前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
255件中 1 - 10件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    国際大会においてもFIFAクラブワールドカップ(2016年)において準優勝の成績を収めている。これはFIFAクラブワールドカップにおいてアジアサッカー連盟 (AFC) 所属のクラブが決勝に進出した唯一の例である。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    6度のリーグ制覇、3度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇、2度のFIFAクラブワールドカップ制覇、3度のUEFAスーパーカップ制覇、3度の国内カップ戦制覇の他、スペイン代表の2010 FIFAワールドカップやUEFA EURO 2012の優勝メンバーでもある。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009年夏にはインテルとの間でサミュエル・エトオとズラタン・イブラヒモビッチをトレードし、さらに4900万ユーロを支払う大型移籍を取りまとめた。また、インテルからマクスウェルを獲得し、FCシャフタール・ドネツクからドミトロ・チグリンスキーを獲得した。エイドゥル・グジョンセンはASモナコに移籍し、シウヴィーニョとアルベルト・ジョルケラは契約満了により移籍し、アレクサンドル・フレブ(→VfBシュトゥットガルト)、マルティン・カセレス(→ユヴェントス)、アルベルト・ボティア(→スポルティング・ヒホン)、ビクトール・サンチェス(→シェレスCD)などはレンタルでチームを離れた。2009-10シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャでビルバオを破り、UEFAスーパーカップでシャフタール・ドネツクを破る絶好なスタートを切り、9月25日のマラガCF戦ではFCバルセロナの監督として50勝目を積み上げた。12月19日にはクラブ初のFIFAクラブワールドカップ優勝を飾り、6つのタイトル(リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップ)を獲得した。6冠達成は史上初であった。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2011-12シーズンも開幕から得点を量産し、2011年9月28日のチャンピオンズリーグ・BATEボリソフ戦で2得点を挙げ、ラディスラオ・クバラと並びクラブ史上2位タイとなる公式戦通算194得点とすると、10月25日のラシン・サンタンデール戦で2得点を挙げ、単独2位となった。2011年12月18日に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝のサントスFC戦ではブラジルの新星ネイマールとのエース対決に注目が集まったが、試合は終始バルセロナがサントスを圧倒し、4-0のスコアで勝利した。メッシ自身も2得点の活躍で大会MVPを受賞し、チームの2年ぶり2度目の大会制覇に貢献した。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した 。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国際総合競技場

    横浜国際総合競技場から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2002 FIFAワールドカップ本大会会場であり、大会の決勝戦が開催された会場であり、同大会で日本代表がW杯初勝利を挙げた会場でもある。また、FIFAクラブワールドカップ日本大会の決勝戦会場にもなっている。横浜国際総合競技場 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2017年12月にアブダビで行われたFIFAクラブワールドカップでは、アル・ジャジーラ・クラブとの準決勝で試合唯一となるゴールを奪った。決勝となる南米代表のグレミオとの一戦でも、後半8分に自らのフリーキックから先制すると、この得点が決勝点となり、チームは大会史上初の2連覇を成し遂げた。これによりクラブワールドカップでの総得点数を7としたロナウドは、大会最多得点記録を更新した。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • CFモンテレイ

    CFモンテレイから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    クラウスーラ2003の決勝ではモナルカス・モレリアを2試合合計3-1で破って2度目のリーグ優勝を決めた。2009年1月に就任したビクトル・マヌエル・ブセティッチ監督政権下で黄金期を迎え、アペルトゥーラ2009の決勝ではクルス・アスルを2試合合計6-4で破って3度目のリーグ優勝を決めた。アペルトゥーラ2009の優勝メンバーには得点王のウンベルト・スアソに加えてフェリペ・バロイなどもいた。アペルトゥーラ2010ではスアソやイラム・ミエールなどが傑出した活躍を見せ、サントス・ラグーナを2試合合計5-3で破って4度目のリーグ優勝を果たした。2010-11シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグではデポルティーボ・サプリサ(コスタリカ)、CDマラトン(ホンジュラス)、シアトル・サウンダースFC(アメリカ)と同組となり、5勝1分の勝ち点16で決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝ではトルーカ、準決勝ではクルス・アスルと、2ラウンド続けてメキシコのクラブを破り、アウェーで行われた決勝のレアル・ソルトレイク(アメリカ)戦ファーストレグは2-2の引き分けだった。レアル・ソルトレイクはホームでの公式戦37連勝中(2年近く無敗)だったが、セカンドレグではスアソが試合唯一の得点を挙げ、2試合合計3-2でレアル・ソルトレイクを破った。同大会初優勝を決め、1993年以来となる国際タイトルを獲得した。2011年12月には日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに初出場したが、初戦で柏レイソル(日本、開催国代表)にPK戦の末に敗れ、5位決定戦ではエスペランス(チュニジア、アフリカ代表)に3-2で勝利した。2011-12シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ・グループリーグではシアトル・サウンダース、CSDコムニカシオネス(グアテマラ)、CSエラディアーノ(コスタリカ)と同組となり、4勝2敗の勝ち点12で首位通過した。準々決勝ではモレリアを2試合合計7-2で、準決勝ではUNAM(メキシコ)を2試合合計4-1で下すと、3連続でメキシコのクラブとの対戦となった決勝では、サントス・ラグーナを2試合合計3-2で破って2連覇を果たした。ファーストレグではスアソが2得点して2-0で勝利し、スアソが累積警告で出場停止となったセカンドレグは1-2で敗れたが、2試合合計スコアでかろうじて逃げ切った。2000年代後半はクラブ史上最も大きな成功を収めた期間とされている。CFモンテレイ フレッシュアイペディアより)

  • Top of the World (CHEMISTRYの曲)

    Top of the World (CHEMISTRYの曲)から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    「約束の場所」、「遠影 feat. John Legend」に引き続き3ヶ月連続リリースされたシングル。11月発売のベストアルバム『ALL THE BEST』からのリカットシングルで、2006年内期間限定生産。FIFAクラブワールドカップ 2006年大会テーマソングとなっており、大会の決勝戦では本楽曲が披露された。Top of the World (CHEMISTRYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラ

    エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    1997年から2000年まで所属したコリンチャンスでは、1998年と1999年ブラジル全国選手権連覇、2000年の世界クラブ選手権優勝の原動力として活躍、自身も1998年のボーラ・ジ・オーロと2000年の世界クラブ選手権MVPに輝いている。フラメンゴ、クルゼイロを経て、2002年W杯後に柏レイソルに復帰したが、かつてのようなキレは見られず、2003年シーズン開幕直前に急遽退団してクラブを困らせた。2006年前半にはヴァスコ・ダ・ガマにてロマーリオとの問題児2トップが実現した。エジウソン・ダ・シルバ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
255件中 1 - 10件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード