75件中 21 - 30件表示
  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たBS日本

    2003年大会から2015年大会までは日本テレビ系列(地上波)にて全試合全国放送されていた(原則生放送、海外開催の一部試合は編成の都合上録画放送)。2016年大会では、全国向けの放送はこれまでとは異なり、日本テレビ系列(地上波)では準決勝全2試合・3位決定戦・決勝のみの生中継に縮小され、残り4試合はBS日テレにて生中継が行われ、さらに日本テレビの子会社huluにおいて、地上波とは異なる国際映像を用いた全試合について、インターネットによる生配信も実施した。2017年大会でも前年の放送・配信体制をほぼ踏襲するが、準々決勝のうち、アジア代表として日本の浦和レッズが出場する試合に限り、関東地上波日本テレビ(関東ローカル)でも生放送予定。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たインターナショナル・スポーツ・アンド・レジャー

    翌2001年の第2回大会は、スペインのマドリードで、出場クラブを12まで増やして、第1回大会よりも大規模な大会として開催されるはずであった。しかし、大会の運営を任されていた代理店のISL社の倒産が影響し大会スポンサーが集まらず、第2回大会は開催中止となった。その後、何度も再開のための検討が続けられたが、2005年までは同大会を開催することが出来なかった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たバップ

    本大会のDVD作品は2000年大会を除きバップ、2009年大会からは東宝が発売した。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た日本

    FIFAは2008年5月27日にオーストラリアのシドニーで理事会を開き、2009年、2010年の開催地をアラブ首長国連邦、同時に2011年、2012年の開催地を日本に決定した。以降、開催地が2年毎に変更するフォーマットが続いているが、ほぼ2年ごとに日本と、日本以外の諸外国とで交互に開催する状態が続いている。このため、クラブW杯となってから、アジア・アフリカ(・南米)以外ではまだこの大会を開催した実績は一度もない。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たPK戦

    90分(45分ハーフ)で決着が付かない場合は30分(15分ハーフ)の延長戦を実施。それでも決着が付かない場合はPK戦で勝敗を決定する。但し、決勝戦および準決勝の試合開始時間の調整上、3位決定戦と5位決定戦に限り延長戦は行わず、90分で同点の場合はそのままPK戦を行う。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たラジャ・カサブランカ

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟 (FIFA) 本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会 (IFAB) 特別会合において、満場一致で「ホークアイ (Hawk-Eye) システム」と「ゴールレフ (GoalRef) 」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から初めて採用された。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブワールドカップで導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブワールドカップ開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの1つであるゴールレフが使用された。その後、FIFA主催大会では、GLTとしては4番目に認可された「ゴールコントロール4D (GoalControl-4D)」が、FIFAコンフェデレーションズカップ2013、FIFAクラブワールドカップ2013で採用された。クラブワールドカップ2013準々決勝ラジャ・カサブランカ対モンテレイ戦では角度のない所からのシュートのゴールイン有無を判定するためにGLT(ゴールコントロール4D)が使用された。2014 FIFAワールドカップでもGLTの「ゴールコントロール4D」が採用される。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たクラブチーム

    FIFAクラブワールドカップ()は、国際サッカー連盟 (FIFA) が主催する、クラブチームによるサッカーの世界選手権大会である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た横浜国際総合競技場

    2011年12月17日に日本の東京で行われた理事会後の記者会見で、2013年、2014年の開催地がモロッコに決まったと発表した。また同時に、2012年の日本開催についてブラッター会長は、「仙台など東日本大震災の被災地での開催を検討中だ」と述べたが、最終的には横浜国際総合競技場と豊田スタジアムの2会場で開催されることになった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    2000年に第1回大会が開催されたが、その後中断。2005年からインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)を吸収し、6大陸の選手権王者がトーナメント方式で優勝を争う形となった。2005年までの大会名は「FIFAクラブ世界選手権」()であったが、2006年以降「FIFAコンフェデレーションズカップ」を除くFIFA主催による国際大会の名称を「ワールドカップ」で統一する方針により、現在の大会名に改められた。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たオーストラリア

    FIFAは2008年5月27日にオーストラリアのシドニーで理事会を開き、2009年、2010年の開催地をアラブ首長国連邦、同時に2011年、2012年の開催地を日本に決定した。以降、開催地が2年毎に変更するフォーマットが続いているが、ほぼ2年ごとに日本と、日本以外の諸外国とで交互に開催する状態が続いている。このため、クラブW杯となってから、アジア・アフリカ(・南米)以外ではまだこの大会を開催した実績は一度もない。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード