212件中 11 - 20件表示
  • テレビタミン

    テレビタミンから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    12月18日:「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ」5位決定戦の中継放送(16:00より放送)のため、放送休止。テレビタミン フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・ヨーク

    ドワイト・ヨークから見たFIFAクラブ世界選手権FIFAクラブワールドカップ

    母国クラブでプレーしていた1990年にトリニダード・トバゴを訪れたグレアム・テイラーに才能を発掘されアストン・ヴィラFCへ入団、FAプレミアリーグデビューを果たした。3シーズンでチームの大黒柱となり2度のFAカップ優勝に貢献した。その後、マンチェスター・ユナイテッドFCに当時のチーム最高金額となる1260万ポンドで移籍。容姿がよく似たアンディ・コールと「双子」コンビを組み18ゴールを挙げ得点王になる。さらにUEFAチャンピオンズリーグでも8ゴールを挙げ活躍した。その後、数年に渡って活躍を見せるとブラックバーン・ローヴァーズFCへ移籍、ここで再びコールとコンビを組みチームに貢献した。Aリーグの発足と共にオーストラリアでプレーし、2005年のFIFAクラブ世界選手権では三浦知良らとともに来日した。ドワイト・ヨーク フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ルガーノ

    ディエゴ・ルガーノから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    少年時代はCAトレス・エスキナス・カネローネス、CAリベルタでプレーし、18歳だった1998年、リベルタからデビューした。1999年にナシオナルに移籍し、1999-2000シーズンに プリメーラ・ディビシオンで優勝した。プラサ・コロニアを経て、2003年にブラジルのサンパウロFCに移籍。オズワルド・オリヴェイラ監督の意見を聞かずに、マルセロ・ポルトゥガル・ゴウベイア会長が独断で獲得を決めたため、ルガーノはhomem do president(会長の男)と呼ばれた。2003年末にオリヴェイラ監督が退任すると、ルガーノの出場機会は増加。2004年にはリーグのベストイレブン(ボーラ・ジ・プラッタ)と最優秀ディフェンダー賞を獲得し、2005年にはサンパウロ州選手権、コパ・リベルタドーレス、FIFAクラブワールドカップの3冠に貢献した。FIFAクラブワールドカップでは最優秀選手賞を受賞し、同年には南米最優秀ディフェンダーにも選出された。リーダーシップや対人プレーの強さがサポーターの人気を得て、クラブとも良好な関係を築いた。2006年のコパ・リベルタドーレスでは準優勝に貢献した。ディエゴ・ルガーノ フレッシュアイペディアより)

  • インターコンチネンタルカップ (サッカー)

    インターコンチネンタルカップ (サッカー)から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2004年の大会を最後にそれまで2000年の1度しか開催されていなかったFIFAクラブ世界選手権(その後FIFAクラブワールドカップに改称)に統合する形で終了した。インターコンチネンタルカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 豊田スタジアム

    豊田スタジアムから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    名称については、豊田市に所在するスタジアムという意味であり、トヨタ自動車株式会社及びグループ各社の命名権によるものではない(名称の表記が「トヨタスタジアム」、「TOYOTAスタジアム」ではない。ただし、英文表記は"TOYOTA STADIUM"である)。ただし豊田市という名称は、トヨタ自動車と共に発展した市の歴史を踏まえ、挙母市から改まったという経緯があるため、関連性は大きく、またアウェー側サイドスタンドとバックスタンドの4階席部分に「TOYOTA」の文字が刻まれている他、トヨタ自動車グループのスポンサー看板も多く設置されている。そのため、2005年から開催のFIFAクラブワールドカップでは、トヨタ自動車がスポンサーであることもあり、日本での開催時の会場の一つになっている。豊田スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • コパ・リベルタドーレス

    コパ・リベルタドーレスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    南米サッカー連盟に加盟する10カ国の国内リーグ戦の上位チーム(国によって選出の仕方が異なる場合もある)による、南米最強クラブを決定するカップ戦。1960年から行われている。優勝チームには12月のFIFAクラブワールドカップ(旧トヨタカップ)への出場権が与えられる。1998年からトヨタ自動車、2008年からはスペインのサンタンデール銀行が冠スポンサーとなり、コパ・トヨタ・リベルタドーレスの大会名称となっていたが、2013年からはブリヂストンが冠スポンサーとなっている。なお、スペイン語で「リベルタドーレス」とは19世紀のラテンアメリカ諸国における独立運動の指導者たちのことであり(意訳すれば「解放者」か)、彼らを記念した大会の名称となっている。コパ・リベルタドーレス フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2007年12月、日本で開催されたクラブW杯の記者会見に出席、引退後初めての公式会見となった。その席でFIFAのブラッター会長は、中田が世界50カ国、150都市以上を旅し、国連のプログラムに協力しながら、サッカーを通じた社会貢献活動を続けていることを高く評価し、世界で16人目となるFIFA親善大使への就任を要請したことを発表。中田は今後FIFAと共にさまざまな活動をしていく考えを述べ、要請を受諾した。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ

    ワールドカップから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    等の理由による。因みに、クラブ別の世界選手権は『FIFAクラブワールドカップ』と称する。ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    スポーツ観戦も趣味としており、仕事で家を空ける時以外は、例え深夜であろうとBSやCSのスポーツ中継をリアルタイムで観戦している。サッカーのヨーロッパの各リーグおよびUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ・野球のMLB・アメリカンフットボールのNFL・バスケットボールのNBA・アイスホッケーのNHL・テニスの四大大会・ゴルフのメジャートーナメントなどジャンルは幅広い。オリンピックやサッカーFIFAワールドカップが開催される際にはテレビ中継は当然のこと、キャスターを務め現地で観戦することも多く、トヨタカップ(現在はFIFAクラブワールドカップ)では、中継のゲストとして毎年現地で観戦している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 宮川類

    宮川類から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    3歳の時に叔父の高田修がコーチを務める地元の少年サッカークラブ「トラベッソ」で本格的にサッカーを始めた。2006年12月、FIFAクラブワールドカップ決勝戦バルセロナ対インテルナシオナル戦を観戦したのがきっかけでスペイン留学を決意。宮川類 フレッシュアイペディアより)

212件中 11 - 20件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード