F22ラプター ニュース&Wiki etc.

F-22はロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置等からの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。また、開発元のロッキード・マーティン社は航空支配戦闘機というキャッチフレーズを用いている。複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。 (出典:Wikipedia)

「F22戦闘機」Q&A

  • Q&A

    中国の戦闘機J20、性能は、F35やF22と比べた場合、どうなんでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月9日 21:07

  • Q&A

    「空自F-2の日本単独開発計画は 日本製戦闘機の脅威を恐れた米国によって潰された」 …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月8日 08:18

  • Q&A

    日本がF-22やF-35に並ぶステルス戦闘機を自力で開発出来るようになるには、あと何…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月7日 22:58

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「F-22 (戦闘機)」のつながり調べ

  • MC☆あくしず

    MC☆あくしずから見たF-22 (戦闘機)

    航空自衛隊などで採用される次世代戦闘機「F-X」の候補になった「F-22」などの解説。副題は「俺の嫁」から。(MC☆あくしず フレッシュアイペディアより)

  • J-31 (航空機)

    J-31 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)

    J-31は同じ中国のJ-20やアメリカのF-22、F-35およびロシアのPAK FA (T-50)などと同様、ステルス性を強く意識した設計の機体で、RCS(レーダー反射断面積)を低減するため胴体側面を傾斜させ、主翼と尾翼の前・後縁の角度や、機体側面と垂直尾翼の傾斜を極力統一している。J-20がステルス性に疑問の残る先尾翼形式であるのに対し、本機は通常の水平尾翼を持っている。平面形状は単発と双発の差はあるもののF-35に類似しているが、側面形状は垂直尾翼も含めてF-22に似ている。空気取り入れ口にはF-35やJ-20と同じくDSI(ダイバーターレス・スーパーソニック・インレット)を採用している。J-11BSと並んで飛行する画像から、長さはJ-11BSの75-80%程度と推測され、F-35(全長15.7m)よりやや大きい全長17m前後の機体と考えられる。(J-31 (航空機) フレッシュアイペディアより)

「F-22 (戦闘機)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「F22戦闘機」のニューストピックワード