59件中 31 - 40件表示
  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たCFパチューカ

    2007年以降の大会からは開催国枠が設置され、開催国の国内リーグ優勝クラブに本大会出場権が与えられることとなった。ただし、開催国の国内リーグ優勝クラブと開催国が所属する大陸連盟のクラブ選手権優勝クラブが同一国のクラブだった場合は、同一国から2チームが出場しないように配慮するため、大陸連盟のクラブ選手権で開催国以外の最上位クラブ(原則準優勝クラブ)に対して出場権が与えられることになった。また、2007年のみ5位決定戦は行わなかった、理由については明らかにされていないが、観客動員数が集まらないという背景が考えられる、ただし、これにより北中米カリブ海王者のパチューカが1試合で帰国という事態になったため、2008年大会では復活している。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たFIFAコンフェデレーションズカップ2013

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たサッカー

    FIFAクラブワールドカップ()は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、クラブチームによるサッカーの世界選手権大会である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たサンパウロ

    この大会は、下記の6つの大陸における選手権大会の優勝チームと、開催国における国内リーグの優勝チームが一堂に会して「クラブチームの世界王者」を争う大会である。ちなみに、この大会の第1回大会は公式記録上、2000年にサンパウロとリオデジャネイロで開催された「FIFAクラブ世界選手権」(ブラジル大会)である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たアラブ首長国連邦

    FIFAは2008年5月27日にオーストラリアのシドニーで理事会を開き、2009年、2010年の開催地をアラブ首長国連邦、同時に2011年、2012年の開催地を日本に決定した。以降、開催地が2年毎に変更するフォーマットが続いている。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たアル・アハリ・ドバイ

    なお、2009年大会ではオセアニア代表のオークランド・シティがプレーオフで開催国代表のアル・アハリ、5位決定戦でアフリカ代表のマゼンベを下し、オーストラリアのAFC転籍後、オセアニア勢として同大会での初勝利と他大陸代表チームへの初勝利を挙げた。2010年大会ではアフリカ代表のマゼンベが南米王者のインテルナシオナルを下し、初めて決勝が欧州・南米王者の対戦ではなくなった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たスイス

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た延長戦

    aet - 延長戦終了時の結果FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たTPマゼンベ

    なお、2009年大会ではオセアニア代表のオークランド・シティがプレーオフで開催国代表のアル・アハリ、5位決定戦でアフリカ代表のマゼンベを下し、オーストラリアのAFC転籍後、オセアニア勢として同大会での初勝利と他大陸代表チームへの初勝利を挙げた。2010年大会ではアフリカ代表のマゼンベが南米王者のインテルナシオナルを下し、初めて決勝が欧州・南米王者の対戦ではなくなった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た国際サッカー評議会

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード