前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
212件中 1 - 10件表示
  • シャビ

    シャビから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した 。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • LDUキト

    LDUキトから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    国際舞台ではエクアドルで最も成功を収めているクラブであり、エクアドルで初めてコパ・リベルタドーレス(2008年)、コパ・スダメリカーナ(2009年)、レコパ・スダメリカーナ(2009年と2010年)を制した。国際舞台では南米の太平洋沿岸諸国(コロンビア・エクアドル・ペルー・チリ)で最も成功を収めたクラブでもあり、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の主催大会でトレブル(3冠)を達成したことのある?クラブのうちのひとつである。他の3クラブはボカ・ジュニアーズ、CAインデペンディエンテ(いずれもアルゼンチン)、SCインテルナシオナル(ブラジル)である。国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)によって南米最優秀クラブに選出された。2008年にはFIFAクラブワールドカップに出場して準優勝した。LDUキト フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国際総合競技場

    横浜国際総合競技場から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜F・マリノスのホームスタジアムでありホームゲームの多くを開催する。Jリーグに加盟する横浜FCはホームゲームを開催する場合もある。またFIFAクラブワールドカップでは日本開催大会の全てで決勝戦を開催している。横浜国際総合競技場 フレッシュアイペディアより)

  • Top of the World (CHEMISTRYの曲)

    Top of the World (CHEMISTRYの曲)から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    「約束の場所」、「遠影 feat. John Legend」に引き続き3ヶ月連続リリースされたシングル。11月発売のベストアルバム『ALL THE BEST』からのリカットシングルで、2006年内期間限定生産。FIFAクラブワールドカップ 2006年大会テーマソングとなっており、大会の決勝戦では本楽曲が披露された。Top of the World (CHEMISTRYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・セナ

    マルコス・セナから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    子供の頃のアイドルはロマーリオであった。ブラジルの名門サンパウロFCの下部組織出身で、リオ・ブランコECでプロデビューする。アメリカ-SPで活躍したために1999年にコリンチャンスに引き抜かれ、ブラジル全国選手権優勝とFIFAクラブワールドカップ優勝を経験した。レンタルに出されたジュベントゥージの次に在籍したADサンカエターノは規模の大きいクラブではなかったが、コパ・リベルタドーレスで準優勝を果たした。ADサンカエターノでともにプレーしたブランドンがいたシャフタール・ドネツクにも誘われていたが、スペインのビジャレアルCFに移籍した。マルコス・セナ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアース

    サッカーアースから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    番組はTOYOTAプレゼンツ・FIFAサッカークラブワールドカップ、FIFAワールドカップに出場する日本代表選手の話題を中心に、世界各地のサッカーの話題を司会者のナビゲートで紹介する。サッカーアース フレッシュアイペディアより)

  • エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラ

    エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    1997年から2000年まで所属したコリンチャンスでは、1998年と1999年ブラジル全国選手権連覇、2000年の世界クラブ選手権優勝の原動力として活躍、自身も1998年のボーラ・ジ・オーロと2000年の世界クラブ選手権MVPに輝いている。フラメンゴ、クルゼイロを経て、2002年W杯後に柏レイソルに復帰したが、かつてのようなキレは見られず、2003年シーズン開幕直前に急遽退団してクラブを困らせた。2006年前半にはヴァスコ・ダ・ガマにてロマーリオとの問題児2トップが実現した。エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009年夏にはインテルとの間でサミュエル・エトオとズラタン・イブラヒモビッチをトレードし、さらに4900万ユーロを支払う大型移籍を取りまとめた。また、インテルからマクスウェルを獲得し、FCシャフタール・ドネツクからドミトロ・チグリンスキーを獲得した。エイドゥル・グジョンセンはASモナコに移籍し、シウヴィーニョとアルベルト・ジョルケラは契約満了により移籍し、アレクサンドル・フレブ(→VfBシュトゥットガルト)、マルティン・カセレス(→ユヴェントス)、アルベルト・ボティア(→スポルティング・ヒホン)、ビクトール・サンチェス(→シェレスCD)などはレンタルでチームを離れた。2009-10シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャでビルバオを破り、UEFAスーパーカップでシャフタール・ドネツクを破る絶好なスタートを切り、9月25日のマラガCF戦ではFCバルセロナの監督として50勝目を積み上げた。12月19日にはクラブ初のFIFAクラブワールドカップ優勝を飾り、6つのタイトル(リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップ)を獲得した。6冠達成は史上初であった。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    8月16日、スーペルコパ・デ・エスパーニャのアスレティック・ビルバオ戦(2-1)では、67分にシャビのアシストから公式戦初得点を決め、タイトル獲得に貢献した。スーペルコパの数日後に2014年までの契約延長に合意し、違約金は6000万ポンドに設定された 。UEFAスーパーカップのFCシャフタール・ドネツク戦(1-0)では80分にズラタン・イブラヒモビッチとの交代で試合に出場し、延長戦で決勝点を決めた。9月28日、UEFAチャンピオンズリーググループリーグのFCディナモ・キエフ戦(2-0)のハーフタイムにアンドレス・イニエスタとの交代で出場し、その後同大会初得点を決めた。ペドロはこの後も好調を続け、10月3日のUDアルメリア戦(1-0)では決勝点を決め、10月28日のコパ・デル・レイ、ベスト32のCDレオネサ戦(2-0)では2試合で3得点を決めた。レギュラーの地位を不動のものとしたペドロは、11月7日のRCDマジョルカ戦(4-2)でも2得点し、11月24日にはUEFAチャンピオンズリーグのインテル戦でもチームの2点のうち1点を決めた。12月にはFIFAクラブワールドカップに出場し、準決勝のアトランテFC戦(3-1)で決めた得点は大会通算100得点となる節目の得点であった。2009年には国内の3大会(リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ)と国外の2大会(UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ)でも得点しており、1シーズンの間に6大会でゴールを決めた初めての選手となった。決勝ではエストゥディアンテスに勝利して優勝し、Goal.comが選出するワールド・プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれた。2010年にクラブが出場した6大会すべてで得点を挙げ、全公式戦で13ゴールを奪った。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • フーラッド・モバラケ・セパハンFC

    フーラッド・モバラケ・セパハンFCから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2006-2007年のシーズンでは、リーグ戦5位に終わった。しかし、2004年、2005年以来3度目のACL出場で初のグループリーグ突破を果たし、決勝トーナメントに進出。川崎フロンターレ、アル・ワフダに勝って決勝まで進んだが、決勝で浦和レッズに敗れ準優勝に終わった。しかし、開催国は1クラブのみの出場という原則から、セパハンが開催国枠としてFIFAクラブワールドカップに出場することが決定した。再度、FIFAクラブワールドカップで浦和レッズと当たったが、再び敗れた。フーラッド・モバラケ・セパハンFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
212件中 1 - 10件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード