83件中 31 - 40件表示
  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た宮城県

    。記者会見で犬飼会長(招致委員会委員長)は、2002年大会における日本国内の10開催地のうち、宮城県(宮城スタジアムを使用)のみが開催を希望しなかった事、同大会では開催地に立候補しなかった東京都が開催を希望している事を明らかにし、「やはり首都でやりたい」という希望を述べた(下記の「決勝戦スタジアム問題」も参照)。また田嶋専務理事からは、2002年大会では広島ビッグアーチを使用スタジアムとして立候補しその後辞退した広島市が今回の招致活動に立候補しなかった事が明らかにされた。広島市は既に11月4日に、2020年の夏季オリンピックを長崎市と共催する「広島・長崎オリンピック構想」への活動専念を理由として、W杯招致は断念するとしていた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た閣議

    12月8日 - 定例閣議において、2018年、2022年両大会の日本招致について閣議了解。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た2022 FIFAワールドカップ

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想(2018/2022ねんフィファワールドカップにほんしょうちこうそう)とは、2018年と2022年にそれぞれ開催予定のFIFAワールドカップ(W杯)を日本に招致し、開催しようとした構想のこと。当初は2018年大会と2022年大会の双方の開催地に立候補し、途中から2022年大会一本に絞って招致活動を展開した。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たJFAハウス

    10月8日にはJFAハウスで招致委員会の設立記者発表会が開催され、犬飼委員長、小倉純二FIFA理事・日本サッカー協会副会長、田嶋幸三日本サッカー協会専務理事などが会見した。この席で、特別広報大使として漫画「鉄腕アトム」の主人公、アトムが就任する事が発表された。また、犬飼委員長は2018年と2022年のどちらかに招致対象を絞り込む可能性を示唆した。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た晴海 (東京都中央区)

    大会の招致条件として開幕戦と決勝戦を開催するスタジアムには8万人収容可能な観客席の設置が求められていたが、現在の日本ではこれを満たすスタジアムがない。日本サッカー協会では2016年夏季オリンピックを東京都で行うための招致活動(2016年東京オリンピック構想)で東京都中央区晴海に新設が計画されていた東京オリンピックスタジアムの利用を想定し、東京オリンピック(五輪)の招致活動に協力したが、同年10月2日の国際オリンピック委員会 (IOC) 総会で東京は開催都市に選ばれず、東京オリンピックスタジアムの建設計画も白紙に戻った。2016年五輪の東京招致失敗後、FIFAのゼップ・ブラッター会長は10月4日に「横浜で何の問題もない」と語り、W杯招致には新スタジアムの建設は必須ではないという見解を示したが、10月8日の招致委員会の設立記者会見において犬飼委員長はあくまで8万人収容の新競技場建設を目指す考えを述べた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た日本プロサッカーリーグ

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たJヴィレッジ

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たオランダ

    日本の招致活動と競合する招致活動は10候補が存在した。内訳は欧州から4候補(イングランド、ロシア、オランダとベルギーの共催、スペインとポルトガルの共催)、日本と同じアジア地域(アジアサッカー連盟 (AFC) 加盟国)から4候補(インドネシア、オーストラリア、カタール、韓国)、北中米地域(北中米カリブ海サッカー連盟 (CONCACAF) 加盟国)から2候補(アメリカ合衆国、メキシコ)である。このうち、アジアの4候補は日本と同様に2022年大会に絞った招致活動を行っていた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た楢葉町

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た大韓民国

    招致が成功すれば、日本としては韓国と共同開催した2002年大会以来20年ぶり、単独では初の開催となるはずであった。これにより、2022年の次である2026・2030年大会は大会誘致の規定による「同一大陸は次の2回の開催誘致ができない」という取り決めから日本を含むアジアサッカー連盟(AFC)加盟各国の誘致が不可能となったため、次に誘致が可能となるのは2034年大会になる。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「FIFAワールドカップ日本招致委員会」のニューストピックワード