F22ラプター ニュース&Wiki etc.

F-22はロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置等からの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。また、開発元のロッキード・マーティン社は航空支配戦闘機というキャッチフレーズを用いている。複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。 (出典:Wikipedia)

「F22戦闘機」Q&A

  • Q&A

    世界最強の戦闘機はF-22ですか?F-33ですか? 兵器において世界最強はほぼ全てア…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月9日 01:34

  • Q&A

    中国のセン20戦闘機とアメリカのF22と性能はどっちがうえなのですか? 一回実戦で試…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月8日 13:12

  • Q&A

    中華人民共和国と中華民国の軍事力の差について詳しいか方の回答を希望します。 私が大…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月6日 20:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「F-22 (戦闘機)」のつながり調べ

  • MC☆あくしず

    MC☆あくしずから見たF-22 (戦闘機)

    航空自衛隊などで採用される次世代戦闘機「F-X」の候補になった「F-22」などの解説。副題は「俺の嫁」から。(MC☆あくしず フレッシュアイペディアより)

  • J-31 (航空機)

    J-31 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)

    J-31は同じ中国のJ-20やアメリカのF-22、F-35およびロシアのPAK FA (T-50)などと同様、ステルス性を強く意識した設計の機体で、RCS(レーダー反射断面積)を低減するため胴体側面を傾斜させ、主翼と尾翼の前・後縁の角度や、機体側面と垂直尾翼の傾斜を極力統一している。J-20がステルス性に疑問の残る先尾翼形式であるのに対し、本機は通常の水平尾翼を持っている。平面形状は単発と双発の差はあるもののF-35に類似しているが、側面形状は垂直尾翼も含めてF-22に似ている。空気取り入れ口にはF-35やJ-20と同じくDSI(ダイバーターレス・スーパーソニック・インレット)を採用している。J-11BSと並んで飛行する画像から、長さはJ-11BSの75-80%程度と推測され、F-35(全長15.7m)よりやや大きい全長17m前後の機体と考えられる。(J-31 (航空機) フレッシュアイペディアより)

「F-22 (戦闘機)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「F22戦闘機」のニューストピックワード