165件中 91 - 100件表示
  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    防衛省はアメリカのF-22A、F/A-18E/F、F-15FX、F-35、フランスのラファール、欧州のタイフーンの6機種をF-Xの候補として挙げ、調査を行っているとされていたが、日本政府が2008年(平成20年)12月末に候補機からF-22を除外し、F-35、タイフーン、F-15FXの3機から選定する旨の発表が為された。これにより徐々に次期F-Xの候補が絞られた形となったが、各候補機については、その設計技術や機能・性能という機体本来の違いだけでなく、多くの中小国では1個飛行隊クラスの購入にとどまるのに対し、歴史上から見ても、戦闘機の大規模な購入実績がある日本のF-Xに売り込むことによって、莫大な利益が見込まれる事等から、政治的・経済的要因から発生する各種問題が交錯しており、選定作業が難航していた。(このため2010年(平成22年)7月には防衛省がつなぎとしてF-2約20機の追加発注を検討していることも報じられていた。)F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー/リベンジ

    トランスフォーマー/リベンジから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ディセプティコンのサブリーダー。ロッキード・マーティン・F-22 ラプターに変形。今作では伝説上のディセプティコンにあやかり、全身にオールスパークに似た柄の刺青を施している。声は前作と同じ声優が担当しているが前作からのエフェクト削除により、アニメシリーズのスタースクリームにより近い甲高い声で演じている。トランスフォーマー/リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • マルチロール機

    マルチロール機から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アメリカ空軍のF-22は、当初は制空戦闘機として開発されていた。しかしながら、後には対地攻撃性能が付与され、大型爆弾が登載出来ない等の制約はあるものの、ステルス性とスーパークルーズ能力を備える事は対地攻撃任務においても有用であると期待されている。マルチロール機 フレッシュアイペディアより)

  • スカイガールズ

    スカイガールズから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ソニックダイバー隊の指揮官。軽い男だが、実は元海軍のエースパイロットで伝説の男。「黒騎士」と呼ばれ、黒いパーソナルカラーで塗装されたF-22 ラプターを駆り活躍していた。当時はパイロット達の憧れの人であった。釣りが趣味。(攻龍の自室には、攻龍で釣り上げられたであろう魚の魚拓が飾られている。)スカイガールズ フレッシュアイペディアより)

  • YF-24 エボリューション

    YF-24 エボリューションから見たF-22 (航空機) F-22 (戦闘機)

    メカニックデザインは、河森正治が実在の戦闘機「F-14 トムキャット」と「Su-27 フランカー」と「F-22 ラプター」をモチーフに行った。YF-24 エボリューション フレッシュアイペディアより)

  • プラット・アンド・ホイットニーF119

    プラット・アンド・ホイットニーF119から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    米国製のF-22 ラプター 戦闘機は、F119-PW-100を2基装備している。プラット・アンド・ホイットニーF119 フレッシュアイペディアより)

  • J-15 (航空機)

    J-15 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    チャイナ・サインポストでは、J-15が「おそらくF-22を除き、事実上、各国軍隊で運用されている全ての現用戦闘機と空気力学的な性能は対等か凌駕する」と分析し、またJ-15はF/A-18E/Fと比較して出力重量比で10%優り、翼面荷重で25%低いと主張している。J-15 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • J-31 (航空機)

    J-31 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    J-31は同じ中国のJ-20やアメリカのF-22、F-35およびロシアのPAK FA (T-50)などと同様、ステルス性を強く意識した設計の機体で、RCS(レーダー反射断面積)を低減するため胴体側面を傾斜させ、主翼と尾翼の前・後縁の角度や、機体側面と垂直尾翼の傾斜を極力統一している。J-20がステルス性に疑問の残る先尾翼形式であるのに対し、本機は通常の水平尾翼を持っている。平面形状は単発と双発の差はあるもののF-35に類似しているが、側面形状は垂直尾翼も含めてF-22に似ている。空気取り入れ口にはF-35やJ-20と同じくDSI(ダイバーターレス・スーパーソニック・インレット)を採用している。J-11BSと並んで飛行する画像から、長さはJ-11BSの75-80%程度と推測され、F-35(全長15.7m)よりやや大きい全長17m前後の機体と考えられる。J-31 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • KFX (航空機)

    KFX (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    初飛行は、アメリカのF-22 ラプター、F-35 ライトニングll、ロシアのPAK FAなどの第5世代ジェット戦闘機と比べ、他国よりも遅めの2020年代を予定している。配備が決定すれば、2050年代まで使用されることが予想される。KFX (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • F-15SE (航空機)

    F-15SE (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    F-15SEは、1996年にボーイング社に合併される前のマクドネル・ダグラス社が開発したF-15Eをベースとして、ウエポンベイ化したコンフォーマル・フューエル・タンク、レーダー波吸収材、F/A-18E/Fのような外側に10°傾斜させた垂直尾翼やエンジン吸気口にレーダーブロッカーを装備してステルス性の付与を図った輸出市場向け改修型である。尚、レーダーブロッカーについてはオプションで標準装備ではないとされている。これらの改修により、機体前面のステルス性は、F-22、F-35などの第5世代ジェット戦闘機に匹敵する程度にまで向上させることが可能であるとしている。またアビオニクスも、レーダーはAESAレーダーに、電子戦機器はBAEシステムズ社製のデジタル式電子戦システム(DEWS)に、コックピットはF-35と同様のタッチパネル式大型液晶ディスプレイを取り入れた新型コックピットシステムに換装されることが発表されている。機体に関しては、元となるF-15Eよりさらに軽量に設計されており、さらなる低燃費化が図られている。コントロールシステムには最新のデジタル・フライ・バイ・ワイヤが装備される。F-15SE (航空機) フレッシュアイペディアより)

165件中 91 - 100件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード