255件中 81 - 90件表示
  • オレゲール・プレサス

    オレゲール・プレサスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2006 FCバルセロナ FIFAクラブワールドカップ - 準優勝オレゲール・プレサス フレッシュアイペディアより)

  • go!go!ガールズ

    go!go!ガールズから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    12月11日に開幕したFIFAクラブワールドカップ2008の関連番組『日テレ55 FIFAクラブワールドカップいよいよ開幕SP!』及び12月21日の『日テレ55 FIFAクラブワールドカップ決勝直前情報』、総集編「FIFAクラブワールドカップ 総集編」に出演した。11月17日深夜〜12月19日深夜において、担当したCWC番宣ミニ番組が、CWCフィラーとして放送されている。go!go!ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • チーム・ウェリントンFC

    チーム・ウェリントンFCから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2015-16年、2016-2017年シーズンと、2年連続でニュージーランド・フットボールチャンピオンシップを制しているが、OFCチャンピオンズリーグでは2015年、2016年、2017年と3年連続でオークランド・シティFCと決勝戦で対戦するもすべて敗れ、惜しくもFIFAクラブワールドカップの出場を逃している。チーム・ウェリントンFC フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木健 (アナウンサー)

    鈴木健 (アナウンサー)から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    スポーツ中継(サッカー=全国高校サッカー選手権大会・FIFAクラブワールドカップ、ボクシング世界タイトルマッチ=ダイナミックグローブシリーズなど)鈴木健 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • ファウジ・ベンザルティ

    ファウジ・ベンザルティから見たクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2013年にモロッコで行われたクラブワールドカップで、当時無名だったラジャ・カサブランカを率いて決勝まで導き、旋風を巻き起こしたことでも知られている監督。そのままサッカーモロッコ代表の監督就任オファーもあったが、断りモロッコを去った。ファウジ・ベンザルティ フレッシュアイペディアより)

  • TPマゼンベ

    TPマゼンベから見たクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    CAFチャンピオンズリーグ2011では予備予選で敗退してしまい、3連覇はならなかった。しばらく優勝から遠ざかっていたが、CAFチャンピオンズリーグ2015では5年ぶりの優勝を果たし、クラブワールドカップへの5年ぶりの出場を決めた。TPマゼンベ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ジョゼ

    マヌエル・ジョゼから見たクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    1977年から監督業に就き、スポルティングCPやSLベンフィカ等ポルトガルの多くのチームを率いた。彼の最大の成功は母国ポルトガルではなく、エジプトのアル・アハリでのことである。CAFチャンピオンズリーグでの4度の優勝、2004年から2009年までのリーグ戦5連覇、2006年のクラブワールドカップ第3位等の成績を残した。2006年にはトレブルを達成している。2009年にはアル・アハリを退団し、2010年からはアル・イテハドの監督となったが数か月で辞任。2012年7月、テヘランのペルセポリスの監督に就任した。マヌエル・ジョゼ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・バルガス

    ファビアン・バルガスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    ユースから所属したアメリカ・デ・カリにてリーグ3連覇など頭角を現す。2001年に母国で行われたコパ・アメリカでは初優勝に貢献した。2003年にコロンビア選手と縁の深いボカ・ジュニアーズに移籍。多くのタイトルこそ獲得するが、プレーは不安定で微妙な時期が続いた。2006年からはブラジルのSCインテルナシオナウへと期限付き移籍となった。FIFAクラブワールドカップ2006決勝では後半から出場、2度目の世界チャンピオンに輝いた。2007年夏にボカに復帰。2年連続でFIFAクラブワールドカップのため来日したが、初戦のエトワール・サヘル戦で退場した。2008年にはカルロス・イスチア監督の信頼を勝ち得て、スタメンとして活躍している。ファビアン・バルガス フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・エマヌエル

    ペドロ・エマヌエルから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2002年夏にはSLベンフィカがエマヌエルの獲得レースに勝利するかと思われたが、彼はジョゼ・モウリーニョ監督率いるFCポルトと契約した。ジョルジュ・コスタ、リカルド・カルバーリョ、パウロ・フェレイラ、ヌーノ・ヴァレンテなどとともに形成された強力な守備陣の中でも、彼は常に献身的なプレースタイルでモウリーニョ監督からの信頼を得た。2002-03シーズンにはUEFAカップで優勝し、2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝したが、セルティックFC(スコットランド)と戦った前者、ASモナコ(フランス)と戦った後者いずれの決勝にも出場した。2004年夏にはモウリーニョ監督がチェルシーFC監督に就任したが、エマヌエルはレギュラーの座を離さず、同年12月のインターコンチネンタルカップ・オンセ・カルダス(コロンビア)戦(0-0、PK8-7)では彼が蹴ったPKが勝敗を決めた。同大会は2005年からFIFAクラブワールドカップに移行したため、名称変更前の同大会で最後にボールに触った選手となった。ペドロ・エマヌエル フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・サベーラ

    アレハンドロ・サベーラから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2009年3月15日、レオナルド・アストラーダ監督の後を引き継いでエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタの監督に就任し、アシスタントコーチにはサベーラと同じくエストゥディアンテスでのプレー経験があるやクラウディオ・グナリを起用した。アストラーダ政権下のコパ・リベルタドーレスでは1勝2敗と苦しんでいたが、すぐにチームを立て直してグループリーグ2位で決勝トーナメントに進出し、パラグアイのクラブ・リベルタ、ウルグアイのナシオナル・モンテビデオ、ウルグアイのデフェンソール・スポルティングを倒して決勝に進出した。GKマリアーノ・アンドゥハルやMFフアン・セバスティアン・ベロンを軸にして堅守のチームを作り上げ、決勝ではクルゼイロECに勝利してエストゥディアンテスを39シーズンぶりの優勝に導いた。2009年12月にはFIFAクラブワールドカップに出場し、決勝のFCバルセロナ戦では高い位置からプレスをかける攻撃的な戦術で前半は優勢に試合を進めたが、89分に同点に追いつかれ、延長戦の末にヨーロッパ王者に屈した。2010年6月から7月にはFWマウロ・ボセーリやDFマルコス・アンヘレリ等の主力を失ったが、若手のマルコス・ロホやフェデリコ・フェルナンデスを抜擢して穴を埋め、2010アペルトゥーラで優勝を果たした。2011年2月2日、エストゥディアンテス監督の辞任を決意し、選手やクラブ首脳陣から引き留められたために再考したが、2月3日に正式に辞任を発表した。アレハンドロ・サベーラ フレッシュアイペディアより)

255件中 81 - 90件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード