59件中 41 - 50件表示
  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たCRヴァスコ・ダ・ガマ

    2000年1月初旬にブラジルのサンパウロとリオデジャネイロで、「FIFAクラブ世界選手権2000」(第1回大会)が開催された。なお、決勝戦は南米対欧州の構図にはならず、地元ブラジルの「コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ」となり、優勝したのはコリンチャンスであった。コリンチャンスは大陸連盟のクラブ選手権を勝ちあがったチームではなく、ブラジル全国リーグ「ブラジル全国選手権」の優勝クラブであることによる開催国枠で参加していたため、大会の性格との不整合から一定の疑問が付随することになった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た2014 FIFAワールドカップ

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たオセアニアサッカー連盟

    FIFAクラブワールドカップとなってからの問題としては欧州・南米王者とその他の大陸王者の競技レベルの格差、特にオセアニアサッカー連盟(OFC)所属チームの競技レベルの低さが挙げられる。オーストラリアがOFCからアジアサッカー連盟(AFC)へ転籍したことでこの傾向は顕著となり、以降、OFCチャンピオンズリーグはニュージーランドのアマチュアチームが6大会中5度制覇している。そのため、他の地域のプロチームとのレベルの差が顕著となっていて、欧州・南米とは逆に一人負け状態となっており、オセアニアのアマチュアチームの参加意義について問われかねない状況が続いている。2007年12月7日の試合を観戦した日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎会長(当時)は「オセアニアをどう考えるか、クラブW杯の問題になる」と発言している。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たSCインテルナシオナル

    なお、2009年大会ではオセアニア代表のオークランド・シティがプレーオフで開催国代表のアル・アハリ、5位決定戦でアフリカ代表のマゼンベを下し、オーストラリアのAFC転籍後、オセアニア勢として同大会での初勝利と他大陸代表チームへの初勝利を挙げた。2010年大会ではアフリカ代表のマゼンベが南米王者のインテルナシオナルを下し、初めて決勝が欧州・南米王者の対戦ではなくなった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たアデレード・ユナイテッドFC

    また、トーナメントの組み方にも問題があり、組み合わせ次第では同じ大陸に属するチーム同士の対戦というのもまれではない。2007年の大会では浦和レッズとセパハンとの試合が、2008年の大会ではガンバ大阪とアデレード・ユナイテッドとの試合が、AFCチャンピオンズリーグ決勝戦から数えて短期間で3試合目となり、新鮮味に欠けてしまうという問題が生じた。以上の例は開催国・日本のチームがACLに優勝し、出場チームの規定(1ヶ国2チーム以上は出場不可)の関係で、本来Jリーグ ディビジョン1優勝チームに与えられる「開催国出場枠」がACL2位のチームに代替出場になったことも起因している。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たチューリッヒ

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会(IFAB)特別会合において、満場一致で「ホークアイ(Hawk-Eye)システム」と「ゴールレフ(GoalRef)」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から本格的に導入される。問題が無ければブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013及び2014 FIFAワールドカップでも続けて使用される予定である。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブW杯で導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブW杯開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの一つゴールレフが使用された。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たトーナメント方式

    2000年に第1回大会が開催されたが、その後中断。2005年からインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)を吸収し、6大陸の選手権王者がトーナメント方式で優勝を争う形となった。2005年までの大会名は「FIFAクラブ世界選手権」()であったが、2006年より「FIFAコンフェデレーションズカップ」を除くFIFA主催による国際大会の名称を「ワールドカップ」で統一する方針により、現在の大会名に改められた。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たダブルヘッダー

    毎日1試合ずつ(ただし準決勝1試合と5位決定戦、3位決定戦と決勝戦(2011年は準々決勝の2試合も)ダブルヘッダーで開催)行う。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たスペイン

    翌2001年の第2回大会は、スペインのマドリードで、出場チームを12まで増やして、第1回大会よりも大規模な大会として開催されるはずであった。しかし、大会の運営を任されていた代理店のISL社の倒産が影響し大会スポンサーが集まらず、第2回大会は開催中止となった。その後、何度も再開のための検討が続けられたが、2005年までは同大会を開催することが出来なかった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た東京

    2011年12月17日に日本の東京で行われた理事会後の記者会見で、2013年、2014年の開催地がモロッコに決まったと発表した。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード