2147件中 51 - 60件表示
  • アルファロメオ・158

    アルファロメオ・158から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    1938年から実戦投入され、1950年に開幕したF1世界選手権で全勝。1951年には改良型の159が登場した。アルファロメオ・158 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ウルフ・レーシング

    ウォルター・ウルフ・レーシングから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ウォルター・ウルフ・レーシング(Walter Wolf Racing)は、かつてF1に出走していたチームおよびコンストラクターである。カナダの石油王ウォルター・ウルフが1976年にフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズへの資金面のスポンサーとしてF1に参入し、翌1977年から同チームを買収して、コンストラクターとして参戦した。チーム監督はピーター・ウォー。ウォルター・ウルフ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・マルティニ

    マウロ・マルティニから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    F3000で競い合ったエディ・アーバイン、ローランド・ラッツェンバーガー、ジェフ・クロスノフとは友人で、ラッツェンバーガーがF1GP第3戦サンマリノGPの予選中に事故死するというショッキングな出来事が起こり、クロスノフ、ジョーダンからF1参戦中だったアーバインと共にTEAM SARDからル・マン24時間レースに参戦し、総合2位(LMP1クラスでは優勝)に入賞。そのクロスノフが1996年にCART第11戦トロントでレース中に事故死し、マルティニはフォーミュラ・ニッポン第3戦富士にスポット参戦後、フォーミュラカーレースからの引退を決意した。マウロ・マルティニ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・18

    ロータス・18から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ロータス・18 (Lotus 18) は、チーム・ロータスが1960年に開発したフォーミュラカー。コーリン・チャップマンが設計した。排気量の異なるエンジンを搭載することで、フォーミュラ・ジュニア (FJ) からF2、F1まで使用することができた。F1世界選手権ではから実戦投入された。ロータス・18 フレッシュアイペディアより)

  • モタ・スポ!

    モタ・スポ!から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    モタ・スポ!はフジテレビ系列で2006年4月11日から2008年9月28日まで放送されていた、モータースポーツ情報番組。主に、F1、フォーミュラ・ニッポン、SUPER GTをメインで扱う。モタ・スポ! フレッシュアイペディアより)

  • ビジェイ・マリヤ

    ビジェイ・マリヤから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    また、F1チームであるフォース・インディア?チームの共同チームオーナー。父親は、インドの実業家ヴィタル・マリヤ(Vittal Mallya)。ビジェイ・マリヤ フレッシュアイペディアより)

  • マトラ (自動車)

    マトラ (自動車)から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    また、モータースポーツにおけるフランスの復権を唱えるド・ゴール政権の支援をえて、積極的にレース活動を展開した。F1では独自マシンで参戦する一方、ティレルと組んで1969年の世界タイトルを獲得。耐久レースでもル・マン24時間レースを1972年から3連覇するなどの功績を残した。マトラ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • H型エンジン

    H型エンジンから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    H型エンジンは水平対向エンジンを縦または横に2つ束ねたような構造をしている。2つの「エンジン」は独立したクランクシャフトを持ち、それぞれの動力がギアによって統合され、その後にエンジンの外部へ出力される。このためH型エンジンは、クランクシャフトが1本で済む他の形態のエンジンと比べ出力荷重比の点で劣っている。このことはH型エンジンが一般的なエンジンの型式とならなかった大きな原因である。一方、気筒を増やしてもエンジンの全長を短く抑えることができるという利点があり、気筒数の多い大出力の航空機用エンジンやフォーミュラ1用エンジンの中にはこの形態を採用したものもあった。H型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ファステストラップ

    ファステストラップから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ファステストラップ (Fastest Lap、FL) とは、モータースポーツにおいて、決勝レースでの全ドライバー中、最も速いタイムを記録したラップ、及びそのラップタイムを指す。ここではフォーミュラ1を代表例に記述する。ファステストラップ フレッシュアイペディアより)

  • ザントフォールト・サーキット

    ザントフォールト・サーキットから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ザントフォールト・サーキット(Circuit Park Zandvoort, サーキット・パーク・ザントフォールト)はオランダ王国北ホラント州ザントフォールトに位置するサーキット。北海に面した砂丘の上に第二次世界大戦後にドイツ軍が去った後の輸送路を使用して建造された。1952年から幾度かの休止を経て、1985年までF1オランダGPが開催されていた。また、1991年から2006年までF3のマールボロマスターズが開催されていた。ザントフォールト・サーキット フレッシュアイペディアより)

2147件中 51 - 60件表示

「F1」のニューストピックワード