83件中 21 - 30件表示
  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た熊本市

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た広島市

    。記者会見で犬飼会長(招致委員会委員長)は、2002年大会における日本国内の10開催地のうち、宮城県(宮城スタジアムを使用)のみが開催を希望しなかった事、同大会では開催地に立候補しなかった東京都が開催を希望している事を明らかにし、「やはり首都でやりたい」という希望を述べた(下記の「決勝戦スタジアム問題」も参照)。また田嶋専務理事からは、2002年大会では広島ビッグアーチを使用スタジアムとして立候補しその後辞退した広島市が今回の招致活動に立候補しなかった事が明らかにされた。広島市は既に11月4日に、2020年の夏季オリンピックを長崎市と共催する「広島・長崎オリンピック構想」への活動専念を理由として、W杯招致は断念するとしていた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た静岡市

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たキリンチャレンジカップ

    10月9日には朝日新聞の朝刊で招致委員会による立候補告知の一面広告が掲載され、10月10日には日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われた国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本?スコットランド戦で招致委員会の発足やアトムの大使就任が観客に告知された。同時に招致委員会の公式サイトも開設されて、「DREAM 2018/2022」と名付けられたW杯招致活動が本格的に始まった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た2009年

    2009年1月29日に大会招致の意見表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に送付。同年9月18日に法人組織として2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会を設立し、「DREAM 2018/2022」と名付けられたW杯招致活動が開始された。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た2002 FIFAワールドカップ

    招致が成功すれば、日本としては韓国と共同開催した2002年大会以来20年ぶり、単独では初の開催となるはずであった。これにより、2022年の次である2026・2030年大会は大会誘致の規定による「同一大陸は次の2回の開催誘致ができない」という取り決めから日本を含むアジアサッカー連盟(AFC)加盟各国の誘致が不可能となったため、次に誘致が可能となるのは2034年大会になる。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たアジアサッカー連盟

    招致が成功すれば、日本としては韓国と共同開催した2002年大会以来20年ぶり、単独では初の開催となるはずであった。これにより、2022年の次である2026・2030年大会は大会誘致の規定による「同一大陸は次の2回の開催誘致ができない」という取り決めから日本を含むアジアサッカー連盟(AFC)加盟各国の誘致が不可能となったため、次に誘致が可能となるのは2034年大会になる。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たサッカー日本女子代表

    日本サッカー協会は2005年に中長期的な指針としてJFA2005年宣言を発表したが、その中で「2050年までにFIFAワールドカップを開催し、日本代表はその大会で優勝チームとなる(注:なでしこジャパンは成績面では既に達成)。」という目標を掲げている。その目標を達成するために、そして日本サッカーとスポーツ全体の発展を目的に、2018年と2022年の両大会の開催地に同時立候補することになった。これは、両大会の開催地が2010年12月に同時に決定すると告知されていたためでもあった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たアメリカ合衆国

    2010 FIFAワールドカップが南アフリカで開催され、各大陸でのW杯開催が完了(注:オーストラリアはアジアサッカー連盟(AFC)の為、サッカーではアジアに区分される)したことで、以降、FIFAはサッカーマーケットの再構築に重点を移すだろうとの読みから、日本は最大のライバルをアメリカ(4回目のカタールとの決戦投票で敗れる)と見込み、それに対応する方向で最後までロビー活動を進めてしまった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た南アフリカ共和国

    2010 FIFAワールドカップが南アフリカで開催され、各大陸でのW杯開催が完了(注:オーストラリアはアジアサッカー連盟(AFC)の為、サッカーではアジアに区分される)したことで、以降、FIFAはサッカーマーケットの再構築に重点を移すだろうとの読みから、日本は最大のライバルをアメリカ(4回目のカタールとの決戦投票で敗れる)と見込み、それに対応する方向で最後までロビー活動を進めてしまった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「FIFAワールドカップ日本招致委員会」のニューストピックワード