165件中 71 - 80件表示
  • KC-135 (航空機)

    KC-135 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    画像:Tyn-f22-f-15-kc135.jpg|給油中のF-15(中央)とF-22(下)KC-135 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • アイアンマン (映画)

    アイアンマン (映画)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    マーク3とF-22がドッグファイトを繰り広げるシーンで、原作に登場するヴィラン「ウィップラッシュ」の名前がそのまま戦闘機のコールサインとして用いられている。ちなみにウィップラッシュは前述の通り『アイアンマン2』でミッキー・ロークが演じるヴィランでもある。アイアンマン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ

    ヴォート・エアクラフト・インダストリーズから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    ボーイング F-22 ラプター(Raptor ) - スタビライザーヴォート・エアクラフト・インダストリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プラット・アンド・ホイットニー F100

    プラット・アンド・ホイットニー F100から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    現在生産されている、F100-PW-229にはF-22用のF119や、F-35用のF135の開発によって得られた技術が投入されており、最新素材のタービンが組込まれ、温度管理技術やコンプレッサーの空力設計、電子制御などが新しくなっている。最初の-229型は1989年に飛行し、29,160 lbfの推力を有する。現在、F-15E、X-47Bなどに搭載されている。プラット・アンド・ホイットニー F100 フレッシュアイペディアより)

  • プラット・アンド・ホイットニーF135

    プラット・アンド・ホイットニーF135から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    プラット&ホイットニー社は、本エンジン"F135"より以前にF-22 ラプター戦闘機用として「F119エンジン」を開発していた。F-35用エンジン"F135"は、この"F119-PW-100"の各1段ずつだった高圧/低圧タービンをそれぞれ2段ずつにして、高圧側回転軸と低圧側回転軸を逆回転させる同軸反転形式としており、6段式高圧圧縮機と単段式高圧タービンユニットと新規開発の超高圧縮比のファンを2段式の低圧タービンで駆動される低圧軸から構成される。プラット・アンド・ホイットニーF135 フレッシュアイペディアより)

  • ラングレー空軍基地

    ラングレー空軍基地から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    因みに第一戦闘航空団は、アメリカ空軍で初めてF-22が実戦配備された部隊としても知られ、2006年には実際に初陣として対テロ戦争におけるアメリカ合衆国防衛作戦・「気高き鷲作戦」(Operation Noble Eagle)に参加している。(配備されたのは2005年12月15日で、第27飛行隊、第94飛行隊の2つの部隊に配備された。また、2007年1月には第27飛行隊のF-22A 12機が沖縄県の嘉手納基地に暫定的に配備されたこともある。)ラングレー空軍基地 フレッシュアイペディアより)

  • B61 (核爆弾)

    B61 (核爆弾)から見たF-22 (航空機)F-22 (戦闘機)

    戦闘機ではFB-111 アードバーク、F-100 スーパーセイバー、F-104 スターファイター、F-105 サンダーチーフ、F-4 ファントムII、F-15 イーグル、F-16 ファイティング・ファルコン、F/A-18 ホーネット、F/A-18 スーパーホーネット、F-22 ラプター、F-117 ナイトホーク(しかし、数名の関係者がF-117ではB61は使用されていないと主張する)、A-4 スカイホーク、A-6 イントルーダー、A-7 コルセアIIが搭載可能。B61 (核爆弾) フレッシュアイペディアより)

  • エアロジェット

    エアロジェットから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    エアロジェットの残りの研究開発部門は現在、航空防衛部門 (Aerospace and Defense division、ADS) として組織されている。この部門は、ミサイル防衛に必要な戦略ミサイル及び戦術ミサイル、精密攻撃ミサイルと迎撃システム用に液体ロケット・エンジン、固体ロケット・エンジン及び空気吸入エンジンを開発し、生産を続けている。防衛システム用の製品群は、戦略ミサイル及び戦術ミサイルのロケット・モーター、動的推進力システム、姿勢制御システム及び精度誘導兵器システムとミサイル防衛において使われる弾頭アセンブリだけでなく、F-22 ラプター戦闘機及び軍用機と商用機の火力抑制システムで必要となる機体構造まで含まれる。宇宙関連製品では、使い捨て、あるいは再使用可能な打ち上げロケット用液体ロケット・エンジン、上段エンジン、人工衛星推進装置、大型固体ロケットブースタ及び統合推進サブシステムが含まれる。エアロジェット フレッシュアイペディアより)

  • GBU-39

    GBU-39から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    このシリーズは小型化によって攻撃時の発射母機あたり多数の爆弾を搭載できることや、破壊力が小さいので攻撃目標周辺への付随被害が最小化できることを目的に開発され、特にF-22の機内爆弾槽に収めるために全長も短くされて、AIM-120ミサイルの半分程度の長さになった。GBU-39 フレッシュアイペディアより)

  • MC☆あくしず

    MC☆あくしずから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    航空自衛隊などで採用される次世代戦闘機「F-X」の候補になった「F-22」などの解説。副題は「俺の嫁」から。MC☆あくしず フレッシュアイペディアより)

165件中 71 - 80件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード