260件中 51 - 60件表示
  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たオリビエ・パニス

    ペドロ・ディニスはパルマラットやブラジルの多数の食品関連会社のスポンサードを受けていた。当初は「F1に出場させるためにチーム(フォルティ・コルセ)ごとF1デビュー」「ドライビングコーチ(ルネ・アルヌー)が同伴」など明らかに実力不足なドライバーであることが明確であり、報道などで揶揄されることも多かったが、移籍してオリビエ・パニスやデイモン・ヒル、ミカ・サロ、ジャン・アレジといった実力あるドライバーと組むうちに自身も実力を付け、時には彼らチームメイトよりも予選で上位に入るなど注目を集めていった。キャリア終盤にはただのペイドライバーから「莫大な資金力を持ちながらも、実力も十分備えるドライバー」へと評価も変わっていった。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たカルロス・スリム・ヘル

    セルジオ・ペレスはカルロス・スリム・ヘルの関連会社から多額の支援を受けており、荒いドライビングが多かったにも関わらず、に当時トップチームであったマクラーレンと契約を結んだことを揶揄された。しかし、前年所属したザウバーでは一度の2位表彰台と二度の3位表彰台を獲得(これはザウバーに所属したドライバーの最高位、最多回数である)、マクラーレンのシート喪失後に移籍したフォース・インディアでは、複数の表彰台に加え安定したドライビング(特に完走率が非常に高い)を見せ、高い評価を受けている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たロン・ハワード

    ラッシュ/プライドと友情(アメリカ・イギリス合作映画:2013年 監督:ロン・ハワードフォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たルネ・アルヌー

    ペドロ・ディニスはパルマラットやブラジルの多数の食品関連会社のスポンサードを受けていた。当初は「F1に出場させるためにチーム(フォルティ・コルセ)ごとF1デビュー」「ドライビングコーチ(ルネ・アルヌー)が同伴」など明らかに実力不足なドライバーであることが明確であり、報道などで揶揄されることも多かったが、移籍してオリビエ・パニスやデイモン・ヒル、ミカ・サロ、ジャン・アレジといった実力あるドライバーと組むうちに自身も実力を付け、時には彼らチームメイトよりも予選で上位に入るなど注目を集めていった。キャリア終盤にはただのペイドライバーから「莫大な資金力を持ちながらも、実力も十分備えるドライバー」へと評価も変わっていった。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たエイドリアン・スーティル

    またには「ペイドライバーが、より高額な資金を持つ別のペイドライバーにシートを奪われる」という事態が発生した。これはザウバーに契約を破棄されたギド・ヴァン・デル・ガルデの告訴により発覚したものである。ヴァン・デル・ガルデは1度は契約を結んだにも関わらず、ザウバーがマーカス・エリクソン、フェリペ・ナッセと契約を結んだため、押し出される形で失ったシートの返還を求め提訴し、勝訴した。最終的にはヴァン・デル・ガルデがザウバーからの違約金を条件に出走を諦めることで和解したが、一時は2つの枠に3人のドライバー(ヴァン・デル・ガルデ、エリクソン、ナッセ)が存在するという混乱を生んだ。更にはエイドリアン・スーティルも似た経緯で同年のシートを喪失していたことが判明し、スーティルの場合は賠償金の支払いのみを求めてザウバーを提訴し勝訴している。なお、この4人がどのような順番及び内容で契約していたのかは不明であり、一説ではエステバン・グティエレス、ジュール・ビアンキとも契約を結んでいたとされる(詳細は「ザウバーを参照)。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たナレイン・カーティケヤン

    「金でシートを買った」などと悪名高い存在と言われることも多く、セバスチャン・ベッテルが「ペイドライバーは動く障害物だ」や「カーティケヤンはきゅうり」などと発言したこともある。1990年代からこの種のドライバーはまったく珍しくなかったが、資金の高額化によりパストール・マルドナドやランス・ストロールなど数十億円にも及ぶ資金でシートを用意されるドライバーも存在する。マルドナドのスポンサーであるベネズエラの石油会社、PDVSAによるロータスのシートへの資金は史上最高額を更新した。ストロールは父親のローレンス・ストロールの援助で日本円で約82億円を持ち込み、ウィリアムズからF1デビューを果たしている。また、井上隆智穂はかつて「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」と発言している。それに伴い、近年はヤルノ・トゥルーリ、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネンなど実力派ドライバーがシートを失う事態が続いており、懸念の声が挙がっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た西村幸祐

    Fの閃光 アイルトン・セナの挑戦 (漫画:1991年 原作:西村幸祐、画:長沢克泰・鬼窪浩久)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た千葉きよかず

    赤いペガサスII -翔- (漫画:1988年 - 1990年 作:村上もとか、画:千葉潔和)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た曽田正人

    capeta (漫画・アニメ:2003年 - 2013年 作:曽田正人)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアテネ

    ギリシャグランプリ(アテネフォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

260件中 51 - 60件表示

「F1」のニューストピックワード