前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た日本サッカー協会

    日本サッカー協会は2005年に中長期的な指針としてJFA2005年宣言を発表したが、その中で「2050年までにFIFAワールドカップを開催し、日本代表はその大会で優勝チームとなる(注:なでしこジャパンは成績面では既に達成)。」という目標を掲げている。その目標を達成するために、そして日本サッカーとスポーツ全体の発展を目的に、2018年と2022年の両大会の開催地に同時立候補することになった。これは、両大会の開催地が2010年12月に同時に決定すると告知されていたためでもあった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た平松邦夫

    そんな中、JR大阪駅北側の「梅田北ヤード開発」計画の中で8万人規模の「大阪エコ・スタジアム」建設計画が浮上した。資金源など様々な課題を抱えるものの、実現すれば決勝戦も可能なスタジアムとなるため、大会招致委員会では同スタジアムの実現を招致運動の中核として想定していた。2010年7月に行われたFIFAの現地調査でも、視察団は平松邦夫・大阪市長の案内を受けて空中から予定地を視察している。なお、大会構想では本大会の開幕に先立って行われるFIFA総会も大阪市内の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で開催する計画であった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た国際サッカー連盟

    2009年1月29日に大会招致の意見表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に送付。同年9月18日に法人組織として2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会を設立し、「DREAM 2018/2022」と名付けられたW杯招致活動が開始された。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たサッカー日本代表

    日本サッカー協会は2005年に中長期的な指針としてJFA2005年宣言を発表したが、その中で「2050年までにFIFAワールドカップを開催し、日本代表はその大会で優勝チームとなる(注:なでしこジャパンは成績面では既に達成)。」という目標を掲げている。その目標を達成するために、そして日本サッカーとスポーツ全体の発展を目的に、2018年と2022年の両大会の開催地に同時立候補することになった。これは、両大会の開催地が2010年12月に同時に決定すると告知されていたためでもあった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た小倉純二

    2002年からFIFA理事を務めていた小倉純二当時日本サッカー協会(JFA)会長現JFA名誉会長の経験上、開催地決定に関して最も影響力のあるのはFIFA視察団が立候補国を現地調査して提出する調査報告書(レポート)のはずだった。ところが、今回は全く違い、レポート評価は、2018年開催が決まったロシアが全体で2番目に低く、2018年の4候補の中では最下位、2022年開催が決まったカタールは全体及び2018年の5候補内の両方で最下位だった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た鉄腕アトム

    鉄腕アトム(2009年10月8日から)2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たガンバ大阪

    2002年大会で開催された10自治体のうち、宮城県以外の9自治体が立候補している。神戸市は2002年大会で使ったホームズスタジアム神戸における開催も視野に入れていたが、最終的にユニバー記念競技場での開催を目指すこととなった。2002年大会で落選した4自治体(青森県・千葉県・愛知県・京都府)は立候補していない。ただし愛知県に代わって豊田市が同じスタジアムを試合会場として立候補している。他に吹田市も新設するガンバ大阪の新スタジアムを開催スタジアムとして日本サッカー協会へ立候補届けを出していたが、FIFAへ届出を出す段階でスタジアム計画が一旦頓挫したために立候補が取り下げられた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た田嶋幸三

    10月8日にはJFAハウスで招致委員会の設立記者発表会が開催され、犬飼委員長、小倉純二FIFA理事・日本サッカー協会副会長、田嶋幸三日本サッカー協会専務理事などが会見した。この席で、特別広報大使として漫画「鉄腕アトム」の主人公、アトムが就任する事が発表された。また、犬飼委員長は2018年と2022年のどちらかに招致対象を絞り込む可能性を示唆した。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たゼップ・ブラッター

    大会の招致条件として開幕戦と決勝戦を開催するスタジアムには8万人収容可能な観客席の設置が求められていたが、現在の日本ではこれを満たすスタジアムがない。日本サッカー協会では2016年夏季オリンピックを東京都で行うための招致活動(2016年東京オリンピック構想)で東京都中央区晴海に新設が計画されていた東京オリンピックスタジアムの利用を想定し、東京オリンピック(五輪)の招致活動に協力したが、同年10月2日の国際オリンピック委員会 (IOC) 総会で東京は開催都市に選ばれず、東京オリンピックスタジアムの建設計画も白紙に戻った。2016年五輪の東京招致失敗後、FIFAのゼップ・ブラッター会長は10月4日に「横浜で何の問題もない」と語り、W杯招致には新スタジアムの建設は必須ではないという見解を示したが、10月8日の招致委員会の設立記者会見において犬飼委員長はあくまで8万人収容の新競技場建設を目指す考えを述べた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た犬飼基昭

    日本では日本サッカー協会 (JFA) が2002年以来の招致を目指して2009年1月29日に大会招致の意思表明書をFIFAへ送付し、日本国内での状況調査や対外向けの広報活動の準備を進めた。9月18日には法人組織として「2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会」(以下「招致委員会」)が発足し、委員長には日本サッカー協会の犬飼基昭会長が就任した。当面は日本サッカー協会が拠出する5億円により活動を推進する事になった。また、激しい招致競争の末に韓国と共催した2002年大会とは異なり、本構想では日本サッカー協会は日本単独での開催を目指した。2009年9月10日の日本サッカー協会理事会では両大会の招致活動に関し、日本国内の18自治体が試合開催都市として、75自治体がチームベースキャンプ地としての関心を表明した事が紹介され、いずれもFIFAに提出する招致契約書の提案数を満たしたことが明らかになった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示

「FIFAワールドカップ日本招致委員会」のニューストピックワード