59件中 21 - 30件表示
  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たオーストラリア

    FIFAは2008年5月27日にオーストラリアのシドニーで理事会を開き、2009年、2010年の開催地をアラブ首長国連邦、同時に2011年、2012年の開催地を日本に決定した。以降、開催地が2年毎に変更するフォーマットが続いている。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たPK戦

    90分(45分ハーフ)で決着が付かない場合は30分(15分ハーフ)の延長戦を実施。それでも決着が付かない場合はPK戦で勝敗を決定する。但し、決勝戦および準決勝の試合開始時間の調整上、3位決定戦と5位決定戦に限り延長戦は行わず、90分で同点の場合はそのままPK戦を行う。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たFIFAクラブ世界選手権2000

    2000年に第1回大会が開催されたが、その後中断。2005年からインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)を吸収し、6大陸の選手権王者がトーナメント方式で優勝を争う形となった。2005年までの大会名は「FIFAクラブ世界選手権」()であったが、2006年より「FIFAコンフェデレーションズカップ」を除くFIFA主催による国際大会の名称を「ワールドカップ」で統一する方針により、現在の大会名に改められた。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たクラブチーム

    FIFAクラブワールドカップ()は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、クラブチームによるサッカーの世界選手権大会である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た横浜国際総合競技場

    また同時に、2012年の日本開催についてブラッター会長は、「仙台など東日本大震災の被災地での開催を検討中だ」と述べたが、最終的には横浜国際総合競技場と豊田スタジアムの2会場で開催されることになった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たオークランド・シティFC

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た豊田スタジアム

    また同時に、2012年の日本開催についてブラッター会長は、「仙台など東日本大震災の被災地での開催を検討中だ」と述べたが、最終的には横浜国際総合競技場と豊田スタジアムの2会場で開催されることになった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たブラジル

    この大会は、下記の6つの大陸における選手権大会の優勝チームと、開催国における国内リーグの優勝チームが一堂に会して「クラブチームの世界王者」を争う大会である。ちなみに、この大会の第1回大会は公式記録上、2000年にサンパウロとリオデジャネイロで開催された「FIFAクラブ世界選手権」(ブラジル大会)である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たFIFAクラブワールドカップ2012

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たアジアサッカー連盟

    FIFAクラブワールドカップとなってからの問題としては欧州・南米王者とその他の大陸王者の競技レベルの格差、特にオセアニアサッカー連盟(OFC)所属チームの競技レベルの低さが挙げられる。オーストラリアがOFCからアジアサッカー連盟(AFC)へ転籍したことでこの傾向は顕著となり、以降、OFCチャンピオンズリーグはニュージーランドのアマチュアチームが6大会中5度制覇している。そのため、他の地域のプロチームとのレベルの差が顕著となっていて、欧州・南米とは逆に一人負け状態となっており、オセアニアのアマチュアチームの参加意義について問われかねない状況が続いている。2007年12月7日の試合を観戦した日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎会長(当時)は「オセアニアをどう考えるか、クラブW杯の問題になる」と発言している。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード