83件中 41 - 50件表示
  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た日本

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想(2018/2022ねんフィファワールドカップにほんしょうちこうそう)とは、2018年と2022年にそれぞれ開催予定のFIFAワールドカップ(W杯)を日本に招致し、開催しようとした構想のこと。当初は2018年大会と2022年大会の双方の開催地に立候補し、途中から2022年大会一本に絞って招致活動を展開した。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たヨハネスブルク

    6月10日 - FIFA総会(南アフリカ共和国・ヨハネスブルク)で日本の招致活動を紹介するブースを出展。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たポルトガル

    日本の招致活動と競合する招致活動は10候補が存在した。内訳は欧州から4候補(イングランド、ロシア、オランダとベルギーの共催、スペインとポルトガルの共催)、日本と同じアジア地域(アジアサッカー連盟 (AFC) 加盟国)から4候補(インドネシア、オーストラリア、カタール、韓国)、北中米地域(北中米カリブ海サッカー連盟 (CONCACAF) 加盟国)から2候補(アメリカ合衆国、メキシコ)である。このうち、アジアの4候補は日本と同様に2022年大会に絞った招致活動を行っていた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た川崎市等々力陸上競技場

    チームベースキャンプ地には、全国の31道府県から64件が立候補した。その中には、福島県・楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)、静岡市(清水ナショナルトレーニングセンター)や堺市(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)などのサッカートレーニング専門施設、仙台市の仙台スタジアム(ユアテックスタジアム仙台)や川崎市の川崎市等々力陸上競技場や熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場などJリーグ各クラブの本拠地スタジアムなども含まれ、試合開催を断念したホームズスタジアム神戸も立候補した。また、豊田スタジアムは唯一、試合会場とベースキャンプ地への重複立候補を行っている。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た大阪府立国際会議場

    そんな中、JR大阪駅北側の「梅田北ヤード開発」計画の中で8万人規模の「大阪エコ・スタジアム」建設計画が浮上した。資金源など様々な課題を抱えるものの、実現すれば決勝戦も可能なスタジアムとなるため、大会招致委員会では同スタジアムの実現を招致運動の中核として想定していた。2010年7月に行われたFIFAの現地調査でも、視察団は平松邦夫・大阪市長の案内を受けて空中から予定地を視察している。なお、大会構想では本大会の開幕に先立って行われるFIFA総会も大阪市内の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で開催する計画であった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た御崎公園球技場

    2002年大会で開催された10自治体のうち、宮城県以外の9自治体が立候補している。神戸市は2002年大会で使ったホームズスタジアム神戸における開催も視野に入れていたが、最終的にユニバー記念競技場での開催を目指すこととなった。2002年大会で落選した4自治体(青森県・千葉県・愛知県・京都府)は立候補していない。ただし愛知県に代わって豊田市が同じスタジアムを試合会場として立候補している。他に吹田市も新設するガンバ大阪の新スタジアムを開催スタジアムとして日本サッカー協会へ立候補届けを出していたが、FIFAへ届出を出す段階でスタジアム計画が一旦頓挫したために立候補が取り下げられた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たスペイン

    日本の招致活動と競合する招致活動は10候補が存在した。内訳は欧州から4候補(イングランド、ロシア、オランダとベルギーの共催、スペインとポルトガルの共催)、日本と同じアジア地域(アジアサッカー連盟 (AFC) 加盟国)から4候補(インドネシア、オーストラリア、カタール、韓国)、北中米地域(北中米カリブ海サッカー連盟 (CONCACAF) 加盟国)から2候補(アメリカ合衆国、メキシコ)である。このうち、アジアの4候補は日本と同様に2022年大会に絞った招致活動を行っていた。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た大阪市長

    そんな中、JR大阪駅北側の「梅田北ヤード開発」計画の中で8万人規模の「大阪エコ・スタジアム」建設計画が浮上した。資金源など様々な課題を抱えるものの、実現すれば決勝戦も可能なスタジアムとなるため、大会招致委員会では同スタジアムの実現を招致運動の中核として想定していた。2010年7月に行われたFIFAの現地調査でも、視察団は平松邦夫・大阪市長の案内を受けて空中から予定地を視察している。なお、大会構想では本大会の開幕に先立って行われるFIFA総会も大阪市内の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で開催する計画であった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見たサッカースコットランド代表

    10月9日には朝日新聞の朝刊で招致委員会による立候補告知の一面広告が掲載され、10月10日には日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われた国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本?スコットランド戦で招致委員会の発足やアトムの大使就任が観客に告知された。同時に招致委員会の公式サイトも開設されて、「DREAM 2018/2022」と名付けられたW杯招致活動が本格的に始まった。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想

    2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想から見た欧州サッカー連盟

    その後、2018年大会の開催国がヨーロッパ地域(欧州サッカー連盟 (UEFA) 加盟国)から選出される事が有力視されるようになると、日本は2022年大会に絞って招致を行うと招致委員会は2010年5月11日に発表した。2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「FIFAワールドカップ日本招致委員会」のニューストピックワード