212件中 81 - 90件表示
  • ニューススクランブル

    ニューススクランブルから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2007年からは、12月のFIFAクラブワールドカップ期間限定で、普段はネットで受けない『NEWSリアルタイム』のスポーツコーナー「リアルSPORTS」の一部を天気予報の直前に挿入していた(クラブワールドカップ情報のみ)。このため、当番組では、放送開始時間を18:12に繰り上げ。開始前に45秒のステーションブレイクを追加していた。ニューススクランブル フレッシュアイペディアより)

  • NNN Newsリアルタイム

    NNN Newsリアルタイムから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2007年度よりFIFAクラブワールドカップ開催時はオープニングをカットし、前半の2分間は通常通り放送し、後半の5分間はW杯関連の情報を放送。なお、後半は全国ネットとなるため、全国ニュース枠が通常より4分短い18:12までとなった。NNN Newsリアルタイム フレッシュアイペディアより)

  • カッシオ・ラモス

    カッシオ・ラモスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2012年、ブラジルのコリンチャンスに移籍し、コパ・リベルタドーレスおよびFIFAクラブワールドカップ制覇に貢献。後者では数々の好セーブを決め、MVPに当たるゴールデンボールを受賞した。カッシオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • 熱田眞

    熱田眞から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    クイーンズ・パーク・レンジャーズFCに所属する朴智星とは親友であり、朴智星がクラブワールドカップで来日した際には特集番組にも出演した。熱田眞 フレッシュアイペディアより)

  • ネマニャ・ヴィディッチ

    ネマニャ・ヴィディッチから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    各国クラブが続々オファーする中、2006年1月にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍が決定。移籍金は約700万ポンド。移籍後はすぐにプレミアのサッカーにも順応し、リオ・ファーディナンドと鉄壁のCBコンビを形成。2007-08シーズンはチームのリーグ、CL制覇に貢献。2008-09シーズンはガンバ大阪戦で先制点を奪うなどFIFAクラブワールドカップ優勝に貢献。プレミアリーグではチームの14試合連続無失点の記録を全試合に出場して築きあげるなど、リーグ屈指のディフェンダーとなった。リーグ3連覇や2年連続CL決勝進出にも貢献しPFA年間最優秀選手賞の受賞も有力視されたが、大一番となったリヴァプールFC戦で決定的なミスを犯したことなどから同僚のライアン・ギグスに受賞を譲る。しかしその後、サポーターの選ぶチーム年間最優秀選手に選ばれた。ネマニャ・ヴィディッチ フレッシュアイペディアより)

  • セサル・デルガド

    セサル・デルガドから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    2011年6月10日、メヒコ・プリメーラ・ディビシオンのCFモンテレーに移籍。2011-12シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグでは2連覇を果たし、2012年12月には日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに出場した。セサル・デルガド フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・コリカ

    スティーブ・コリカから見た世界クラブ選手権FIFAクラブワールドカップ

    2005年から、シドニーFCへ移籍すると10番をつけ、主力として活躍した。同年にはリーグ優勝に貢献。また同年にはドワイト・ヨークや三浦知良と共に世界クラブ選手権出場のため来日した。2006年8月16日、AFCアジアカップ2007予選に久しぶりにA代表に招集されている。その後もシドニーFCで主力として活躍後、2010年をもって引退。スティーブ・コリカ フレッシュアイペディアより)

  • エストゥディアンテス

    エストゥディアンテスから見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    1994年にはクラブにとって2回目となるプリメーラB・ナシオナル(2部)降格を経験したが、若き日のマルティン・パレルモらがいたチームは翌年にプリメーラ・ディビシオン(1部)に復帰した。1993年にはJ・R・ベロンの息子のフアン・セバスティアン・ベロンがデビューし、ヨーロッパの強豪クラブを渡り歩いた後に2006年にエストゥディアンテスに復帰した。ディエゴ・シメオネ監督が率いたアペルトゥーラ2006はボカ・ジュニアーズを追いかける展開だったが、優勝決定戦でボカを破って23年ぶりのリーグ優勝を果たした。2008年のコパ・スダメリカーナではボタフォゴFR(ブラジル)やアルヘンティノス・ジュニアーズ(アルゼンチン)を破り、決勝でSCインテルナシオナル(ブラジル)に敗れたものの準優勝した。2009年には第50回目のコパ・リベルタドーレスに出場し、グループリーグを2位通過すると、準々決勝でデフェンソール・スポルティング(ウルグアイ)を、準決勝でナシオナル・モンテビデオを破って決勝に進出。決勝はグループリーグで首位を譲ったクルゼイロECとの対戦となった。ホームでのファーストレグはスコアレスドローに終わり、アウェーでのセカンドレグは先制点を許す苦しい展開だったが、ガストン・フェルナンデスとマウロ・ボセッリの得点で逆転して39年ぶり4回目の優勝を果たし、親子二代での南米制覇となったJ・S・ベロンが大会最優秀選手に輝いた。同年12月にはアラブ首長国連邦で開催されたFIFAクラブワールドカップに出場したが、FCバルセロナ(スペイン)に敗れた。エストゥディアンテス フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ2011

    FIFAクラブワールドカップ2011から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップ2011()は、2011年12月8日から12月18日にかけて、日本で開催された第8回目のFIFAクラブワールドカップである。日本での開催は3年ぶり5回目となった。FIFAクラブワールドカップ2011 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ2012

    FIFAクラブワールドカップ2012から見たFIFAクラブワールドカップFIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップ2012()は、2012年12月6日から12月16日にかけて、日本で開催された第9回目のFIFAクラブワールドカップである。日本での開催は通算6回目である。FIFAクラブワールドカップ2012 フレッシュアイペディアより)

212件中 81 - 90件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード