201件中 21 - 30件表示
  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た金正日

    2011年 - 東日本大震災、北朝鮮の金正日総書記死去FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た松元真一郎

    17時台に放送される特集コーナー。「みみより@ホーム(みみよりあっとほーむ)」を2001年10月に改題。ドキュメントや追跡・密着取材(麻薬Gメンや海上保安庁などの捜査・警備機関など)といった硬派な内容となっている。ナレーションは、同局昼のニュース番組『FNNスピーク』のキャスターが担当することが多い。小林清志が集中的に担当したこともあり、またニッポン放送から移籍した松元真一郎も担当する。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た境鶴丸

    2012年10月1日、大島・奥寺が『ニュースJAPAN』へ異動、週末版のキャスター・石本沙織(フジテレビアナウンサー)と『FNNスピーク』の境鶴丸(1年半ぶりの復帰)をサブキャスターに起用。同時にテーマ曲とテロップのフォントも変更し、16:53に飛び乗りをしていた局の全てが16:50スタートに統一された。また、これ以降特集コーナーにおけるグルメ企画を廃止、社会問題に関する特集に重点を置くようになった。また、17時台では、尖閣諸島問題や北朝鮮による日本人拉致問題に焦点を当てた特別企画を時間を割いて放送するなど、「脱グルメ」「脱芸能」に方針転換した。このことに関して当時フジテレビ社長の豊田皓が2012年10月の定例会見で言及しており、「今一度、報道の原点に立ち返り、ニュースの本質へ切り込み、信頼されるニュース番組を目指す」としている。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た八木亜希子

    前番組『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』の後を受け、1998年3月30日に放送開始した。メインキャスターには、『ニュースJAPAN』を担当していた宮川俊二と『めざましテレビ』を担当していた八木亜希子を起用した。スポーツは『スーパータイム』、『ザ・ヒューマン』から続投の八木沼純子に加えて福原直英が、天気予報は気象予報士の資格を持つ松尾紀子が、レポーター(のちのフィールドキャスターに相当)は佐々木恭子が担当した。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見たドロンズ石本

    17時台後半に放送される特集コーナー。密着取材によるドキュメントなど「ハード・硬派」な内容も放送するが、グルメ・旅行・生活実用などを定着させ、どちらかといえば「ソフト」な内容となっている。フリーアナウンサーやタレント等がリポーターとして出演。迫文代、小谷あゆみ、黒住祐子、高橋ゆかり、永山美穂、竹島久美子、吉田かほり、影島香代子、吉井歌奈子、植村智子、坂本祐祈、木竜亜希子、山元香里、榊菜美、ドロンズ石本、かつみ・さゆり、他が挙げられる。ナレーションは、真中了が担当することが多い。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で一時的に放送を見合わせた。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た黒岩祐治

    1999年4月、八木以外の出演者をリニューアルし、八木の新たなる相棒は3月までFNNワシントン支局長を務めていた事のある黒岩祐治(現・神奈川県知事)であった。放送時間が30分拡大、17:25スタートになり、スポーツは西岡孝洋が、レポーターは島田彩夏が、天気は佐藤里佳が担当した。7月からは、17時台の解説者として大林宏(解説委員で元アナウンサー)が、レポーターとして内田恭子が加わった。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た菅直人

    2010年9月2日 - 民主党代表選挙の告示日で、出馬を表明した菅直人・小沢一郎の共同記者会見の模様を中継するため、15:25からFNN報道特番として放送(テロップ・BGMは当番組仕様)。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た菊間千乃

    リニューアル当初の出演者は『ニュースJAPAN』の安藤優子・木村太郎と『プロ野球ニュース』の木佐彩子、ニューヨーク勤務の後アナウンス専任部長となった須田哲夫、『2時のホント』の境鶴丸・菊間千乃が加わった。安藤は『スーパータイム』以来6年ぶりに夕方のニュースに復帰となった。その後、木佐・菊間の降板、木佐の後を引き継いだ西山喜久恵の第1子出産による降板、石原良純のお天気キャスター起用、須田の『新報道2001』担当による週後半の男性キャスターの交代などがあった。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た椿原慶子

    2015年3月27日をもって終了となり、17年にわたる歴史に幕を降ろした。安藤は3月30日放送開始の『直撃LIVE グッディ!』を担当し、後継番組『みんなのニュース』(同年3月30日放送開始)では伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)がメインキャスターを務め、椿原慶子・生野陽子も初代メインキャスターとして引き続き出演した。当番組の出演者で安藤、榎並、細貝(フィールドキャスター)以外の出演者は後継番組『みんなのニュース』に続投となった。また当番組で放送されていた「リアル!」と「オオタニ天気」は、後継番組『みんなのニュース』でも継続されている。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た西岡孝洋

    1999年4月、八木以外の出演者をリニューアルし、八木の新たなる相棒は3月までFNNワシントン支局長を務めていた事のある黒岩祐治(現・神奈川県知事)であった。放送時間が30分拡大、17:25スタートになり、スポーツは西岡孝洋が、レポーターは島田彩夏が、天気は佐藤里佳が担当した。7月からは、17時台の解説者として大林宏(解説委員で元アナウンサー)が、レポーターとして内田恭子が加わった。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

201件中 21 - 30件表示

「FNNスーパーニュース」のニューストピックワード