165件中 81 - 90件表示
  • WORLD WAR Z

    WORLD WAR Zから見たF22F-22 (戦闘機)

    米国空軍大佐。ゾンビ戦争前はF22のパイロット。ゾンビ戦争時に戦略物資補給のため飛行中、乗機のC130が墜落しゾンビ地帯にパラシュート降下してしまう。アマチュア無線で呼びかけてくれた「スカイウォッチャー」の助けを受けて決死の逃避行を始めるが…。WORLD WAR Z フレッシュアイペディアより)

  • 妖精作戦

    妖精作戦から見たF-22F-22 (戦闘機)

    迎撃任務のため、VTOL戦闘機15機、F-22 20機他を搭載。武装として核ミサイル、長距離狙撃用レーザー砲多数。妖精作戦 フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット アサルト・ホライゾン

    エースコンバット アサルト・ホライゾンから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    エースコンバットでは初の実在する軍であるアメリカ陸軍や空軍、海軍の航空機などをプレイヤーが操作できる。また、トレイラー中に出てくるF-22にはラングレー空軍基地を示す記号「FF」が垂直尾翼に書かれている(実際にラングレー空軍基地はハンプトンのあるバージニア州に位置しており、F-22を運用している。)また初めて主人公に詳細な人物設定がなされており、主人公「ビショップ」のストーリーを中心に様々なキャラクターに焦点が当てられるサブミッションも展開される。エースコンバット アサルト・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘妖精・雪風

    戦闘妖精・雪風から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    OVA版での33年前のシーンにおいて、侵攻してきたジャム機の攻撃を受けて撃墜される輸送機としてC-141が、Blu-ray Disc BOX及びDVD-BOXに付属する特典映像「YUKIKAZE EXPERIMENTAL MOVIE」には、地球軍の戦闘機としてF-22、Su-27、MiG-21、JAS39、F-15DJが登場している。戦闘妖精・雪風 フレッシュアイペディアより)

  • KC-10 (航空機)

    KC-10 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    設計原型機はDC-10の貨物専用機型であるDC-10-30CFであり、改設計にあたっては、大規模な変更点はなく機体設計の9割が共通している。変更点は機体下部の貨物室の一部が燃料タンクに変更されたことと、胴体尾部下面に空中給油装置が設置されたこと、計器類などの軍用規格への変更などに過ぎない。燃料タンクは原型のDC-10より7箇所増設されており、このために全ての下部貨物室に改造が施されたが、KC-135と違って貨物室全てが燃料タンクというわけではない。これは貨物室全てを燃料タンクにすると、重くて飛べなくなってしまうためである。最大で160t(200キロリットル)の燃料を搭載でき、これはB-52H ならば1.2機、F-22 なら14機、F-35であれば51機分の燃料を満載状態にすることが可能な量である。KC-10 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • モーターヘッド (ファイブスター物語)

    モーターヘッド (ファイブスター物語)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    2988年、騎士ではないバストーニュ領主ユーバー・バラダが購入して来客に見せびらかして権力を見せ付けていた(永野は「F.S.S.DESIGNS 2」においてそれを「F-22やレオパルト2を個人が財力に物を言わせて手に入れてそれを見せびらかすような不快なもの」と解説している)。しかしバルンシャとデヴォンシャを事も無げに破壊したK.O.G.に恐れをなして逃げ出し、エア・ドーリーにバスター・ロックの砲撃を命じたが、先に撃ったK.O.G.のバスター・ランチャーの一撃に巻き込まれて消滅した。モーターヘッド (ファイブスター物語) フレッシュアイペディアより)

  • トムクランシーズ H.A.W.X.

    トムクランシーズ H.A.W.X.から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    F-22などの一部機種では、機関砲の位置が実機と異なる(なお、実機では機関砲が標準装備されていない機体でも、後付けで機関砲を装備できる)。トムクランシーズ H.A.W.X. フレッシュアイペディアより)

  • 心神 (航空機)

    心神 (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    米・英・欧・露といった軍事における先進諸国の主力戦闘機の開発と配備は、ステルス性と高運動性能を備えた第5世代戦闘機に移っている。これまでにF-117攻撃機やB-2戦略爆撃機といったステルス機を開発し運用してきたアメリカでは、本格的な第5世代機であるF-22戦闘機の実戦配備を進めている他、F-35戦闘機の飛行試験も開始している。またロシアではPAK FAを開発中であり、戦闘機開発能力を持つその他の国でも第5世代機に関する研究が行われている。心神 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • F-15E (航空機)

    F-15E (航空機)から見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    アメリカ空軍では、搭載可能兵器の多様性と大搭載量への評価から、F-22やF-35Aと共に主力戦闘爆撃機として2035年まで全戦力を運用し続ける予定。輸出向けの生産は現在も続けられている。F-15E (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • VF-4 ライトニングIII

    VF-4 ライトニングIIIから見たF-22 (戦闘機)F-22 (戦闘機)

    第二次世界大戦時に連合国各国空軍・陸軍航空隊で使用された双発双胴の戦闘機、ロッキード(後のロッキード・マーティン)P-38は「ライトニング」という愛称で呼ばれた。21世紀初頭から配備が始まったF-22は「ラプター」の愛称で呼ばれているが、YF-23との競争試作および実用試験当初は「ライトニング II」という愛称であった。VF-4はこれらの機体の名を受け継ぐものとして"III"のローマ数字を使用した。このことについては、河森本人もでコメントしている。VF-4 ライトニングIII フレッシュアイペディアより)

165件中 81 - 90件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード