、開閉バーが開かなくても衝突せずに確実に停止可能な速度で料金所のレーンを通過しなければ危険である。各事業者は、ETCシステム利用規程などで定め、20 km/h以下の低速で料金所を通過するよう、周知活動を行った。しかし、速度超過でのレーン進入に起因するETCのブースや開閉バーを破壊する事例が相次いだため、NEXCO中日本を皮切りにNEXCO西日本・東日本をはじめ首都高速や阪神高速など多くの高速道路会社で、開閉バーの開くタイミングを遅らせることで過剰な速度での通行を防ぐ対策を順次実施している。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たホンダアクセス

    ホンダアクセス (三菱電機およびパナソニックから供給を受けている)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た銀行

    通行料金は毎月末日を締め日として1か月ごとに集計され、翌月27日に、申し込み時に指定した銀行の預金口座、または郵便貯金の通常貯金口座から引き落とされる。特に指定する場合を除いてNEXCO中日本が6社を代表して収納事務を行う。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たETC割引制度

    一般利用開始後も当初は、利用登録料や車載器工事費の負担があり、ETCカードの発行申し込みが必要になるなど手続きが煩雑であるため普及が鈍かった。しかし、額面が3万円や5万円の高額なハイウェイカードの偽造問題による廃止や以前の法人向け割引である別納割引に代わりETCの利用が条件の大口・多頻度割引に移行したこと、これを含め後述のETC割引制度が拡充されたこと、更には車載器の価格低下等があり、主に深夜に長時間走行する長距離トラック、それに高速バスや観光バスを中心に急速に普及した。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た道路システム高度化推進機構

    日本では一般にイーティーシーと呼ばれる ほか、「ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。「ETC」およびETCロゴは(一財)ITSサービス高度化機構(ITS-TEA)の登録商標(第4447876号ほか)である。2015年時点で、5000万台以上の自動車にETC車載機が取り付けられており、高速道路におけるETC利用率は90%を超えている。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た高速自動車国道

    ただし、これは一例であり料金が対距離料金制か均一料金か、対距離の入口か出口かによって設備構成に多少の違いがある。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たスマートインターチェンジ

    一旦停止を必要とする「スマートインターチェンジ」も実用化に向けて各地で実験が進められ、その一部は2006年10月1日から恒久化されている。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た小田原厚木道路

    1997年(平成9年)に小田原厚木道路小田原料金所で業務用車輛を対象に試験が開始され、2001年(平成13年)11月30日には、日本の高速道路において一般利用が開始された。日本では国土交通省が推進している。ETC フレッシュアイペディアより)

161件中 51 - 60件表示

「ETC」のニューストピックワード