212件中 91 - 100件表示
  • 岡山一成

    岡山一成から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009年、所属は未定のままであるが引退はせず、オフ期間には自身がオーナーであるブラジル料理店barracão da mocidade1で働きながらJリーガー復帰を目指していた。その後、韓国Kリーグの浦項スティーラースに練習生として練習参加していることが本人のブログで明かされており、同年7月14日、浦項と契約した。8月22日の全北現代戦でKリーグデビュー、8月26日にピースカップでFCソウル戦に途中交代でDFながらFWとして出場しKリーグ初得点を決めた。同年12月にUAEで開催されたFIFAクラブワールドカップでは2試合に出場。3位決定戦のアトランテFC戦ではゲームキャプテンとして先発出場し、チームの3位入賞に貢献した。岡山一成 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・テベス

    カルロス・テベスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2007年にマンチェスター・ユナイテッドFCに2年間の期限付き移籍が決定した。2007-08シーズンはクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーとともに、マンチェスター・ユナイテッドの2冠(プレミアリーグ・UEFAチャンピオンズリーグ)に貢献。39試合に出場し19得点を挙げた。シーズン前、ウェイン・ルーニーとの共存は不可能ではないかとされていたが、プレミアリーグ屈指のコンビであると試合で証明した。2008年12月に行われたFIFAクラブワールドカップで優勝したため、南米・欧州の両代表で同タイトルを獲得した史上初の選手となった。カルロス・テベス フレッシュアイペディアより)

  • 地元応援バラエティ このへん!!トラベラー

    地元応援バラエティ このへん!!トラベラーから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    ※2009年12月15日、2010年12月14日は『FIFAクラブワールドカップ』の中継のため放送せず。地元応援バラエティ このへん!!トラベラー フレッシュアイペディアより)

  • シェイク・ザイード・スタジアム

    シェイク・ザイード・スタジアムから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    スタジアムはザイード・スポーツ・シティ内にあり、1982年に建設。周辺にはテニススタジアム、アイスホッケー場、ボウリング場がある。2003年にFIFAユースW杯、1996年のアジア杯決勝、ガルフカップなどが開催された。2009年と2010年にはクラブW杯の決勝会場として使用された。2013年開催のFIFA U-17ワールドカップでも使用予定。シェイク・ザイード・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • コリンチャンス

    コリンチャンスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    ブラジル全国選手権優勝5回、コパ・ド・ブラジル優勝3回、サンパウロ州選手権優勝26回、FIFAクラブ世界選手権(現・FIFAクラブワールドカップ)優勝2回等数々のタイトルを獲得する、ブラジル国内ではリオデジャネイロのCRフラメンゴに次いで、2番目に人気のあるクラブで、サンパウロ州では1番、人気のあるチームである。熱狂的なサポーターを多く抱えることでも有名。コリンチャンス フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2011年に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップのアル・サッド戦で左足を骨折し、スペインに帰国してバルセロナで手術を行なった。手術前に航空機で日本からバルセロナへ移動する必要があったが、この移動は非常にリスクの高い選擇であった。骨折した状態で高度12,000mに上昇するということは、傷ついた血管や組織を急激な気圧の変化にさらすことになる。「最悪、脚を失う可能性もあった」と、ビジャの手術を担当したラモン・クガット医師が、スペインのTV局『ラ・セクスタ』のインタビューで「無事復帰した今だから言える話」として発言をしている。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • 亘崇詞

    亘崇詞から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2001年、高原直泰がボカ・ジュニアーズ入りした際には通訳を務める。また、ボカがトヨタカップ(2000年、2001年、2003年)やFIFAクラブワールドカップ(2007年)などで来日した際にはチームの通訳として同行している。元ボカの選手であったこともあり、通訳として帯同しているにもかかわらず選手と一緒に練習に参加することもあった。亘崇詞 フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス

    エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2006 FCバルセロナ FIFAクラブワールドカップ - 準優勝エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    11月14日に行われたACL決勝でも先制点を決め、大会MVPに選出された。12月10日のFIFAクラブワールドカップ準々決勝フーラッド・モバラケ・セパハンFC戦で先制点を挙げ、同大会史上初の日本人スコアラーとなった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・アウトゥオリ

    パウロ・アウトゥオリから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    現役時代は国内リーグでプレーし、1986年の引退後はブラジルとポルトガルで指導者経験を積む。監督としての才能が本格的に開花し出したのは40歳を過ぎてからで、1997年にクルゼイロECでコパ・リベルタドーレスを獲得する。2001年と2002年にはアリアンサ・リマとスポルティング・クリスタルでペルー選手権を自身2連覇し、その実績を買われて2003年にはペルー代表監督を務めた。その後、2005年にはサンパウロFCで2度目のコパ・リベルタドーレスを獲得。この年から6大陸王者の対抗戦になったFIFAクラブワールドカップも、決勝戦で欧州王者のリヴァプールFCを破って優勝した。パウロ・アウトゥオリ フレッシュアイペディアより)

212件中 91 - 100件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード