212件中 71 - 80件表示
  • FIFAクラブ世界選手権2001

    FIFAクラブ世界選手権2001から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブ世界選手権2001()は、2001年にスペインで開催される予定だったFIFAクラブ世界選手権である。FIFAクラブ世界選手権2001 フレッシュアイペディアより)

  • モクスペ

    モクスペから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2007年12月6日と12月13日、2008年12月11日と12月18日は、2週にわたり「FIFAクラブワールドカップ」に関する特番、2008年8月21日は「北京オリンピック中継」を放送したため休止した。モクスペ フレッシュアイペディアより)

  • テレビ宣言

    テレビ宣言から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ(以下CWC)開催期間中は第3部に「Newsリアルタイム」のCWC関連のコーナーをネットする。テレビ宣言 フレッシュアイペディアより)

  • ミラグロス・カブラル

    ミラグロス・カブラルから見た世界クラブ選手権FIFAクラブワールドカップ

    12月に国内クラブのMiradorに移籍し、FIVB世界クラブ選手権に出場し、4位となっている。ミラグロス・カブラル フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木健 (アナウンサー)

    鈴木健 (アナウンサー)から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    スポーツ中継(サッカー=全国高校サッカー選手権大会・FIFAクラブワールドカップ、ボクシング世界タイトルマッチ=ダイナミックグローブシリーズなど)鈴木健 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎雅人

    山崎雅人から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2008年、G大阪に完全移籍する。リーグ戦での出場機会は少ないながらも、AFCチャンピオンズリーグで5得点の大活躍で苦しむチームを救い、ACL優勝に貢献した。同年のFIFAクラブワールドカップでもマンチェスター・ユナイテッドとCFパチューカ戦で得点をあげている。2009年の天皇杯制覇にも貢献した。山崎雅人 フレッシュアイペディアより)

  • ファビアーノ・エレル

    ファビアーノ・エレルから見たクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    ヴァスコ・ダ・ガマ、インテルナシオナルで二度の南米チャンピオンを経験したブラジル国内屈指のセンターバック。左足のミドルパスやロングパスの精度が高く攻撃において力を発揮することができる。ラインコントロールやカバーリング能力に長け、また一対一の守備やヘディングも強い。2006年にクラブワールドカップにおいて評価を高めスペインのアトレティコ・マドリードにも移籍したがここでは本来の能力を発揮できずに、サントスFCに移籍してブラジル国内に復帰している。ファビアーノ・エレル フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ファビオ・アルヴェス・アゼヴェード

    ジョゼ・ファビオ・アルヴェス・アゼヴェードから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    サンパウロFC時代の2005年にFIFAクラブ世界選手権で世界一に輝く。翌2006年にはカンピオナート・ブラジレイロのベストイレブンに選ばれた。ジョゼ・ファビオ・アルヴェス・アゼヴェード フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カミーリョ・デ・ブリト

    ファビオ・カミーリョ・デ・ブリトから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2004年8月、坪井慶介の負傷でDF陣が手薄となった浦和レッドダイヤモンズへ移籍した。加入直後から田中マルクス闘莉王、アルパイ・オザランと共に強固な3バックを形成し、セカンドステージの優勝に貢献した。だが、2005年は度重なる故障に悩まされ、出場機会が激減し、最終的には10月2日のセレッソ大阪戦で左ひざ前十字靭帯断裂の重傷を負ってしまい、それ以降このシーズンは出場することが出来なかった。2006年は半年契約で残留し、前半戦はリハビリに専念した。その後、契約を半年間延長し、10月7日のジェフユナイテッド千葉戦で約1年ぶりに公式戦復帰を果たした。これ以降は坪井慶介、堀之内聖とDF陣に負傷者が続出したこともあり先発に定着し、初のリーグ優勝、天皇杯連覇に貢献した。2007年は当初、契約満了にて退団がほぼ決定していたが、浦和が獲得を目指していたブラジル人DFアレックス・シウバとの交渉が不調に終った事もあり、この年も半年契約で残留し、夏に前年と同じく半年間契約を延長した。そして2007年12月17日、クラブワールドカップ2007の3位を置きみやげに、契約満了にて浦和レッドダイヤモンズを退団、帰国した。2008年からは コリチーバでプレーしている。ファビオ・カミーリョ・デ・ブリト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ステカネロ・セルケイラ

    ワシントン・ステカネロ・セルケイラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    また、Jリーグ在籍3年目を迎えた事によって対戦相手のワシントンに対する研究が進み、マークが厳しくなった影響で前年までの爆発的な得点力を発揮出来なくなっていた。結局、これらがきっかけとなり、AFCチャンピオンズリーグ制覇やFIFAクラブワールドカップでの3位獲得に貢献したものの、クラブは契約更新を行わず、浦和を退団した。ワシントン・ステカネロ・セルケイラ フレッシュアイペディアより)

212件中 71 - 80件表示