142件中 31 - 40件表示
  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアブダビグランプリ

    しかしながら、FIAは2007年以降は1国1開催の原則を徹底する方針を示しており、同年から2012年までドイツグランプリはニュルブルクリンク(2007年、2009年、2011年)とホッケンハイム(2008年、2010年、2012年)で交互開催された。ヨーロッパGPが開催されていたバレンシアも、2013年よりスペインGPとしてカタロニアと交互開催となる。これはタバコ広告の禁止などの影響を含め、できるだけヨーロッパ以外の開催地を増やしてマーケットを拡大する意図があるものと見られており、2008年以降シンガポールグランプリ(2008年-)、アブダビグランプリ(2009年-)、韓国グランプリ(2010年-)、インドグランプリ(2011年-)と立て続けにアジア地域でグランプリが開催された。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たスペイングランプリ

    ヨーロッパGP - ヨーロッパ各国で1国2開催の場合用いられる。1983年と1985年のブランズハッチ(→イギリスGP)、1993年のドニントンパーク(→イギリスGP)、1994年と1997年のヘレス(→スペインGP)、1984年、1995年から1996年、および1999年から2007年はニュルブルクリンク(→ドイツGP)で開催されている。また、2008年から2012年までスペインのバレンシア市街地サーキットで開催された。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアテネ

    ギリシャグランプリ(アテネフォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアメリカグランプリ

    グランプリ・オブ・アメリカ(2014年より開催の可能性)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たブラジルグランプリ

    海外グランプリではカナダGPやブラジルGPなど南北アメリカ大陸で開催されるレースが時差の関係から生中継となる(1992年のメキシコGPとカナダGPは月曜朝(録画放送)・月曜深夜(ダイジェスト)と2回放送していた)。また、1999年と2006年オーストラリアGPが生中継で放送されている(2006年は残り3周あたりから生中継)。ヨーロッパにおいて開催されるレースは、レース時間が日本におけるゴールデンタイム、プライムタイムと重なり、その時間帯に相応しい高い視聴率が望めないために地上波での生中継は行われていない。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た日本中央競馬会

    F1日本グランプリは日本国内で開催されるにも関わらず、F1と同じくフジテレビ系列が放送する日本中央競馬会の日曜日のメインレースと時間帯が重なるため生中継ができず、日本国外では生中継が行われながら開催国では同日夜のゴールデンタイム・プライムタイムでの録画放送しか見られないと言うねじれ現象が長年続いていた。1994年のパシフィックGPが日本国内開催のF1グランプリレースとして初めてフジテレビ系列で生中継されたが、この時はレーススタート時間が12時30分であったことで、中央競馬中継とのバッティングが避けられている。しかしその後も長く、日本国内開催のF1グランプリレースが地上波で生中継されることはなかった。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たマクラーレン

    2005年に、フジテレビが放送を開始して初めて日本GPの地上波生中継が実現した。ファイナルラップでマクラーレンのキミ・ライコネン(現ロータスF1チーム)がルノーのジャンカルロ・フィジケラ(現フェラーリ)を追い抜くという、1位と2位の逆転劇があったことなどにより平均視聴率10.3%(関東地区)とまずまずの結果を残したことから2006年以降も継続された。2007年9月30日の日本GPは日本中央競馬会のGI競走スプリンターズステークスと重なることからどうなるか注目されたが、日本GPの生中継は13時10分 - 15時15分(最大延長15時35分まで)となり、レギュラーの競馬中継時間と一部重なることになるが、F1・競馬両レースを生中継するにはほぼ問題ないスケジュールとなった。しかし日本GPが雨の影響でレース時間が延長になり、15時35分までF1が中継され、トップ3記者会見の非中継、また競馬もパドックや本馬場入場の非中継などの影響があった。2009年もGIスプリンターズステークスと重なるが、スプリンターズステークスの発走時刻を15時45分と、通常のGI発走時刻より5分遅くすることが決まっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たオーストラリアグランプリ

    海外グランプリではカナダGPやブラジルGPなど南北アメリカ大陸で開催されるレースが時差の関係から生中継となる(1992年のメキシコGPとカナダGPは月曜朝(録画放送)・月曜深夜(ダイジェスト)と2回放送していた)。また、1999年と2006年オーストラリアGPが生中継で放送されている(2006年は残り3周あたりから生中継)。ヨーロッパにおいて開催されるレースは、レース時間が日本におけるゴールデンタイム、プライムタイムと重なり、その時間帯に相応しい高い視聴率が望めないために地上波での生中継は行われていない。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た近代オリンピック

    ヨーロッパで広がった最高峰自動車レースのF1は、ヨーロッパにおいてはサッカーなどとともに、最も市民の熱狂を集めるスポーツの一つであり、F1ドライバーは、ターボエンジン搭載のモンスターマシン(1,000馬力オーバーとも言われていた時代がある)を扱っていたということもあり「F1パイロット」とも別称され尊敬されていたが、近年は安全面などからパワーが抑えられているため、あまりパイロットという呼称は使われなくなってきた。また、オリンピック、FIFAワールドカップと共に世界的な人気も高いが、近年では景気後退によるスポンサーの撤退や開催費用の負担などから、最盛期に比べ縮小傾向にある。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たFIFAワールドカップ

    ヨーロッパで広がった最高峰自動車レースのF1は、ヨーロッパにおいてはサッカーなどとともに、最も市民の熱狂を集めるスポーツの一つであり、F1ドライバーは、ターボエンジン搭載のモンスターマシン(1,000馬力オーバーとも言われていた時代がある)を扱っていたということもあり「F1パイロット」とも別称され尊敬されていたが、近年は安全面などからパワーが抑えられているため、あまりパイロットという呼称は使われなくなってきた。また、オリンピック、FIFAワールドカップと共に世界的な人気も高いが、近年では景気後退によるスポンサーの撤退や開催費用の負担などから、最盛期に比べ縮小傾向にある。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

142件中 31 - 40件表示

「F1」のニューストピックワード