165件中 11 - 20件表示
  • 空軍州兵

    空軍州兵から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    1990年代からはF-15C/Dの配備も行われ、老朽化したA/B型は随時退役し、2009年には最後に残っていたオレゴン空軍州兵の機体が退役している。2010年においてはF-22の配備も行われ、もはや予備空軍というよりも正規の空軍の一部門として部隊活用されている。空軍州兵 フレッシュアイペディアより)

  • 中国脅威論

    中国脅威論から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    将来的には、中国空軍は日本に航続距離が届く戦闘機2400機を保有することになると見られている。こうした状況下にもかかわらず、当時の小泉政権は歳出削減のため、戦闘機の定数を300機から260機に削減した。空自は「量」を「質」で補うために、寿命を迎えるF-4EJ改の代替に最新鋭ステルス戦闘機F-22の導入を切望しているが、F-22は最先端技術の塊であるため、2007年7月25日の米国下院歳出委員会で禁輸措置の継続が決定された。中国脅威論 フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー (2007年の映画)

    トランスフォーマー (2007年の映画)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ジャズもメガトロンによって殺害され絶望的な状況に陥るも、ミカエラはバンブルビーと協力してブロウルを倒し、レノックス達は決死の戦法によってブラックアウトの撃破に成功。ボーンクラッシャーとの戦いで足止めを食らったオプティマスも到着し、遂にメガトロンとの一騎打ちが始まる。オプティマスはメガトロンの圧倒的な力に追い詰められるが、メガトロンは援軍として現れた米軍の戦闘機F-22の集中砲火を浴び、形勢は逆転。その隙にサムがオールスパークをメガトロンへと融合させ、メガトロンはその強大な力に耐えられず破壊された。トランスフォーマー (2007年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー (2007年の映画)

    トランスフォーマー (2007年の映画)から見たF-22F-22 (戦闘機)

    マギー、ケラー、シモンズと共に空軍との連絡が取れるように作業するが、途中でフレンジーの襲撃に遭うも、パソコンで作った即席のモールス信号機で空軍との連絡を取れる事に成功し、F-22部隊の出撃要請に成功する。トランスフォーマー (2007年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘機

    戦闘機から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    いわゆる最高速度が短時間においての速力の限界であるのに対して、スーパークルーズは持続的に超音速を保つ事であり、その能力を言う。ほとんどの戦闘機は音速を突破するにはアフターバーナーを必要とし、その場合は短時間で燃料を消費するため、長時間の超音速飛行は不可能である。爆撃機など大型機は大量の燃料搭載によってスーパークルーズを達成した例があるが、戦闘機においては不可能であり、アフターバーナー不使用での音速突破性能が求められる。ただし、現在の所は明確にスーパークルーズ能力の付与を目的として設計された戦闘機はF-22のみであり、実戦でこの性能が役立つかどうかは未知数である。戦闘機 フレッシュアイペディアより)

  • F-117 (航空機)

    F-117 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    高いステルス性を持つF-22 ラプター、B-2 スピリットが配備されたことに加え、F-35 ライトニング IIも将来配備される予定であることと、F-117のステルス能力の維持費用が高くつくことから、2008年4月22日をもって全機が退役した。F-117 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • F-35 (戦闘機)

    F-35 (戦闘機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    F-35はF-22に似た、ステルス性に優れた菱形翼のすぐ後方に、主翼と似た平面形の全遊動式水平尾翼を持ち、2枚の垂直尾翼はステルス性向上のために外側に傾けられている。F-35 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • ラファール (航空機)

    ラファール (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アビオニクス面ではRBE2パッシブ式フェーズドアレイレーダーやIRST、MIDS戦術データ・リンクを搭載し、さらにF-22やF-35といった第5世代ジェット戦闘機に匹敵するセンサー・フュージョン(各種センサーの情報を一つの戦術情報に統合して表示する)能力を持つ。コックピットはタッチパネル式の多機能ディスプレイを採用したグラスコックピットとなっており、サイドスティック式の操縦桿とスロットルレバーのデザインを統一することで操作性を高めている。また、アメリカのJHMCSに相当するトップサイトEヘルメット装着式照準装置の運用も可能。兵装面ではマルチロール機として幅広いミッションを行うべく、これから開発されるものも含めた、さまざまな兵器を使用できるようになっている。ラファール (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • AIM-120 (ミサイル)

    AIM-120 (ミサイル)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    1994年には誘導装置に改良がなされたAIM-120Bが、1996年にはF-22などのウェポンベイに収まるようAIM-120Bの前方のフィンを小型化したAIM-120Cが開発された。AIM-120Cはフィンを小型化した以外はAIM-120Bと同様であり、本来ではF-15やF-16などの非ステルス機にはAIM-120Bが使用され、F-22やF-35などのステルス機にはAIM-120Cが使用される予定であったが、ステルス機の配備・開発の遅れもあり、現在では非ステルス機でもAIM-120Cが使用されている。また現在は、目標情報のアップ・リンクに対応し、距離を延長する等の改良を施したAIM-120Dが開発され、実射試験を行っている。AIM-120 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • F-14 (戦闘機)

    F-14 (戦闘機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    1990年代前半に、アフターバーナーの使用なしでのマッハ1の巡航飛行(スーパークルーズ)が可能なエンジンの搭載やステルス性の付加、さらには改良型航空電子装置の搭載や本格的な対地攻撃能力の追加などにより、21世紀にも通用する戦闘機として、本機の発達改良型である"スーパートムキャット21"や"アタック・スーパートムキャット21"などが計画された。これは、1980年代後期から1990年代前半にかけて開発・導入が検討されていた空軍のYF-22をベースに、主翼をF-14と同じく可変翼とした海軍の発達型艦上戦術戦闘機・NATF(F-22N)や、A-6E艦上攻撃機の後継機として計画されたA-12ステルス攻撃機の開発が最終的に中止されたことを受けたためである。F-14 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

165件中 11 - 20件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード