165件中 41 - 50件表示
  • 操縦桿

    操縦桿から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    F-16やF-22のようなサイドスティック形式では、操縦桿はフライ・バイ・ワイヤー装置に操縦信号を送る入力装置として働く。この操縦桿はほとんど動かず(握って少しふらつくという感覚がある程度)、操縦桿にかかる圧力をセンサーが感知して操縦信号とする。このため、パイロットは操縦桿に力を加えるだけで機体を操ることができ、戦闘機動時の負担軽減に大きく寄与している。操縦桿 フレッシュアイペディアより)

  • フェーズドアレイレーダー

    フェーズドアレイレーダーから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アメリカ空軍のF-22用のパルス・ドップラー・レーダー(アクティブ式)。フェーズドアレイレーダー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ブルース・ドンリー

    マイケル・ブルース・ドンリーから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    2009年4月13日、ドンリーは空軍参謀総長とともにワシントン・ポスト紙に意見記事を掲載した。この記事において2人は、戦闘機F-22の生産中止を決定したゲイツ国防長官への支持を表明した。ドンリーは「戦闘機の在庫需要は減少し、F-22の運用費用は増大している」と明言した。マイケル・ブルース・ドンリー フレッシュアイペディアより)

  • VH-71 (航空機)

    VH-71 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ところが、攻撃攪乱と対核兵器電磁波防御能力、さらにはキッチンの付与など、最終的に約1,900項目もの開発要求が次々追加されていき、当初60億ドル(約6,000億円:1ドル100円)だった開発予算総額が112億ドル(1兆1,200億円、イージス艦10隻が建造できる)と大幅に膨れ上がってしまい、1機4億ドル(400億円)と、F-22ラプター約2.5機分はおろか、VC-25エアフォースワン(3億2,500万ドル)より価格が暴騰してしまった事、2009年1月にアメリカ合衆国大統領がジョージ・W・ブッシュからバラク・オバマに交代、オバマ政権による予算削減のプランに入ってしまい、2009年6月には開発契約を破棄され、事実上の計画打ち切りとなってしまった。実現していれば、2017年度までには27機編成の部隊が発足予定であった。VH-71 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • エアーコンバット (システムソフト)

    エアーコンバット (システムソフト)から見たF-22AF-22 (戦闘機)

    A-7E、AV-8B、A-10A、B-2A、F-4E、F-5E、F-14A、F-15E、F-16C、F/A-18A、F-20、YF-22A、F-22A、YF-23A 、F-86F、F-117A、MiG-15、MiG-21、MiG-25、MiG-29、MiG-31、Su-24、Su-27、Su-33、Su-37、TORNADO IDS、MIRAGE III、RAFALE A、RAFALE M、SUPER ETENDARD、JAS39、J7W2(震電改)、F-2、T-4エアーコンバット (システムソフト) フレッシュアイペディアより)

  • エアーコンバット (システムソフト)

    エアーコンバット (システムソフト)から見たYF-22F-22 (戦闘機)

    F-14、F-15E、YF-22、MiG-25、Su-27K、Su-37(Su-27発展型ではなく、独自に研究開発されていたカナードデルタ翼単発機)、震電、F-86、MiG-15、F-4、MiG-21、MIRAGE III、SUPER ETENDARD、A-10、FSXエアーコンバット (システムソフト) フレッシュアイペディアより)

  • 第19空軍 (アメリカ軍)

    第19空軍 (アメリカ軍)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    第325戦闘航空団(325th Fighter Wing):フロリダ州ティンダル空軍基地。戦闘機部隊。F-15およびF-22を使用。実機飛行および戦闘訓練。第19空軍 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • 紅 (漫画)

    紅 (漫画)から見たF-22F-22 (戦闘機)

    カチューシャの商売敵である民間軍事会社。ある資本家(劇中の「将軍」と思われる)の提唱によって設立され、小規模ながらも精鋭ぞろいの陸海空三軍を有する。各国政府から依頼された軍事作戦の遂行以外にも、軍需企業が開発した各種兵器の実戦テストも仕事の一環であるため、カチューシャよりもはるかに先進的な装備を大量に保有する。パイロットも自前のスクールで養成するとともに各国正規軍パイロットの引き抜きなどにより、パイロットの平均的練度も高く、アメリカ政府や軍部への影響力もカチューシャを凌ぐ。保有する航空機はF-15やSu-27、ラファールといった東西問わず最強と言われている第一線級の戦闘機群で、アメリカが輸出を一切認めていない筈のF-117やF-22、SR-71までも保有・運用している。紅 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ミサイル万能論

    ミサイル万能論から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    また、現在本格的なステルス戦闘機(F-22)を有するのはアメリカ空軍のみであるが、将来的に他国もステルス戦闘機を保有する状況になった時には、長射程のミサイルの撃ち合いは不可能になる可能性もある。ミサイル万能論 フレッシュアイペディアより)

  • スタースクリーム

    スタースクリームから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ディセプティコンのNo.2。F-22に変形。スタースクリーム フレッシュアイペディアより)

165件中 41 - 50件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード