前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • F-15 (戦闘機)

    F-15 (戦闘機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アメリカ空軍などで運用されたF-4の後継として開発された、長射程空対空ミサイルの運用能力と高性能ドップラー・レーダーを持つ双発の大型制空戦闘機で第4世代ジェット戦闘機に分類される。後継機であるF-22が2005年に戦力化されるまでは「世界最強の戦闘機」としても名高い機体であり、現在も第一線で世界水準の性能を維持し続けている。F-15のパイロットは機体の愛称から「イーグルドライバー」と呼ばれている。F-15 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • 統合打撃戦闘機計画

    統合打撃戦闘機計画から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    1990年代、アメリカ合衆国では各種の戦術機を運用していた空軍、海兵隊において、運用する航空機がゆくゆくは更新時期を迎える予定である事から、それらの後継機となる機体を開発する必要が生じ始めた。また海軍においてはA-6艦上攻撃機の後継のA-12の開発やNATF(YF-22ベースの新型艦上戦闘機)の開発がキャンセルされた事からその代替プランを求めていた。統合打撃戦闘機計画 フレッシュアイペディアより)

  • 先進戦術戦闘機計画

    先進戦術戦闘機計画から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    先進戦術戦闘機計画(せんしんせんじゅつせんとうきけいかく、英:Advanced Tactical Fighter、ATF)は、1980年代初頭にアメリカ空軍によって提案された、次世代戦術戦闘機の開発計画である。また、ATFは本計画で開発された戦闘機(現:F-22)を指す場合もある。先進戦術戦闘機計画 フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット04 シャッタードスカイ

    エースコンバット04 シャッタードスカイから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    家庭用ゲーム機のソフトとしては、初めてロッキード・マーティン社から同社製の航空機名(F-22、F-16、U-2、C-130、SR-71)を使用する際のライセンスを受けているが、他メーカーからはライセンスを得られなかったため、一部の航空機名で略称が用いられている。エースコンバット04 シャッタードスカイ フレッシュアイペディアより)

  • 紅 (漫画)

    紅 (漫画)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    中年で腕のいい輸送機のパイロット。ベトナム戦争では戦闘機乗りだったが、戦争依存症から嵌ってしまったギャンブル中毒により金銭に困りカチューシャに身を落とす。ホワイトメースのアルフォンソから接触を受け、病弱な娘の治療の見返りにナオミをF-22で倒すよう誘われる。娘のためにその誘いに乗るも、彼らが途中でその計画を放棄して地対空ミサイルで二人とも殺そうとしたため自分の誤りに気づき、ナオミを庇ってミサイルを二発とも受けて撃墜、死亡。紅 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • J-XX (航空機)

    J-XX (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ジェーン・ディフェンス・ウィークリーのリポートによると、次世代戦闘機のエンジンと兵器一式を含むサブシステムの開発は進行中である。2枚の垂直尾翼をもつ双発機の風洞実験モデルの写真が記事とともに公表された。この記事本文においてこの機体は F-22 ラプターのように機体内部に兵器を搭載するだろうと言及された。ニュー・サイエンティストは、平面で構成されたデザインからF-117 ナイトホークになぞらえた。J-XX (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • FB-22 (航空機)

    FB-22 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    FB-22は、ロッキード・マーティンからアメリカ空軍に提案されている、F-22の派生型の戦闘爆撃機(暫定爆撃プラットフォーム)である。FB-22 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • X-02

    X-02から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    このように戦況がエルジアにとって劣勢となったことを受けて、この航空機の開発は再開された。しかし、この航空機がユージア大陸を巡る正規軍同士の戦争で何らかの戦果を挙げることはなかった。エルジアの首都ファーバンティがISAFの侵攻で陥落し、ISAFの降伏勧告を受諾したことにより、エルジア軍の組織的な抵抗は終結した。この航空機は、兵器としての完成直前で終戦を迎えた。その後、ISAFによる開発施設の接収により、この機体が注目される。ISAFの手によって完成し試験飛行が行われたX-02は、その潜在的な能力においてF-22Aをも凌駕する事が明らかになる。X-02 フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット3 エレクトロスフィア

    エースコンバット3 エレクトロスフィアから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    作中に登場する航空機の半数近くが架空の機体であり、残りの航空機に関しても実在する機体(F-15、F-22、Su-37など)の発展機とされ架空機ということになっている(当該の航空機メーカーからライセンスを取得せず愛称の実名を使用していることも理由と思われる)。エースコンバット3 エレクトロスフィア フレッシュアイペディアより)

  • 第4世代ジェット戦闘機

    第4世代ジェット戦闘機から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アフターバーナー無しでのスーパークルーズ能力についても言及される場合があるが、実は既に第2世代ジェット戦闘機で実現した例もある。また第5世代機(F-22)のアフターバーナー無しでのスーパークルーズ能力は高度なステルスと組み合わせての対空ミサイル・対空砲火網の突破という明確な目的があるのに対し、第4.5世代で実現したアフターバーナー無しでのスーパークルーズに実用上の意味があるのかどうかは疑問視されている。第4世代ジェット戦闘機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード