前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
456件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    第12回、第13回、第22回ファイナリスト。主に『FNNスーパーニュース』のスポーツコーナーでよく噛む永島昭浩キャスターのモノマネ。このモノマネをきっかけにスーパーニュースの忘年会に招待され、永島キャスターと対面を果たす。第13回では永島キャスターと舞の海キャスターのモノマネも披露した。なお長浜は永島のフルネームを覚える気がないのか、スーパーニュース以外のネタでも「永島キャスター」と呼んでいる。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 生野陽子

    生野陽子から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    9月30日 - 『FNNスーパーニュース』サブキャスターとしてこの日より登板。初日は御嶽山噴火の現場リポートであった。生野陽子 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    当時、平日の『FNNスーパータイム』を担当していた安藤優子をキャスターとして起用。前番組『NEWSCOM』キャスターの木村太郎はコメンテーターとなり、安藤・木村太郎コンビは『FNNスーパーニュース』にも引き継がれる(安藤と共に初代キャスターを務めた宮川俊二は降板後、『FNNスーパーニュース』の初代メインキャスターに就いた)。開始当初のキャッチフレーズは 「日本の夜を変えます」 。木村太郎、のちにフジテレビ解説委員がコメントして視点のひとつを提供するスタイルを採る。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • FNNスピーク

    FNNスピークから見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    ストレートニュース(キャスター読み上げ)主体だが特集や一部ニュースにナレーター読みVTRがある。ナレーターは夕方枠の『FNNスーパーニュース』や夜枠の『ニュースJAPAN』と違い、いずれもフジテレビアナウンサーが担当している。かつては牧原俊幸アナや伊藤利尋アナなどが担当する機会が多かったが、最近は担当キャスターが読み上げる機会が多い。なお、各系列局からのニュースはその局のニュース映像を使用するため、各局のアナウンサーのナレーションとなる。FNNスピーク フレッシュアイペディアより)

  • Youドキッ!たいむ

    Youドキッ!たいむから見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    2006年3月31日までは16:55 - 文化芸能部直前(概ね17:35くらいまで)の放送であった。Youドキッ!たいむ フレッシュアイペディアより)

  • めざにゅ〜

    めざにゅ〜から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    2011年3月29日、椿原慶子が『FNNスーパーニュース』に出演するためこの日の放送をもって降板。3月31日、山崎夕貴が『めざましテレビ』に出演するためこの日の放送をもって降板(めざにゅ〜歴代キャスターの中で在任期間、出演日数共に最短(在任期間175日、出演日数49日)であった。また、新入社員として担当した本番組をわずか半年も満たない短期間で卒業し、めざましテレビへの起用は、フジ社内でもめざにゅ〜開始後では初であり、異例である)。めざにゅ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元優里

    秋元優里から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュース(2006年・2007年)- フィールドキャスター(水曜 - 金曜担当)秋元優里 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ系列夕方ニュース枠

    フジテレビ系列夕方ニュース枠から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    1984年10月に、全国版ニュースとローカルニュースを統合した『FNNスーパータイム』がスタート。それまでのニュース番組にはなかった斬新な演出やわかりやすさ重視の構成が視聴者に受け入れられる。加えて17時台の若者向けバラエティ番組『夕やけニャンニャン』でも逸見政孝ら当時のキャスターが番組宣伝をするなどしたことが功を奏し、『JNNニュースコープ』(TBS)を引き離し視聴率トップに立つ。なお、『スーパータイム』開始当初は系列各局で番組名を差し替えて放送していたが、徐々にフジテレビに倣う番組名に変更されていく(例:東海テレビ『イブニングニュース600』→『FNN東海テレビスーパータイム』)。この『スーパータイム』がのちに『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』→『スーパーニュース』→『みんなのニュース』→『プライムニュース イブニング』とつながるフジテレビ夕方ニュース番組の基礎を築き上げた。フジテレビ系列夕方ニュース枠 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    2000年4月3日からは『FNNスーパーニュース』のメインキャスターを務めている。安藤が『スーパータイム』から『ニュースJAPAN』に移った1990年代半ばから苦戦していたフジテレビの夕方ニュース枠は、安藤の復帰から2年後、6年ぶりに視聴率1位に返り咲くことに成功した。安藤はインタビューで「報道は気取りがある」「見ている方に通じないのであれば完全な送り手のマスターベーションでしかない」、 2013年12月2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)の番組内で「ニュースに優劣はないので何やっても良いと思う。硬派なことだけやればいいという考えは上から目線すぎないか」と発言する等、報道番組のワイドショー化を肯定する発言をしている。また、2000年代頃からはメインキャスターを務める兼ね合いから取材現場に出向くことが極端に少なくなったが、安藤は自著などで「現場に行きたいが、自分が行ってしまった場合、東京のスタジオでニュースをさばく人がいなくなってしまうので、行かせてもらえない」との趣旨の発言をしている。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤秀視

    加藤秀視から見たFNNスーパーニュースFNNスーパーニュース

    2009年1月27日フジテレビ・スーパーニュース「‘魂の合宿’親子の真剣勝負」加藤秀視 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
456件中 1 - 10件表示

「FNNスーパーニュース」のニューストピックワード