2537件中 61 - 70件表示
  • DHLファステストラップアワード

    DHLファステストラップアワードから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    DHLファステストラップアワード(DHL Fastest Lap Award)とは、フォーミュラ1世界選手権(以下F1グランプリ)においてシーズン中最も多くのファステストラップを獲得したドライバーに贈られる賞である。別名"最速ラップ賞"DHLファステストラップアワード フレッシュアイペディアより)

  • デレック・ベル

    デレック・ベルから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    デレック・ベル(Derek Reginald Bell、MBE 1941年10月31日 - )は、イングランドのミドルセックス州ピナー出身の元レーシングドライバーである。ベルはスポーツカーレースで高い成功を収め、ル・マン24時間レースで5勝を挙げた。また、フェラーリ、サーティース、テクノよりF1にも参戦した。デレック・ベル フレッシュアイペディアより)

  • ネッロ・パガーニ

    ネッロ・パガーニから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ネッロ・パガーニ(Cirillo "Nello" Pagani, 1911年10月11日 - 2003年10月19日)は、イタリア出身のオートバイレーサー、F1ドライバー。彼はロードレース世界選手権125ccクラス初代チャンピオンである。ネッロ・パガーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・XJR-14

    ジャガー・XJR-14から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ジャガー・XJR-14は、グループCカー規定がそれまでの燃費フォーミュラルールから、F1と同一のエンジン規定に変更された1991年にジャガーが使用したグループCマシン(競技専用車)である。ジャガーの実際のグループC活動はTWRが行っており、マシンもTWRで製作されている。ロス・ブラウンが設計を担当した。ジャガー・XJR-14 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のドイツツーリングカー選手権

    2011年のドイツツーリングカー選手権から見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    マイク・ロッケンフェラーはファクトリーチームのアプト・スポーツラインに移籍し、最新型の車両が与えられた。ロッケンフェラーの移籍により空席となったチーム・フェニックスにはマーティン・トムチェクが加入した。HWAチームからポール・ディ・レスタがF1のフォース・インディアに移籍し、代わってジェイミー・グリーンが加入、最新型のメルセデスをドライブした。2011年のドイツツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のル・マン24時間レース

    1987年のル・マン24時間レースから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ヨーロッパでは不況が深刻化しつつあり、モータースポーツ界にも影響が出始めていた。それに引き換え日本のモータースポーツ界ではフォーミュラ1でホンダが快進撃を見せ、ロータスから日本人ドライバー中嶋悟が出場、鈴鹿サーキットで日本グランプリが開催されるなど一般からの注目が大きくなり、日本の自動車メーカーがレースに重点を置くようになっていた。ル・マン24時間レースにはマツダ、トヨタ、ニッサンと3つの自動車メーカーが参戦、お互いが意識して入れ込みがエスカレートしていた。1987年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • Grand Prix Legends

    Grand Prix Legendsから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    Grand Prix Legends(以降 GPL と表記)はF1の1967年シーズンを再現したシミュレータである。開発の指揮を取ったのはデイヴィッド・ケイマー(David Kaemmer)とランディ・キャシディ(Randy Cassidy)である。開発のコンセプトは、プレイヤーが1967年のF1マシンを運転し、1967年のF1世界選手権が開催された当時のサーキットでレースを行うことであるが、特に重視された点は、現実的な自動車の挙動を再現することにあった。そして実際、GPLの最大の特徴は非常に正確な車の物理学モデル(路上で車を運転するとどのような反応をするか、どのような感触であるか)であり、非常にリアリティのあるレーシングカーシミュレーションとしての評判を1998年のリリース時から維持している。また、軽快なネットワーク対戦レースが行うことができ、今でもインターネットを通じてオンラインレース等が行われている。その他の主な長所とされている点は、1967年当時のF1が再現されたグラフィック、サウンド、そしてユーザコミュニティからの充実したインターネットサポートである。GPLの主要な弱点と見なされるものは、車を上手に運転するのがかなり難しい事による非常に急な学習曲線、並びに、マイナーではあるが少々気になる物理学の不備な点、つまりタイヤのすり減りを完全に省略したタイヤモデル、幾分単純化されたダメージの概念等が挙げられる。Grand Prix Legends フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ウルフ・レーシング

    ウォルター・ウルフ・レーシングから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    ウォルター・ウルフ・レーシング(Walter Wolf Racing)は、かつてF1に出走していたチームおよびコンストラクターである。カナダの石油王ウォルター・ウルフが1976年にフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズへの資金面のスポンサーとしてF1に参入し、翌1977年から同チームを買収して、コンストラクターとして参戦した。チーム監督はピーター・ウォー。ウォルター・ウルフ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・アトウッド

    リチャード・アトウッドから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    リチャード・"ディッキー"・アトウッド (Richard "Dickie" Attwood 、1940年4月4日 - )は、イングランドのウルヴァーハンプトン出身の元レーシングドライバーである。アトウッドは、BRM、ロータス、クーパーからF1に参戦した。F1キャリアでは、表彰台に1度立ち、11ポイントを獲得した。アトウッドはスポーツカーレースでも成功を収め、ポルシェ・917をドライブして1970年のル・マン24時間レースで勝利を挙げた。リチャード・アトウッド フレッシュアイペディアより)

  • マジックインキ

    マジックインキから見たフォーミュラ1フォーミュラ1

    F1では、2007年よりソフトタイヤとハードタイヤの2種類のタイヤを1レースで使用することとなり、ソフト側のタイヤの溝に白いラインを引くことになった。タイヤサプライヤのブリヂストンは白い市販の油性マジックを使ってレースごとに手作業でラインを引いていたが、それを知った寺西化学工業がタイヤの溝に合うように極太のマジックを開発し、ブリヂストンに提供した。なお、この溝にラインを入れるアイデアはモータースポーツジャーナリストの川井一仁が発案したと言われている。マジックインキ フレッシュアイペディアより)

2537件中 61 - 70件表示

「F1」のニューストピックワード