前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
260件中 1 - 10件表示
  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たバーニー・エクレストン

    1980年代からしばらくの間16戦前後で推移していた開催数は2000年代半ばから増加し、2004年に18戦、2005年に19戦、2012年はついに20戦の大台に乗った。こうした移動等で経済上の負担が非常に大きくなっているため、開催数を調整すべきという議論がされたが、2016年は史上最多の全21戦で開催された。2018年も再び21戦開催となる予定で、バーニー・エクレストンからフォーミュラワン・グループを買収したリバティメディアは、今後さらに開催数を増やしたいとしている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た中嶋悟

    1987年から日本GPが復活することや中嶋悟のフルタイム参戦に伴い、フジテレビは日本GPのみを中継できる権利を購入しようとFIAにかけあった。しかし、FIAの放映権販売の方針として、一つのグランプリだけを売ることをせず、すべてのグランプリの放映権を一括で購入させる方式をとっていた。そのため、フジテレビはある意味においてはやむなく独占中継権を取得した。放映権料は30億といわれた。同局はその際、日本GPの冠スポンサー(名称は「フジテレビジョン日本グランプリ」)にもなり、23年間冠スポンサーを継続したが、リーマンショックに端を発した不況の煽りを受け、2010年冠スポンサーの座を辞した。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たキミ・ライコネン

    2018年現在の最年長ドライバーは38歳のキミ・ライコネンであり、ライコネンに次ぐベテランドライバーのフェルナンド・アロンソと共に総じてチャンピオン争いから離れていることもあって、1987年のようにベテランドライバーがチャンピオン争いをしていた時代は遠い過去になってしまっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たパストール・マルドナド

    「金でシートを買った」などと悪名高い存在と言われることも多く、セバスチャン・ベッテルが「ペイドライバーは動く障害物だ」や「カーティケヤンはきゅうり」などと発言したこともある。1990年代からこの種のドライバーはまったく珍しくなかったが、資金の高額化によりパストール・マルドナドやランス・ストロールなど数十億円にも及ぶ資金でシートを用意されるドライバーも存在する。マルドナドのスポンサーであるベネズエラの石油会社、PDVSAによるロータスのシートへの資金は史上最高額を更新した。ストロールは父親のローレンス・ストロールの援助で日本円で約82億円を持ち込み、ウィリアムズからF1デビューを果たしている。また、井上隆智穂はかつて「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」と発言している。それに伴い、近年はヤルノ・トゥルーリ、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネンなど実力派ドライバーがシートを失う事態が続いており、懸念の声が挙がっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たフジテレビジョン

    ヘブンリーシンフォニー (MCD セガ〈後のセガゲームス〉、フジテレビジョン)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアイルトン・セナ

    スーパーモナコGPシリーズ (AC,MD,GG,SMS セガ〈後のセガ・インタラクティブ、セガゲームス〉) ※2作目はアイルトン・セナが監修を務めたフォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たフェルナンド・アロンソ

    2018年現在の最年長ドライバーは38歳のキミ・ライコネンであり、ライコネンに次ぐベテランドライバーのフェルナンド・アロンソと共に総じてチャンピオン争いから離れていることもあって、1987年のようにベテランドライバーがチャンピオン争いをしていた時代は遠い過去になってしまっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た横山光輝

    グランプリ野郎 (漫画:1968年 - 1969年 作:横山光輝)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た矢沢永吉

    グッバイ・ヒーロー(日本・アメリカ、イタリア合作映画:1987年) ※ドキュメンタリー映画。矢沢永吉が音楽を担当フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たジャンカルロ・フィジケラ

    2005年に、フジテレビが放送を開始して初めて日本GPの地上波生中継が実現した。ファイナルラップでマクラーレンのキミ・ライコネンがルノーのジャンカルロ・フィジケラを追い抜くという、1位と2位の逆転劇があったことなどにより平均視聴率10.3%(関東地区)とまずまずの結果を残したことから2006年以降も地上波生中継が継続された。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
260件中 1 - 10件表示

「F1」のニューストピックワード