165件中 31 - 40件表示
  • YF-22

    YF-22から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    YF-22 フレッシュアイペディアより)

  • BiiN

    BiiNから見たF/A-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    また、Hughes Aircraft はBiiNのプロセッサの設計のライセンス供与を受け、最新鋭戦闘機(F/A-22ラプター)で使用している。BiiN フレッシュアイペディアより)

  • AN/APG-81

    AN/APG-81から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    能動型電子走査アレイ(AESA)を用いたフェーズドアレイレーダーであり、F-22向けのAN/APG-77を参考としている。3000機以上のAN/APG-81 AESAレーダーがF-35の為に発注され2035年まで生産される見込みである。2007年から生産が開始された。AN/APG-81 フレッシュアイペディアより)

  • MiG-35 (航空機)

    MiG-35 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ロシアでは当機を第4++世代ジェット戦闘機に定義しており、老朽化の進むMiG-29を置き換え、また将来的にはPAK FAやSu-27を補佐する事になる。AESAレーダーを搭載する他、オプションとして推力偏向ノズルの採用も可能。その為、機動力では世界トップクラスを誇る。また、アメリカ合衆国のF-22等のように、エンジンのアフターバーナーなしでの超音速巡航「スーパークルーズ」も可能であるとされる。MiG-35 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • トランペッター (企業)

    トランペッター (企業)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    インジェクションキットでは、90式戦車・T-72・AAV7はタミヤ、ルクレールはエレール、レオパルトII・F-22はイタレリ、Su-27はアカデミー、S-32はスベズダからのコピーとされている。レジンキットでは、K-1、オソリオ、Strv.103と言った中国以外の国で生産されたAFVや航空機が多い。インジェクションキットを原型にしたとされるコピー製品は中国国内での販売が中心である。日本へは「小号手」ブランドの並行輸入品が少数入ってきたのみである。また、これらの多くは既にカタログ落ちしている。トランペッター (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 軍用機のコックピット

    軍用機のコックピットから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    サイドスティック方式を採用している主な戦闘機は、F-16、F-22、F-35などが代表例である。このうちF-16とF-22は、サイドスティック自体がほとんど動かず、操縦士が操縦桿にかける圧力を感知して操縦を行うシステムであった。しかしF-35からは、サイドスティック自体も大きく動く、従来の操縦桿同様な方式を採っている。また、大型の軍用機であってもB-1、B-2、C-17では操縦輪でなく足間に操縦桿を取り付け、旅客機にもサイドスティックを採用しているエアバスは軍用機にも同様にサイドスティックを用いている。しかし近年でも依然として、戦闘機などでは足間に操縦桿、大型機では操縦輪を採用する場合もあり、各国、各メーカーの設計思想の違いが表れている。(採用する軍隊によって変更された例はある:イスラエル空軍のF-16は操縦桿を右側から中央に移している。この場合操縦システムがフライ・バイ・ワイヤーなので変更できた)軍用機のコックピット フレッシュアイペディアより)

  • AIM-4 (ミサイル)

    AIM-4 (ミサイル)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ファルコンを装備する戦闘機はこのミサイルを運用するために、しばしば機内弾薬倉(ウェポンベイ)を伴って設計された。F-102 デルタダガーとF-106 デルタダートは機内から気流の中へとミサイルを運び出し、発射するためのブランコ型の機構(右図参照)の弾薬倉を胴体に持っていた。一方、F-89 スコーピオンは翼端ポッドにファルコンを搭載した。F-101B ヴードゥーは弾薬倉の外部にミサイルを2発搭載し、もう2発を内部に搭載しており、内部のミサイルを露出させるために弾薬倉の扉が回転する変わった弾薬倉装置を持っていた。F-111 アードバークは、同様にミサイルを収めることができる機内弾薬倉を持っていたが、運用が開始されるまでに、アメリカ空軍は制空戦闘機としてF-111を使うというアイデアをあきらめていただけでなく、戦闘機に対してファルコンを使用するのをやめていたため、ファルコンがF-111に搭載されることはなかった。なお、F-22 ラプター及びF-35 ライトニングIIは両方ともミサイルを格納するための機内弾薬倉を使用している。当然これは抗力を減らすためではなくステルス性を確保するためである。AIM-4 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー マスターピース

    トランスフォーマー マスターピースから見たF-22F-22 (戦闘機)

    2010年10月発売。海外で発売されたリーダークラススタースクリームの塗装変更品で、より本物のF-22に近い塗装になっている。特典として書き下ろしコミック『ユナイト・フォー・ザ・ユニバース』が付属。トランスフォーマー マスターピース フレッシュアイペディアより)

  • 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)

    軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    なお、F-22ラプターは、2003年から2005年の2年間、“FA-22”(一般にはF/A-22)と呼ばれていたが、現役軍務状態へ移行する直前に再度F-22と命名し直された。最近、F-22の戦闘攻撃機バージョンは、FB-22という名称で議題にのっている。軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 国立アメリカ空軍博物館

    国立アメリカ空軍博物館から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ロッキード/ボーイング/ジェネラル・ダイナミックス YF-22 ラプター国立アメリカ空軍博物館 フレッシュアイペディアより)

165件中 31 - 40件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード