260件中 61 - 70件表示
  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たバーレーングランプリ

    バーレーンGP(2004年-2010年、2012年-)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たマレーシアグランプリ

    マレーシアGP(1999年-2017年)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たブラジルグランプリ

    海外グランプリではカナダGPやブラジルGPなど南北アメリカで開催されるレースが時差の関係から生中継されていたが、1992年のメキシコGPとカナダGPは生中継ではなく、月曜朝(録画放送)・月曜深夜(ダイジェスト)の2回放送されていた。また、1999年と2006年のオーストラリアGPが生中継で放送されている(2006年は残り3周あたりから生中継)。ヨーロッパにおいて開催されるレースは、レース時間が日本におけるゴールデンタイム、プライムタイムと重なり、その時間帯に相応しい高い視聴率が望めないために地上波での生中継は行われることはなかった。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たPlayStation Portable

    Formula Oneシリーズ (PS,PS2,PSPなど ソニー・コンピュータエンタテインメント)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たアムステルダム

    オランダグランプリ(アムステルダム市街地コース、ロッテルダム市街地コース、TTサーキット・アッセン)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見た日本中央競馬会

    F1日本グランプリは日本国内で開催されるにも関わらず、F1と同じくフジテレビ系列が放送する日本中央競馬会の日曜日のメインレースと時間帯が重なるため生中継ができず、日本国外では生中継が行われながら開催国では同日夜のゴールデンタイム・プライムタイムでの録画放送しか見られないと言う状況が長年続いていた。1994年のパシフィックGPが日本国内開催のF1グランプリレースとして初めてフジテレビ系列で生中継されたが、この時はレーススタート時間が12時30分であったことで、中央競馬中継とのバッティングが避けられることによって実現したものであった。しかしその後も長く、日本国内開催のF1グランプリレースが地上波で生中継されることはなかった。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たロンドン

    ロンドングランプリ(ロンドン市街地コース)フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たマーカス・エリクソン

    またには「ペイドライバーが、より高額な資金を持つ別のペイドライバーにシートを奪われる」という事態が発生した。これはザウバーに契約を破棄されたギド・ヴァン・デル・ガルデの告訴により発覚したものである。ヴァン・デル・ガルデは1度は契約を結んだにも関わらず、ザウバーがマーカス・エリクソン、フェリペ・ナッセと契約を結んだため、押し出される形で失ったシートの返還を求め提訴し、勝訴した。最終的にはヴァン・デル・ガルデがザウバーからの違約金を条件に出走を諦めることで和解したが、一時は2つの枠に3人のドライバー(ヴァン・デル・ガルデ、エリクソン、ナッセ)が存在するという混乱を生んだ。更にはエイドリアン・スーティルも似た経緯で同年のシートを喪失していたことが判明し、スーティルの場合は賠償金の支払いのみを求めてザウバーを提訴し勝訴している。なお、この4人がどのような順番及び内容で契約していたのかは不明であり、一説ではエステバン・グティエレス、ジュール・ビアンキとも契約を結んでいたとされる(詳細は「ザウバーを参照)。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たフォース・インディア

    セルジオ・ペレスはカルロス・スリム・ヘルの関連会社から多額の支援を受けており、荒いドライビングが多かったにも関わらず、に当時トップチームであったマクラーレンと契約を結んだことを揶揄された。しかし、前年所属したザウバーでは一度の2位表彰台と二度の3位表彰台を獲得(これはザウバーに所属したドライバーの最高位、最多回数である)、マクラーレンのシート喪失後に移籍したフォース・インディアでは、複数の表彰台に加え安定したドライビング(特に完走率が非常に高い)を見せ、高い評価を受けている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ1

    フォーミュラ1から見たランス・ストロール

    「金でシートを買った」などと悪名高い存在と言われることも多く、セバスチャン・ベッテルが「ペイドライバーは動く障害物だ」や「カーティケヤンはきゅうり」などと発言したこともある。1990年代からこの種のドライバーはまったく珍しくなかったが、資金の高額化によりパストール・マルドナドやランス・ストロールなど数十億円にも及ぶ資金でシートを用意されるドライバーも存在する。マルドナドのスポンサーであるベネズエラの石油会社、PDVSAによるロータスのシートへの資金は史上最高額を更新した。ストロールは父親のローレンス・ストロールの援助で日本円で約82億円を持ち込み、ウィリアムズからF1デビューを果たしている。また、井上隆智穂はかつて「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」と発言している。それに伴い、近年はヤルノ・トゥルーリ、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネンなど実力派ドライバーがシートを失う事態が続いており、懸念の声が挙がっている。フォーミュラ1 フレッシュアイペディアより)

260件中 61 - 70件表示

「F1」のニューストピックワード