1721件中 101 - 110件表示
  • 桜井ひかり

    桜井ひかりから見たFacebookFacebook

    Facebook TVCM (日本初)「あなたは誰かのともだち」篇(2014年10月)桜井ひかり フレッシュアイペディアより)

  • MixChannel

    MixChannelから見たFacebookFacebook

    TwitterやFacebookと同様のSNSであり、10秒制限のある動画共有コミュニティである。動画専門のコミュニティであり、ブログ機能はない。スマートフォンアプリでは動画の編集機能があり、手持ちの動画や画像を組み合わせて動画作成、投稿できる。MixChannel フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヴァンプス

    ザ・ヴァンプスから見たフェイスブックFacebook

    2011年、すでにマネージメントをつけソロとして活動していたJamesは、成功するためにグループを組むことを勧められる。同じくソロでパブやバーでプロデビューを夢に活動していたBradをYouTubeのカバーで見つけ、フェイスブックでJamesがBradにコンタクトをとり、お互いの家を行き来しながら曲を書いていく。2人で1年間ほど曲作りなどの下積みを経て、フェイスブックを通じてTristanを知る。7歳からドラムをしていたTristanをメンバーとして迎え、3人での活動を始める。2012年の夏、ソニースタジオ前に突然現れ、オリジナル曲である「She Was The One」を路上でアコースティック披露した。これがバンドとして初めて公にでた瞬間であり、偶然そこにいた観客の心を掴む。その日のうちにツイッター上ではファンアカウントができ、その後YouTubeにカバー曲を投稿するようになり徐々に人気を集めていく。2012年11月29日にレーベル契約を結び、アルバム制作を進める。2013年に入り、Bradの友人を通じてYouTubeにソロでカバーを投稿していたConnorを知り、ベースとして迎える。その後もカバー曲の投稿を続け、テイラー・スウィフトの22をアコースティックカバーしたビデオで話題を呼び、さらに人気を集めていく。その傍らライブ活動も行うようになり、マクフライのMemory Laneツアーのオープニングアクトを務める。ザ・ヴァンプス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たFacebookFacebook

    2010 FIFAワールドカップ敗退後の7月3日に、自身のtwitterとFacebookにて息子が誕生し父親となったことを発表したが、母親については彼女のプライベートを尊重して公表していない。同じく、彼のエージェントも母親については答えていない(明かした2010年からロナウドと交際しているロシア人モデルのイリーナ・シェイクがいるが、彼女は母親ではない)。なおこの女性には口止め料として1200万ユーロが支払われたことが報じられ、また息子の面倒をみるのはロナウドの方であるとも発表している。しかし、2009年オフにサンディエゴで代理母契約を結んだとも報道されており、口止め料ではなく、守秘義務と面会権の放棄のために1200万ユーロが支払われたとも報じられている。他にはアメリカ人ウェイトレスやイギリス人大学生との一夜限りの子という情報、またポルトガルからの情報によると2010年3月に当時32歳で交通事故で亡くなった母方の従兄であり友人だったミゲル・サントスとアメリカ人女性との間に出来た子(ロナウドからしたら従甥)の存在を知り父となる事を決めて引き取ったという話もある。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たフェイスブックFacebook

    2014年10月、英紙『ミラー』はロナウドのフェイスブックの「ファンの数」が1億人を突破したと報じた。ちなみに2014年10月現在で全世界のあらゆる有名人・セレブの中でフェイスブックやツイッターなどのSNSのフォロワー数が1億人を超えてるのはロナウドと歌手のシャキーラの2人のみである。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • はすみとしこ

    はすみとしこから見たFacebookFacebook

    2015年9月10日、はすみが“偽の難民(偽装難民)”への批判として、国際慈善団体セーブ・ザ・チルドレンが撮影したシリア難民の写真を元にし、偽装難民として揶揄する風刺画をフェイスブック上に掲載した。その一月後の10月、そのイラストが差別的であるとネット上で批判を受けた。10月2日、ジャパンタイムズは、フェイスブックの「人種や民族、出身に対する差別発言を削除する」規約を根拠として、はすみのイラストをレイシズムであるとしてフェイスブック社に削除を求める電子署名が4000筆以上集まったことを報じた。10月4日、イラストの元となった写真の撮影者ジョナサン・ハイアムは「このような偏見を表現するために、無垢な子供の写真が使われることに対して衝撃を受け、深く悲しんでいる」と批判した。10月7日、はすみは撮影者への配慮を理由にイラストを削除した。10月8日には、はすみは「このイラストは全ての難民を否定するものではありません。本当に救われるべき難民に紛れてやってくる偽装難民を揶揄したものです。」、および「私が感じる多くの日本人は戦争難民や経済難民の受け入れには反対しています。それは何故かというと、日本には既に65年も前に大量の戦争難民を受け入れており、彼らが理由で、日本に住む日本人が冷遇を受けているからです。」とする主旨をメディア向けに公表した。その後、10月1日から始まったフェイスブックに、はすみのイラストの削除を求める電子署名は1万筆を超えた。10月8日過ぎから、毎日新聞、BBC、ワシントン・ポスト、デイリー・メール、クラリン、アル=アラビーヤなどのメディアに報道された。10月9日、政治活動家の水島総が、はすみのこのイラストの評価を、偽装難民を問題視したかったのは認めるものだが、「そうだ! 偽装難民しよう」と、きちんと表現せず、難民全体を非難するかのような表現を用い誤解を受けたと、日本文化チャンネル桜の番組内で指摘した。10月12日、ドバイのstepFEEDは「シリア難民危機に対して最悪のリアクションをとった7人」に、はすみを選んだ。10月13日、『チャンネルAjer』に出演したはすみは、はすみが山奥に旅行中(修行中)にフェイスブックが炎上していたと述べた。また、はすみは、自身のフェイスブックの記事は一旦非公開になっていたが、はすみ側の簡単な手続きで、復帰したことを述べ、また、番組は、フェイスブック側の処置は、軽めの処置だったとする見解を述べた。また、はすみは、SEALDsの市民活動家奥田愛基が火付け役だったと述べ、また、批判者たちからの批判は、名誉棄損の裁判をしたら勝てるかもしれないほどの人格否定が含まれたと述べた。また、番組は、はすみはBBCにも取材されたが、BBCはかなり、はすみ側の意向を理解した報道をしたと述べた。10月24日、朝日新聞は「難民批判イラスト、差別か風刺か 日本の漫画家が投稿、国内外で波紋」という見出しで報じ、この両論併記に対しては批判も上がった。一方で、フェイスブック社はイラストの削除に対しては消極的な姿勢をとった。はすみとしこ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件

    新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件から見たFacebookFacebook

    11月1日に、報道部長と同じく対レイシスト行動集団メンバーであった情報セキュリティ会社F-Secureの社員が、Facebookで漫画家はすみとしこが公開した作品に『いいね』を押したユーザーの個人情報を収集して、400人以上の氏名や勤務先をまとめたブラックリストを作成し、ネット上で公開するという事件が起きた。この行為について弁護士が、プライバシーの侵害に抵触する可能性があるとしてツイッターで否定的な発言をした所、許容する立場の報道部長と議論となり、これを論駁したので逆恨みされるようになったのではないかと高島章弁護士は推測している。新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件 フレッシュアイペディアより)

  • Airbnb

    Airbnbから見たFacebookFacebook

    2008年より、AirbnbはFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービスからデータを取得しソーシャルコネクションをサイトの機能に追加した。2011年5月の時点で、AirbnbとFacebookのユーザー?グループの間のソーシャルコネクションが3億を超えたことが明らかになった。Airbnb フレッシュアイペディアより)

  • FaceBook

    FaceBookから見たFacebookFacebook

    FaceBook フレッシュアイペディアより)

  • Snapcal

    Snapcalから見たFacebookFacebook

    SnapCal(スナップカル)は、インフォテリア株式会社の開発するiPhone/Android用カレンダーアプリで、Facebook、Evernote、Twitter、Googleカレンダーなど他社の提供するパーソナルクラウドとの連携を特徴とする。Snapcal フレッシュアイペディアより)

1721件中 101 - 110件表示

「Facebook」のニューストピックワード