2147件中 11 - 20件表示
  • 1982年

    1982年から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    5月8日 - F1・ベルギーGPでジル・ヴィルヌーヴが事故死。1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年

    1984年から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    1月19日 - カルン・チャンドック、F1ドライバー1984年 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年

    1987年から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    4月12日 - 中嶋悟が日本人初のフルタイムF1ドライバーとしてF1開幕戦でデビューする。1987年 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    5月6日 - 世界最高峰のカーレースF1に2006年度から参戦していたスーパーアグリF1チームがチームの運営資金難等を理由として、F1レースから撤退することを発表した。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    17日 - 【自動車レース】国際自動車連盟(FIA)は今シーズンからF1世界選手権シリーズの年間優勝者の決定方法をポイント数から勝利数に変更すると発表。その後、FOTA等の反対を受け、2010年以降への延期を発表した。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ブルン・モータースポーツ

    ブルン・モータースポーツから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ブルン・モータースポーツ(Brun Motorsport GmbH)は、レーシングドライバーのウォルター・ブルンによって1983年に設立されたスイスのレーシングチームである。ブルン・モータースポーツは主にポルシェのプライベーターとして、多くの国際的なスポーツカーレースに参戦し続けた。ブルン・モータースポーツは1986年に世界スポーツプロトタイプカー選手権を制し、後には本格的なシャシーコンストラクターになった。また、ブルンは1988年から1990年に掛けて、ユーロブルンチームの一部としてF1に参戦した。最終的に、チームは1992年に解散した。ブルン・モータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    [[ファイル:John Surtees.JPG|thumb|x250px|right|ジョン・サーティース(1964年)]]ジョン・サーティース(MVアグスタ)が500ccクラスの世界チャンピオンになる。サーティースにとって初めての500ccクラスタイトルの獲得である。その後もMVアグスタを駆り、からの3シーズンを連覇し、500ccクラスで4度世界チャンピオンになり、そして1964年には4輪のF1世界選手権でもフェラーリを駆って世界チャンピオンになる。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    イタリアグランプリ(イタリアGP、、)は、イタリアで行われるモータースポーツのレース。現在はF1のイベントとして開催されている。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • A1グランプリ

    A1グランプリから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    参加条件として、6戦未満のレース参戦経験と28歳未満のドライバーであることが条件であったが、2008-2009年シーズンから年齢制限が撤廃された。その代わりに過去にF1、GP2、チャンプカー、IRL、フォーミュラ・ニッポンを経験しているドライバーは参加が許されなくなった。A1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3選手権

    全日本F3選手権から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    このカテゴリーを経たドライバーは、日本の上位カテゴリー(現在はフォーミュラ・ニッポンやSUPER GT)や、ヨーロッパのF3や上位カテゴリー(GP2など)にステップアップしている。2006年にチャンピオンとなったエイドリアン・スーティルは翌年よりF1に参戦し、高い評価を得た。F3世界一を争うマカオGPでは2007年にオリバー・ジャービス、2008年に国本京佑と全日本F3選手権参戦ドライバーが優勝したことにより、他国からも注目を集めている。全日本F3選手権 フレッシュアイペディアより)

2147件中 11 - 20件表示

「F1」のニューストピックワード