137件中 81 - 90件表示
  • ETC

    ETCから見たハイウェイカード

    一般利用開始後も当初は、利用登録料や車載器工事費の負担があり、ETCカードの発行申し込みが必要になるなど手続きが煩雑であるため普及が鈍かった。しかし、額面が3万円や5万円の高額なハイウェイカードの偽造問題による廃止や以前の法人向け割引である別納割引に代わりETCの利用が条件の大口・多頻度割引に移行したこと、これを含め後述のETC割引制度が拡充されたこと、更には車載器の価格低下等があり、主に深夜に長時間走行する長距離トラック、それに高速バスや観光バスを中心に急速に普及した。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た郵便貯金

    通行料金は毎月末日を締め日として1か月ごとに集計され、翌月27日に、申し込み時に指定した銀行の預金口座、または郵便貯金の通常貯金口座から引き落とされる。特に指定する場合を除いてNEXCO中日本が6社を代表して収納事務を行う。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た罰金

    以上のような不正通行により、道路整備特別措置法違反(30万円以下の罰金)や電子計算機使用詐欺で検挙・書類送検・起訴される事例が発生している。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た防水

    二輪車用車載器は、小型で防水性・耐振動性を備える必要があるため、技術的課題が多くコストがかさむ。しかも、ユーザー数が四輪車よりも少なく市場規模が小さい。そのため、開発に積極的に取り組んだメーカーは少なく、二輪車用ETCを発売したのは当初JRC1社のみだった。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た福岡県道路公社

    福岡前原有料道路:福岡西TB上り福岡方面(福岡高速道路連絡)を除く全線(福岡県道路公社ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たデジタル変調

    通信に利用している周波数は5.8GHz帯で、ISMバンド、アマチュア無線と共用している。通信速度は1,024kbps。ASKを使った通信方式DSRC(Dedicated Short Range Communication:専用狭域通信)が使われている。料金所のETCレーンでは80km/h、高速道路本線上または都市高速の出口などに設置されている「フリーフローETC」は180km/hの速度で通過しても通信が可能である。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た京都簡易裁判所

    京都市内の僧侶がETCの不正通行を行ったとして検挙された事例では、一審の京都簡裁は、故意に不正を行ったかには合理的疑いがあるとして被告を無罪としたが、二審の大阪高裁は、カードが誤って挿入されていたことに気付くことは可能だったとして、被告の故意を認定し、罰金200万円の逆転有罪判決を言い渡した。さらに2013年2月に最高裁で確定した。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た一ツ葉道路

    一ツ葉道路(宮崎県道路公社)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た戸畑出入口

    若戸大橋・若戸トンネル:北九州高速道路との合併収受料金所(戸畑出入口)以外の料金所(北九州市道路公社)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た混信

    開閉バーは通信不良や車載器・路側機の故障・装着ミスなどで開かないことがある。また、環状のルートを経由しUターンしたような状態で、最初に入ったICから出るか、進行方向が限定されるICにおいて車両の走行ルートとの整合がとれない場合も開閉バーは開かないことがある。車両が電波を乱反射させることによって起こるマルチパス、利用の周波数がISM機器やアマチュア無線と共用のために起こりやすい混信によって通信不良があり、常に確実な通信ができることは保証されていない。さらに、ETCカードの入れ忘れや有効期限切れなどでバーが開かず、後続車に追突される事故も発生している。ETC フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ETC」のニューストピックワード