165件中 51 - 60件表示
  • スタースクリーム

    スタースクリームから見たF-22F-22 (戦闘機)

    声は同じくチャーリー・アドラーだがエフェクトが外されており、G1のクリス・ラッタに近い演じ方をしている。前作同様、F-22に変形するが、伝説上のディセプティコンに肖り全身にオールスパークの刺青を入れるなど、デザインにも変化が見られる。スタースクリーム フレッシュアイペディアより)

  • エアーコンバット

    エアーコンバットから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ゲーム開始時、F-14、Su-35、F-22の中から自機を選択する。エアーコンバット フレッシュアイペディアより)

  • 可変翼

    可変翼から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    その一方1990年代以降はスーパークルーズ性能が新たに着目されるようになった。エンジンをF110-GE-400に換装したF-14戦闘機は、ごく短時間であるがアフターバーナーなしで音速を突破可能であり、このためスーパークルーズを達成するための手法としても可変翼は有利ではないかと言われたこともある。しかしながらF-22やYF-23は強力で高速向きのエンジンによってスーパークルーズを達成し、結局可変翼が顧みられる事はなかった(上述の通り、両機はステルス性も追求している機体である事による)。F-22の艦載機型には可変翼の採用が検討されたものの、実現はなされなかった。可変翼 フレッシュアイペディアより)

  • T-38 (航空機)

    T-38 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アメリカ空軍で行われたT-38を使った模擬格闘戦で、最新鋭のF-22を「撃墜」したことがある。T-38 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 軍産複合体

    軍産複合体から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    「対テロ戦争」とは直接関係が無い、弾道ミサイル防衛に関しても対テロによって減額されることなく、米レイセオン社のような企業によって開発と配備が進められており、米国やカナダだけでなく、欧州と日本への配備も進展しつつある。同様に、F-22「ラプター」戦闘機や「ジョージ・H・W・ブッシュ」、「ジェラルド・R・フォード」原子力空母といった通常戦争用の新型兵器の開発と配備の計画も進展している。軍産複合体 フレッシュアイペディアより)

  • JHMCS

    JHMCSから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    本システムに対応するミサイルはAIM-9X サイドワインダー2000やIRIS-Tなどオフボアサイト発射能力を持つミサイルで、対応する戦闘機はF-22ラプター、F/A-18E/Fスーパーホーネット、F-15イーグル(米軍のMSIP-2改修機相当の物のみ)、F-15Eストライクイーグルなどである。F-35ライトニングIIにおいてはJHMCSをさらに発展させたHMDが標準装備されており、一枚パネル式の主表示装置の採用によってHUDの表示機能を全て備えているため、HUDを装備する必要を無くしている。JHMCS フレッシュアイペディアより)

  • Yak-130 (航空機)

    Yak-130 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    Yak-130は、飛行安全性と戦闘能力の優位性を高めるために4重の冗長性を持たせたフライ・バイ・ワイヤに代表される機構により第4.5世代機の飛行特性を再現できることから飛行訓練生に対してSu-30、MiG-29、MiG-35、Su-35、ミラージュ2000、クフィル C.10、ユーロファイター タイフーン、サーブ 39 グリペン、F-15、F-16、F-22、F-35といった第4、第4.5、第5世代戦闘機の飛行方法を短い時間で習得させることができる。Yak-130 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山分屯基地

    高尾山分屯基地から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    「レッドクラブ」は警戒隊に所属する隊員によって構成され、F-22仕様(旧型はF-15)のカウルを被せた自転車を使って、航空祭等で迫力ある2次元アクロバット展示走行をする。高尾山分屯基地 フレッシュアイペディアより)

  • F-15 S/MTD (航空機)

    F-15 S/MTD (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    実験機のため、量産や武装の搭載はされていないが、投入された技術はF-22といった新型機の開発に活用された。F-15 S/MTD (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • X-44 (航空機)

    X-44 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    X-44は無尾翼機におけるピッチおよびロール・コントロールの試験を行う機体である。エレボンも装備されておらず、姿勢制御は推力偏向ノズルにより行う。操舵翼の廃止により、主翼の構造を簡易・軽量化し、燃料タンク容量の拡大やステルス性の増大を目的としている。名称としてMANTA(Multi-Axis No-Tail Aircraft)が与えられている。機体デザインはF-22戦闘機の初期デザインの一つから派生しており、双発デルタ翼機であった。X-44 (航空機) フレッシュアイペディアより)

165件中 51 - 60件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード