161件中 81 - 90件表示
  • ETC

    ETCから見た三大都市圏

    エラー時に開かなかったバーへの接触転倒を防止するため通過が可能なようにバーを短くし、二輪車専用レーンや誘導標示などの改修をおこない、四輪車の一般運用開始から3年以上が経った2005年4月28日、バイク便などのプロライダーが参加しての試験運用実施 ののち、同年11月1日、道路新産業開発機構(HIDO)がおこなった、首都圏・名古屋圏・近畿圏の三大都市圏で5,000台の一般モニターによる試行運用を経て、四輪車から遅れること約5年後の翌2006年11月1日に一般運用が始まった。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た逗葉新道

    逗葉新道・本町山中有料道路・三浦縦貫道路(神奈川県道路公社)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た北九州市道路公社

    若戸大橋・若戸トンネル:北九州高速道路との合併収受料金所(戸畑出入口)以外の料金所(北九州市道路公社ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たハーバーハイウェイ

    ハーバーハイウェイ・摩耶大橋(神戸市みなと総局)ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た富山県道路公社

    能越自動車道:小矢部東本線TBを除く全ての料金所(富山県道路公社ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た社会実験

    2003年7月19日 : 高速道路の長距離割引社会実験開始(2004年3月18日終了)。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た警察庁

    日本のETCシステムは、インターチェンジにETC専用ゲートを整備しなければならず、さらに料金割引制度を受けたい高速道路利用者が、ETC車載器・ETCカード・セットアップ費用を用意しなければいけないなど、金銭的な負担、ハード依存が大きい。そのため、世界で最も高価かつ複雑なシステムで、こんなに高価になってしまったのは、旧建設省、旧運輸省、警察庁などの省益がぶつかりあった結果で、もっと安価にすることも出来た筈だと指摘する論評もある。そのため一部の出版社や識者からは、ETC機器を製造販売する組織の既得権益ではないかという声が挙がっている。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見た高速道路

    NEXCO各社管轄の高速自動車国道や首都高速等の高速道路をETC搭載車が、ある特定の条件で利用すると通行料が割引になる。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たマルチパス

    開閉バーは通信不良や車載器・路側機の故障・装着ミスなどで開かないことがある。また、環状のルートを経由しUターンしたような状態で、最初に入ったICから出るか、進行方向が限定されるICにおいて車両の走行ルートとの整合がとれない場合も開閉バーは開かないことがある。車両が電波を乱反射させることによって起こるマルチパス、利用の周波数がISM機器やアマチュア無線と共用のために起こりやすい混信によって通信不良があり、常に確実な通信ができることは保証されていない。さらに、ETCカードの入れ忘れや有効期限切れなどでバーが開かず、後続車に追突される事故も発生している。ETC フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たハイウェイカード

    一般利用開始後も当初は、利用登録料や車載器工事費の負担があり、ETCカードの発行申し込みが必要になるなど手続きが煩雑であるため普及が鈍かった。しかし、額面が3万円や5万円の高額なハイウェイカードの偽造問題による廃止や以前の法人向け割引である別納割引に代わりETCの利用が条件の大口・多頻度割引に移行したこと、これを含め後述のETC割引制度が拡充されたこと、更には車載器の価格低下等があり、主に深夜に長時間走行する長距離トラック、それに高速バスや観光バスを中心に急速に普及した。ETC フレッシュアイペディアより)

161件中 81 - 90件表示

「ETC」のニューストピックワード