前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示
  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たF-35 (戦闘機)

    近年ではソフトウェア開発が武器開発に占める割合が激増しており、AIM-120でも数十万行(開発言語不明)、F-35に至っては4,300,000行を超えるソースコード作成が作業工数全体の40%以上を占めると言われている。一般的にソフトウェア開発規模の増大は要員増以外の効果的対策がないために開発コストを著しく押し上げる。開発コストは生産数を多くすることで機体単価に占める割合を押さえることが可能だが、現在の生産数ではその効果は得られていない。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たF-15 (戦闘機)

    アメリカ空軍のF-15C/D制空戦闘機の後継機として、ロッキード・マーティン社が先進戦術戦闘機計画に基づいて開発した、第5世代ジェット戦闘機に分類される世界初のステルス戦闘機。ミサイルや爆弾の胴体内搭載などによるステルス特性や、ミリタリー推力での音速巡航(スーパークルーズ)能力を特徴とする。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロッキード・マーティン

    F-22はロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置等からの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。また、開発元のロッキード・マーティン社は航空支配戦闘機というキャッチフレーズを用いている。複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たロバート・ゲーツ

    F-22と同様にステルス性を有し、より安価で大量採用により更なる価格低下も見込まれているF-35の開発もあって、F-22の購入を検討している国は少ないが、2006年にオーストラリア空軍がF-22の導入を検討しているとされた。2008年2月には国防長官のロバート・ゲーツがオーストラリアへのF-22を輸出を容認する発言をしているが、やはり輸出禁止措置により現実とはならず、最終的にオーストラリアはJSFへの参加を決定した。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たビル・クリントン

    輸出に関しては、アメリカ空軍への配備以前よりロッキード社は検討を行っていた。対象となったのは、F-15の導入実績のあった日本の航空自衛隊やイスラエルのイスラエル航空宇宙軍だった。当時の軍事雑誌などにはロッキード社の作成した日本仕様のF-22とイスラエル仕様のF-22のイラストが掲載されたりもした。2001年にはクリントン大統領(当時)がイスラエルへF-22を優先的に輸出するとの書簡を送っている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たバラク・オバマ

    その後、バラク・オバマ大統領が2011会計年度以降でのアメリカ空軍向けの調達を行わない事を決定し、その結果輸出の必要性もなくなりF-Xには提案されないこととなった。結局、日本の第4次次期主力戦闘機選定に関しては「F/A-18E/F」、「F-35」、「タイフーン」の3機種が候補となり、2011年12月にF-35Aが選定された。ただ、F-22はF-X選定作業開始前から、そのステルス技術や電子機器類といった高度技術流出が懸念されていたことから、F-Xに提案されたとしても日本国内での生産は不可能であることが日本側に伝えられていた。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たバージニア州

    2003年にフロリダ州ティンダル空軍基地第325戦闘航空団が初めてF-22を受領し機種転換訓練を開始し、2005年12月15日にバージニア州ラングレー空軍基地にある第1戦闘航空団第27戦闘飛行隊が最初の実戦配備完了を発表した。以降、アラスカ州やグアムに展開する部隊への配備を進めている。2007年には、日本の沖縄県嘉手納空軍基地に初のアメリカ国外配備を暫定的ながら実施し、2009年には沖縄への再配備に加え、グアム島のアンダーセン米空軍基地への配備を行っている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たアルミニウム

    一般的なモノコック構造を採用し、素材別の機体重量比はチタニウム6-4 36%、熱硬化性複合素材24%、アルミニウム16%、鋼鉄6%、チタニウム6-22-22 3%、熱可塑性材料1%、その他15%となっている。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見たボーイング

    F-22はロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置等からの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。また、開発元のロッキード・マーティン社は航空支配戦闘機というキャッチフレーズを用いている。複数の用途での運用が可能なマルチロール機である。F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)から見た光文社

    ミリタリー・イラストレイテッド28「ステルス」ワールドフォトプレス編:ISBN 4-334-71384-X 光文社F-22 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示

「F22戦闘機」のニューストピックワード